ぽっちゃりでもオナクラみたいなソフトサービス店で稼げる?

2023年12月14日

DeeDee51 / Pixabay

たとえぽっちゃり系の女性であっても、ソフトサービス系の風俗求人に応募することは可能です。
風俗店によってはぽっちゃり歓迎のお店もあり、そういったお店に勤務することでエロいことをほとんどせず、安心してお金を稼げるようになります。

ソフトサービスとは?

キス風俗におけるヘルスの仕事といえば、キスや素股、全身リップ、手コキ、そしてフェラなどがあります。
女性がデリヘルやファッションヘルスの仕事に就くと、これらのサービスをすることになります。
ただ、いくらお金が稼げるとはいえ、知らない男性の前で服を脱いだり、恋人以外の男性とキスやフェラはしたくないという女性もいることでしょう。

ソフトサービス系の風俗店は、そんなエッチなサービスが苦手でも働きやすい風俗店となります。
ソフトサービス系の風俗店として有名な業種といえば、オナクラやエステがあります。
特にオナクラの場合、仕事内容は男性のオナニーを鑑賞するだけという、直接的な触れ合いが少ない業種なだけに、エロいことが苦手な女性であっても働きやすい仕事です。
もちろん、オプションによっては手コキやフェラをすることもありますが、本当に嫌ならばそれらのオプションはNGに指定することが出来ますので、無理してエッチなサービスを提供する必要はないです。

オナクラ以外にもエステの仕事はソフトサービス系として有名です。
エステの仕事内容は男性に性的快感をもたらすマッサージをすることであるため、最終的には手コキをすることになるのでしょうが、それ以外の抜きのサービス、例えばフェラなどの行為がエステで行われることは少ないです。
ソフトサービスの仕事は風俗の世界において、性病のリスクも低い仕事であるだけに、女性からの人気も高いです。
応募する女性の数が多いと、風俗店側も可愛い女性を厳選して採用できるだけに、オナクラはレベルの高い女性が在籍していることが多いです。

そんな可愛い女の子が揃いやすいオナクラの世界において、ぽっちゃり系の女性であっても採用されるのでしょうか?

ぽっちゃり歓迎の求人

男性のオナニーをサポートするオナクラという仕事上、女性の中には自分の容姿では無理だと判断し、諦めてしまう女性もいるかもしれません。

しかし、風俗求人サイトをチェックしてみると、オナクラの求人の数は意外と多く、ぽっちゃりの女性を歓迎する風俗店も多く存在していることがわかります。
それどころか、高額の保証制度を用意するなど、待遇の良いお店も多く存在しているだけに、ぽっちゃりだからといって応募を諦めるのは勿体ないです。
せっかく楽して大金を稼げる仕事があるのに、無理をしてハードなヘルスの仕事に就く必要もないでしょう。
たとえぽっちゃりであっても、オナクラのようなソフトサービス系の仕事に就くことで、脱がず、舐めず、触らせもせずに風俗嬢ならではの高収入を稼ぐことが可能です。

オナクラの給料

キスたとえぽっちゃり歓迎の風俗求人が沢山あったところで、稼げなければ意味がありません。
その点、オナクラで働いた場合、どのくらいの給料が稼げるのでしょう?

オナクラはデリヘルやファッションヘルスなどの仕事と比べると、ソフトサービス系ということもあってか全体的に料金は安めです。
そのため、一回あたりの給料の単価は安くなってしまうことでしょう。
だいたいお客さん一人に対して稼げる給料は5000円から8000円ほどです。
これとは別に、指名料やオプション料も給料になります。

デリヘルなどの仕事の場合、この倍は稼げるでしょう。
しかし、ソフトサービス系はハード系の仕事と比べると風俗嬢の肉体的な負担が少ないため、デリヘルなどの仕事と比べると長時間の勤務がしやすいです。
たとえ一回あたりの単価が安かったとしても、出来るだけ沢山のお客さんを1日のうちに接客できるように回転率を高めることで、デリヘルやファッションヘルスで働く風俗嬢並みに稼ぐことも十分に可能です。
もしもオナクラの仕事に就いた場合、1日あたりの給料は1万円から3万円程度になります。

