熟女系デリで働く時はどんな服装ですか?仕事中と出勤時は変える?

2023年12月14日

MikesPhotos / Pixabay

風俗嬢は出勤時と仕事中とで服装をそれぞれ分けている人が多くいます。

特に熟女系デリで働く年配の女性の場合、風俗嬢だとバレやすい格好で出勤をすると、家族や友人に見つかった時、身バレしてしまう恐れがあるだけに、出勤時は出来るだけラフな格好をするなど身バレ対策をする必要があります。

風俗嬢の出勤時の服装

熟女系デリで働く時はどんな服装ですか?仕事中と出勤時は変える?一部の高級店などを除き、大衆向きの風俗店に勤務する風俗嬢は出勤する時、ラフな格好でお店に来ることが多いです。
もちろん、あまりにも汚らしい格好ですと、お客さんに見られた時に悪い評判がたちやすいため、出来るだけ清潔感のある格好の方が望ましいのですが、仕事中の気合いの入った服装で出勤することは少ないです。

風俗嬢は性病に罹りやすい職業です。
そのため、あまりにも清潔感に欠ける格好ですと、ここのお店は危ないなどと思われかねません。
それだけに、清潔感さえあればラフな格好でも構わないと考える風俗店が多いようです。
風俗店によっては仕事中の服をレンタルしてくれることもあるため、必ずしも仕事中の服装を自前で用意しなければならないということはありません。

高級店のようなランクの高い風俗店の場合、ドレスのような高価な服装を仕事中に着ることになりますので、出勤時には流石に着られないでしょう。
出勤時の服装に関してお店から特に指定を受けていないのであれば、自由な格好で大丈夫です。
なにしろ風俗嬢の中には家族や彼氏と同居しているような女性もいるでしょうから、あまり派手派手しい格好で出勤をすると、家族にバレてしまう恐れがあります。

ラフな格好で出勤する理由

風俗嬢の王道的な服装といえば、清潔感のあるワンピースなのでしょう。
しかし、下着の方はセクシーさをアピールするようなモノが多く、そういった淫らな雰囲気のある格好をすることで風俗嬢は視覚的にお客さんを悦ばすことが出来ます。
しかし、このようなセクシーな下着というのは、家族から見ると疑いの対象になりやすいので注意が必要です。
熟女系デリといえば30代、40代の熟女が働く風俗店です。

中にはもっと年配の熟女が働くこともあるでしょう。
そういった年配の熟女は家族に内緒で風俗嬢の仕事をしていることが多く、もしもバレるとツライ想いをすることになります。
家族や彼氏に風俗嬢であることがバレた場合、女性によっては離婚されたり、別れを切り出されることもあるでしょう。
相手の男性次第では慰謝料を請求することもあります。

このように家族や彼氏に風俗嬢であることを内緒にしている女性が身バレしたところで良い事はなく、ツライ結果になるばかりですので、出勤時は出来るだけラフな格好をするなど、風俗嬢であることばバレないように気を付ける必要があります。

服装を変えるメリット

出勤時と仕事中とで服装を変えるメリットといえば、やはり風俗嬢であることが通勤中にバレないことでしょう。
家族や彼氏はもちろん、全く知らない第三者に風俗嬢だとバレないようにすることで、無用なトラブルを避けて風俗店へと出勤することが出来ます。

風俗の仕事は世間体が悪く、風俗嬢であることが周囲にバレると酷い扱いを受け、ツライ気分をさせられることもあります。
悪意のある人にバレた場合、それをネタに脅されたり、ストーカーなどの被害を受けることもあるだけに、通勤時はできるだけ風俗嬢とは無縁そうな、ラフな格好の方が良いです。
このような身バレ対策とは別に、服装を変えることで着衣プレイがしやすくなるなどのメリットがあります。

着衣を使ったサービス・プレイ

風俗嬢のプレイの中にはキスやフェラ、素股といったオーソドックスなサービス・プレイもあれば、潜望鏡やマットプレイのような一握りの風俗嬢だけが出来るサービス・プレイがあります。
そんなサービス・プレイの中には着衣のままエッチをするというサービスがあり、一部の男性からは強い人気があります。
着衣プレイとは要するに、裸にならず、服を着たままエッチをするというサービス・プレイのことです。
基本的に風俗嬢は裸になってサービス・プレイを提供するものであり、着衣のままプレイに興じることは滅多にないです。

