熟女ソープで出勤制限を受けない方法はない?指名は返せるけど

2023年12月14日

TeroVesalainen / Pixabay

風俗嬢として働いたことがある人は、1度くらい「出勤制限」という言葉を聞いたことがあると思います。
言葉の通りに出勤を制限されることで、対処になると、指名をもらわないと稼げない風俗嬢にとってはかなりの痛手です。

特に、バックが安い熟女にとってシフトの調整は辛いでしょう。
対象とならずに稼ぎたい、という人に向け、出勤調整を受けない方法を紹介します。

出勤調整を受けない方法

熟女ソープで出勤制限を受けない方法はない?指名は返せるけど日頃から真面目に出勤をする

シフトが入っている日は真面目に出勤をしましょう。
寝坊をして遅刻をしたり、突然欠勤をしてはいけません。
風俗店からしたら日頃から真面目に仕事に取り組んでいる風俗嬢の方が信用があるので、不真面目な人はすぐに出勤調整の対象となります。
お店から信頼を得るためにも無遅刻無欠勤を心掛けて下さい。

多くの本指名客を獲得する

多くの本指名客を抱えている人気嬢は出勤調整の対象にはなりません。
なぜなら、お店にとって大切な稼ぎ頭だからです。
フリー客の数は時期により並みがあり、稼げる時と稼げない時の差が大きいです。

それに比べて本指名客は、贔屓している嬢のために頻繁にお店を利用してくれます。
風俗嬢にもお店にも頻繁にお金を落としてくれるため、本指名客が多く着いている嬢はお店から大切にされるのでしょう。
予約が入っている風俗嬢をわざわざ休ませる必要がないのです。

店員と仲良くしておく

日頃から店員に愛想良く明るく挨拶をして仲良くなっておくことも忘れてはいけません。
風俗嬢のシフトを決めているのは大抵男性スタッフとなり、店長やチーフなどの高い地位の男性店員に決定権があることが多いです。
裏でいばり散らしているような嬢は嫌われますが、誰とでも分け隔てなく接する風俗嬢は男性店員からも嬢からも気に入られるでしょう。
シフトを決めている店員だけではなく、お店に関わっている人全員に嫌われないように努力をして下さい。

出勤する嬢が多い日にシフトを入れない

他の多くの風俗嬢が出勤する日にシフトを入れてしまうと、出勤制限の対象になる確率が高いです。
待機室の部屋数の問題で、予約がある人気嬢や新人以外は休みとなるでしょう。
本指名客が多く着いていて日頃から予約で稼いでいる人気嬢なら問題ありませんが、ほとんどの嬢はそうはいきません。

あまり予約が入らず、フリー客で稼いでいる方が多いと思います。
出勤制限を避けるためにも、あまり出勤する人がいない平日にシフトを入れて下さい。

出勤制限がないお店を選ぶ

お店を選ぶ段階から出勤制限のことを考えて入店するところを選ぶのもおすすめです。

バックや店内の雰囲気でお店を選ぶのもいいですが、出勤調整をされそうにないお店なのか見極めましょう。

個室待機と集団待機の両方がある

建物面接の際に、待機室はどうなっているのかを必ず聞いて下さい。
理想は、個室待機と集団待機の両方があることです。

どちらも兼ね備えているお店であればあまり出勤制限がなく、個室がいっぱいになると集団待機室へと回されるだけなので安心でしょう。
集団待機室まで満杯になることはそうそうないのであまり心配しなくても大丈夫です。
ついでに、新人のうちは、個室を使わせてくれる確率が高いと思います。

いつも出勤する嬢の数が15人以下

出勤する風俗嬢の数が常に15人以下の風俗店もおすすめです。
15人を超えてしまうと集団待機だとしても出勤制限がかかる可能性があり、予約がない風俗嬢は真っ先に休みにされてしまいます。
休みになるとその日1日稼げないため無収入となるのです。
そうならないようにするためにも、お店選びの段階から出勤制限があるのかどうか確かめて下さい。