仮に1日3万円稼げるとして、1ヶ月に20日働いた場合、収入は60万円となります。
デリヘルやソープの中にはもっと稼げる女性もいますが、フェラどころか脱ぎもしないオナクラで月60万円以上稼げるのであれば、むしろ上出来でしょう。
ただ、オナクラは料金が安いので気軽に利用できる反面、デリヘルやファッションヘルスと比べるとお客さんの数はやはり少なくなります。
そのため、安定して稼ぐためには、継続的に指名してくれるようなリピーターを多く獲得するだけでなく、様々なオプションにもチャレンジした方が良いでしょう。

オナクラのオプション

オナクラの仕事内容とは基本的に男性のオナニーを近くで鑑賞することなのですが、風俗店によっては様々なオプションが用意されており、そのオプション次第ではデリヘルやファッションヘルスでやるようなエッチなサービスをすることもあります。
ただ、見るだけのコースの場合、稼げる給料の額は低くなる傾向があります。
そのため、稼ごうと思ったら見るのみならず、手コキなどのオプションにもチャレンジする必要があります。

オナクラでは見るだけのコースとは別に、一緒にデートが出来るお出かけコースや、複数の女性が同時に相手をする3Pコース、女性がS役となってお客さんを辱める辱めコース、お客さんに痴漢される痴漢コース、マッサージをしてあげるエステコース、そして手コキをする手コキコースなどがあります。
見るだけのコースと違い、手コキのあるコースは料金が高いです。
さらにオプションを付けるとさらに料金は高くなり、給料も上がります。
オナクラで用意されるオプションといえば、ポージングや言葉責め、ビンタ、膝枕、顔面踏み、男性への乳首責め、足コキ、写真撮影、ローターの使用、全身舐め、ビデオ撮影などがあります。

オナクラは基本、見るだけの仕事ですが、オプション次第では舐めることもありますし、脱ぐこともあります。
ただデリヘルと違い、これらのオプションやサービスは有料ですので、恥ずかしい想いをした分、それだけ収入アップにつながります。

オナクラのメリットとデメリット

Good, Badオナクラは基本的には3ナイ系と呼ばれるソフトサービスのお店であるため、フェラなどのオプションさえ付けなければ、性病の感染リスクの低い仕事になります。

さらに、仕事内容も基本的に簡単なものばかりですので、初めて風俗嬢になるという未経験者であっても敷居は低く、始められやすいです。
このようにメリットの多い仕事なのですが、その一方で女性からの人気が高く、風俗求人もすぐに応募が殺到しやすいなどの特徴があります。
応募が多いとそれだけ採用の枠も減ってしまいます。
そのため、ぽっちゃり系かどうかに関わらず、オナクラの仕事に就きたいのであれば、出来るだけ早めに応募した方が良いでしょう。

同じように、エステ系の仕事もソフトサービスであることから人気が高く、応募する女性の数も多いです。
求職者が多いと当然、それだけ採用される確率も落ちてしまいますので、一回や二回、面接に落ちたとしても、諦める必要はないでしょう。
それよりも、オナクラなどのソフトサービス系で働こうと考えた場合、全ての風俗求人に応募する気構えを持っていおいた方が良いです。
ただし、折角採用されたとしても、NGのオプションの数が多いと指名される確率が落ち、稼げなくなるなどのデメリットを被るかもしれません。

そのため、エロいことが苦手だったとしても、多少は頑張ってエッチなオプションにもチャレンジしてみましょう。
オプションといっても手コキやフェラのようなエッチなサービスばかりではありません。
言葉責めやマッサージのような、エロいサービス抜きのオプションもあります。
オナクラはマニアックなお客さんが多く来る傾向がありますので、それぞれのお客さんのニーズに合った接客が出来るようになると、リピーターが獲得しやすく、稼げるでしょう。

オナクラはデリヘルなどと比べると給料が安くなる傾向があります。
しかし、本人の努力次第では普通のバイトや昼職よりも稼げる仕事なだけに、やり甲斐があります。