ボタンたとえあったとしても、下着姿のままぐらいでしょう。
そんな着衣プレイのメリットといえば、まるで恋人同士のようなドキドキした気分を味わえるなどがあります。
さらに、男性によってはストッキングや服を破るなど、拷問的プレイをしたい人もいます。
風俗嬢にとって拷問的プレイとは、非常に肉体的にも精神的にも苦痛になりやすいプレイです。

それだけに、拷問的プレイができる女性の数は少ないのですが、稼げない風俗嬢などが利益を求めて拷問的プレイをすることがあります。
例えば本番ができるソープ嬢は男性から人気が高いだけに、性病のリスクを恐れつつも、本番をする風俗嬢は多くいます。
性病の危険のある本番などと比べると、服を破かれるといった拷問的プレイはそれほど苦痛は大きくないだけに、精神的にはそれほどダメージは少ないです。
さらに、破られるといっても元々風俗の仕事用に用意した服装ですので、必要経費と割り切ればそれほど深刻になることはないでしょう。

風俗店によってはこういった拷問的プレイを求める風俗客のために、わざわざプレイ用の服まで用意してくれることがあります。
他人に服を破かれるという行為はいざやられるとなかなか精神的にショッキングなことかもしれませんが、それ以上の苦痛を受けることはないだけに、稼げない風俗嬢が新しいサービス・プレイに挑戦するという時、着衣プレイはオススメかもしれません。

仕事中に着る服装

出勤中はラフな服装でも大丈夫といっても、仕事中は流石にダメです。

たとえ風俗といえど、接客業であることに違いはありません。
ラフな格好で接客をすると風俗客からの評判が悪くなるばかりか、収入まで落ちる可能性があります。
仕事中に着るべき服装は、勤務する風俗店の種類によってそれぞれ異なります。
ギャル系の風俗店なら派手な服装が良いですし、若者向けのお店なら若者っぽい服装が良いです。

そして熟女系デリヘルの場合、年上の女性に相応しいような落ち着きのある服装が望ましいでしょう。
熟女系デリヘルで働く時、どのような服装にするべきかで悩んだら、清潔感のあるワンピースを選んでおけば失敗することはまずありません。
さらに、ボタンやアクセサリーが多く付いている服装は避けた方が良いです。
Tシャツ他にもファスナーのある服装などは、脱がし難く、サービス・プレイの内容次第では肌を傷つける恐れがあるだけに、避けた方が無難です。

特に女性の服を脱がすことが好きな男性の場合、服が脱がし難いとイライラし、印象が悪くなる恐れがあるだけに注意した方が良いです。
清潔感があり、脱がしやすく、そして着やすい服装が風俗嬢から人気が高く、オススメです。
これに加え、ランクの高い高級店で働く風俗嬢の場合、できるだけ高級ブランドのファッションを選びましょう。
リーズナブルな服装のまま高級店で接客をすると雰囲気が台無しになるばかりか、お客さんの印象も悪くなるので、止めた方が良いです。

一方で、お客さんからウケの良い服装で接客をすると、それだけで評判は良くなり、本指名される確率も高まります。
現在、あまり稼げない風俗嬢がいたら、一度自身のファッションを見直してみましょう。
風俗嬢の仕事は稼げないとツライものです。
精神的に弱ってしまうと、ちょっとしたサービス・プレイでも苦痛に感じてしまいます。

風俗嬢はツライことがあっても彼氏や家族には相談できませんが、スタッフには相談できます。
稼げない風俗嬢がスタッフに相談をすると、様々なアドバイスをもらえます。
例えば、服装に関してのアドバイスなどは非常に有益です。
風俗嬢として働く際にどのような服装をしたら良いか?なんて質問は家族には出来ませんが、スタッフならば可能です。
スタッフに服装に関して質問をし、男性目線でアドバイスをもらうことで、風俗客からのウケの良い服装で仕事に取り組めるようになります。
特に熟女系の風俗嬢の場合、単価が若い女性と比べて安いなど、ツライことが多いでしょうが、ウケの良い服装にして本指名される本数が増えると収入が安定し、風俗嬢として稼げるようになるでしょう。
それだけに、出勤時と違って、仕事中は男性ウケの良い服装を選びましょう。