出勤する嬢の数が15人以上であろうと、待機室が多いお店や、待機室が広いお店であれば入店しても構いません。
あまり出勤制限はしないでしょう。
ただし、風俗嬢の多さから、お客さんの取り合いになる可能性があることを覚えておいて下さい。
よほど人を惹きつける美貌がない限りは、指名を獲得するのは難しいと思います。

見た目の良さと性的サービスの質の高さが大事なのです。

個室待機だけのお店は注意

個室待機しかないお店は注意をして下さい。
最近は個室待機を望む風俗嬢が増えたため個室待機を売りとしているお店が増えましたが、部屋数以上の嬢が出勤となった時すぐに出勤制限になります。

そうなると、予約がある人気嬢と新人以外は出勤制限となるでしょう。
個室待機は個室待機の良さから人気は高く、同僚に気を使わずに自分の好きなように休めます。
好きな音楽を流したり、リラックスするアロマを焚いたりなど好き勝手出来るでしょう。
何より、先輩の風俗嬢と合わなくなるため人気なのです。

女性ばかり集まると派閥が出来上がり、時には陰湿なイジメが起こります。
イジメのせいで人気嬢が辞めた、という風俗店まであるのです。
そのため、他の嬢と顔を合わせない個室待機は風俗嬢だけではなく風俗店からも人気があり、導入しているお店が増えています。
メリットだけではなくデメリットがあることも理解しましょう。

出勤制限をかけられた時の対処法

突然出勤制限をかけられた時はどうすればいいのでしょうか。
具体的な対処法を紹介します。

移籍

リスト出勤制限をしなければならないほど風俗嬢が在籍しているお店にいたとしても、今後本指名を得られるかは分かりません。
それならば、より良いお店へと移籍した方が得策でしょう。
さらに条件が良いお店を探して移籍することをおすすめします。
稼げる風俗嬢になるために必要な条件は、どれだけ多くの本指名から指名をもらえるかです。

出勤制限になると指名が入らないため稼げないでしょう。
本指名をもらえるように努力をしていれば出勤制限される風俗嬢にならないはずです。
どのようなお客さんが相手であろうと質の高い丁寧なサービスを心掛け、高い接客スキルも身につけておいて下さい。
愛想良くにこやかな笑顔で対応をし、楽しく会話が出来るようにします。

一生懸命に相手をするだけで本指名は増えていくでしょう。
また、写メ日記を毎日更新することを忘れてはいけません。
最低でも1日1回は何かしら記事を書いて下さい。

掛け持ち

いっそのこと掛け持ちしてしまうのもおすすめで、他の風俗の仕事をしてみてはいかがでしょうか。
将来昼職に転職することを考えているのであれば、何か昼職を掛け持ちしてもいいと思います。
風俗の掛け持ちをしている人は多く、生理中は脱ぐ必要がないソフトサービス店で働いている嬢がいるほど。
もしもの時のために掛け持ちに損はないと思います。

あくまでも保険のため、掛け持ちで少しでも稼げればいいという人には、軽いサービスで済むソフトサービスがおすすめです。
ピンサロやオナクラ、エステがソフトサービスとなり、生理の時だけ働いている嬢が存在します。
そこまで仕事が大変ではないためバックは低いですが、手軽さから掛け持ちにおすすめの仕事です。
がっつり稼ぎたいのであれば、ハードサービスの掛け持ちがおすすめでしょう。

ソープやデリヘルを掛け持ちとし、ダブルワークで月収を増やすのです。
体力的にかなり大変となる反面、バックが高い分稼ぎは良いです。
昼職との掛け持ちで風俗嬢をしている女性もいます。
将来は風俗嬢を辞めて昼職で働きたい、という人は実践してもいいのではないでしょうか。

おすすめは、自分が働きたい時にだけ働ける日雇いアルバイトです。
入れる日だけでいいので、がっつり稼ぎたい時は毎日のようにシフトを入れ、しばらく無理そうであれば出なくても問題ありません。