ぽっちゃり店で働いて起こりうるトラブルと回避術を伝授

2023年12月14日

Gellinger / Pixabay

接客業していたら、クレーム・トラブルは日常的に怒るものです。
販売している商品の品質・サービスなどから、お客さんのクレームがあります。
クレームまでたったら、会社・お店側で改善するように努力すればいいのですが、トラブルまでになると収拾がつかないことがあります。
話し合うことができ謝罪でおさまる・お互いの勘違いで理解しあえるなどで手打ちになればいいのですが、もめると弁護士をいれて裁判・示談になり大変です。

風俗業界では、お店側・風俗嬢・お客さんの問題で大きなトラブルに発展するケースがあります。
どのような内容か見ていき、事前に回避できるようにしましょう。

スタッフとのトラブル

ぽっちゃり店で働いて起こりうるトラブルと回避術を伝授風俗店スタッフとのトラブルは、風俗嬢とスタッフとの恋愛になります。

スタッフのなかには、ぽっちゃり嬢に癒しを求める男性スタッフもいます。
スタッフがぽっちゃり嬢に声をかけてなる場合や、ぽっちゃり嬢から声をかけて男女関係に発展するケースがありますが、風俗店ではスタッフと風俗嬢の恋愛は禁止しているのです。
それを破って関係を持つ理由は、スタッフのスケベ心・恋愛感情・風俗嬢の恋愛感情・仕事を優先してもらうための枕営業などになります。
理由が何であってもダメなことで、スタッフ・風俗嬢ともに風俗店に罰金を払ってクビになるのです。

スタッフから声を掛けられても、あなたから声をかけてもダメだと言うことを理解してください。

同僚とのトラブル

人が3人以上集まれば、どうしても派閥ができて争い・イジメが発生します。
これは学校だけではなく社会でもあることです。

女性が複数集まれば、どのような職場でもそのような構図というものが自然にできてしまいます。
これに巻き込まれると、トラブルに発展するようになります。
とくにお客さんが多い風俗嬢とお客さんがつかない風俗嬢のあいだには、妬みなどで喧嘩になることもあるのです。
風俗店側は、風俗嬢間のトラブルをなくしたいために、待機室は集団待機から個室待機に設備を移行しています。

集団待機ではお客さんを待つ風俗嬢がたくさんいるので、どうしてもトラブルが起こりやすくなっています。
集団待機は、困った時に同僚に相談できるメリットはあるのですが、プライバシーが守られない部分もあります。
風俗店に勤めるのなら個室待機ができるところを選ぶようにすれば、トラブル回避ができます。

あなた自身のトラブル

ストレスからメンヘラ

風俗嬢として働く理由はさまざまですが、止む負えないことで風俗嬢になっている方は、ストレスからメンヘラにかかることがあります。
メンヘラは自覚しにくい部分が多くあるので、普段から日常生活にメリハリをつけるように心がける必要があります。
少し疲れたとおもったときは、リフレッシュして心の状態をリセットできるようにしないといけません。

旅行・食事・趣味など、切り替えができるようにして、適度な運動・十分な睡眠をとり、生活リズムを整えて仕事をするようにしてください。
風俗嬢として働く期間・目標を決めて取り組むようにすれば、気持ちの整理もつきやすくなります。
一度、精神的な病気になると後の人生が大変なことになるので、私は大丈夫と考えるのではなく、私もなるかもしれないと考え、ストレスとうまくつきあうようにしてください。

性病感染

風俗嬢として働いていれば、性病感染を100%防ぐことはできません。
これは一般の男女の肉体関係でも同じことになるのですが、風俗嬢はたくさんのお客さんと性的プレイをすることで性病感染の確率が高くなるのです。
イソジン・グリンスなどを使用しても感染するときはします。
これは防ぎようがない部分でもあるので、短い期間で性病検査を定期的にして早期発見をするしかありません。

妊娠

ビデオカメラソープ嬢でもNN(生中出し店)に勤めると、妊娠する可能性があります。
ピルを常用して妊娠しないようにするか、S着(コンドーム着用)店にするか、本番行為がない風俗店に勤めるしかありません。

風俗店タイプを変えるのもひとつの方法

どうしてもストレスが溜まってしまい疲れる場合は、別の風俗店タイプに切り替えるのもひとつの解決方法になります。
ソープ嬢として本番がどうしてもできないなら、ヘルスに変わる・性的サービスができないなら、オナクラ・メンズエステに変わるのがいいかもしれません。
稼ぎについてはどれも歩合制のところが多いので、あなたの努力は必要になります。

風俗店同士の掛け持ち

いまどのような業界も競争が激しい時代で、これは風俗業界も同じことが言えます。
風俗業界の掛け持ちでの仕事は、基本的に昼職(一般企業・お店)と夜職(風俗店)の考えになっています。
風俗店同士の掛け持ちは、グループ内のことであれば許可をだしている風俗店はありますが、競合する他店の掛け持ちは基本的にはNGになっているのです。
風俗店にバレることで両方のお店から罰金の請求が発生することがあります。

掛け持ちについては、事前に確認して了解をとってしてください。
※掛け持ちで風俗店から罰金請求されても、法律上は支払う義務はありません。

お客さんとのトラブル

店外デート

風俗店が禁止していることで、お客さんとの店外デートがあります。
ぽっちゃり嬢がお客さんと内緒で店外デートしたことが、風俗店スタッフにバレることで、風俗店からお客さんに損害賠償請求になることがあります。
これは、脅迫行為になるのでお客さんが警察に通報・弁護士依頼などすれば、風俗店スタッフは逮捕されることになります。
あなたが原因でこのようなことが発生すると、風俗店側としてはあなたをクビにするかもしれません。

お客さんとの店外デートを許可している風俗店なのか事前に確認してください。

あきらかな犯罪行為

ソープランドは暗黙知で本番行為になることがあり、勤めている風俗嬢も理解していますが、それ以外の風俗店では本番行為はNGになります。
しかし、お客さんのなかには本番強要してくる方もいます。

強引にあなたに本番する・あなたに本番をさせて欲しいとお金で交渉してくるなどになります。
前者の強引に本番してきた場合は、これは犯罪行為になります。
すぐにスタッフに連絡して対処してもいましょう。
こうなれば、スタッフはお客さんの名前・住所・連絡先・勤め先の情報を確認して、警察に通報して告訴して刑事事件として処理するようになります。

お客さんによっては、その前に示談金の支払い交渉することもあります。
これはあなたがどのようにするか決めることになります。
口頭か示談書で一旦了承してあなたがお金を受け取った後に、それ以上の金額を要求した場合は、あなたが脅迫として逮捕されることになります。
だから、納得のいくかたちを選ぶようにしてください。

一旦告訴しても、お客さんの方から示談したいとお金を提示することがあり、そのタイミングで刑事事件を求めずお金で解決することもできます。

その他

スーツ 男性その他によくあるトラブルとしてあげられるのが、盗撮・ストーカーになります。
盗撮はデリヘル嬢に多くあることで、お客さんの自宅でサービスを提供しているときに盗撮されるようになります。

これも犯罪として訴えることはできるのですが、盗撮した動画は消すことは不可能で、あなたは一生デリヘル嬢として働いたことを背負うことになるのです。
ストーカーは、どのタイプの風俗店でもあることで、あなたのプライベート情報を入手してお客さんがあなたを追いかけするようになります。
絶対あなたの個人情報が漏れないようにしないといけません。

まとめ

トラブルは、あなたが気をつければだいたいが回避できるものばかりになるので、十分理解して対処してください。
ご参考にしてください。