熟女店で働く50代風俗嬢がバンス制度で借りれる金額相場は?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

バンスという言葉をご存知ですか?
風俗業界には給料の前借り制度がございます。

その前借り制度のことをバンス制度と呼称するのが一般的です。
多くのお店が取り入れている制度ですので借りることは可能ですし、消費者金融でお金を借りる時にかかる利子や利息は一切必要ないお店が大半となります。
中には利子を支払うように命じられるお店もございますが、悪質な店舗だと断定してしまって問題ございませんので、もしバンス制度を利用した際に利子や利息を取られるようでしたら移籍を検討するようにしましょう。
さて、前述した通りバンス制度は多くのお店が取り入れている制度です。

それは熟女店においても例外ではございません。
しかし給料の前借りをするという事はそう簡単な事でもございません。
今回はそんな熟女店におけるバンス制度に関して詳しくご紹介したいと思います。

バンス出来る金額を決める判断基準とは

熟女店で働く50代風俗嬢がバンス制度で借りれる金額相場は?さて、まずバンス制度におけるお店側の判断基準に関してご説明したいと思います。
お店によっては全くバンス制度を取り入れていないお店もございますので、働く前にバンスが可能かどうかを必ず確認するようにして下さい。
バンス制度を取り入れているお店の方がお金を先に渡そうかどうか検討する際、以下のことを判断基準としていることが多いです。
第一に容姿。

見た目がキレイな女性はその分多くのお客さんを呼び込むことが可能となりますので、前借りさせてあげるというリスクを背負ってでも採用したいと考えることがございます。
多くのお客さんを呼び込める容姿を備えていれば、多額のお金を先に渡してしまっても回収することが簡単になりますので、見た目で判断されることになるのは間違いないでしょう。
次に信用に値するかどうかです。
お店からしたら先にお金を渡して飛ばれてしまったり音信不通になられたりしてしまうのが最も懸念される部分でもございますので、信用に値する人物かどうか、お金の使い道は真っ当なものかどうかを詳しく聞いてくることになると思います。

面接の段階でバンスを希望している旨を伝えると必ず理由を聞かれることになりますが、正直に答えるのが採用された上でバンス制度を許してもらう最善の方法となりますので覚えておきましょう。
下手にごまかしたりすると「ウソをつく女性」という目で見られることになりますので、お店の方から信用してもらうのが難しくなります。
必ず誠実な対応を心がけるようにして下さい。
そして最後にお店側が出した条件を呑めるかどうかです。

利子や利息が全く無いお店が大半であると冒頭でお伝えいたしましたが、完全な無条件でお金を貸してくれるお店は絶対にありません。
それこそ芸能人級の美人やモデル並みの抜群のスタイルを誇る女性がバンスしたいと申し入れたとしても、条件を出されるのは当然だと考えるようにして下さい。
条件の内容はお店によって様々ですが、大体のお店が出勤日数と勤務時間、在籍期間のどれかを条件としてバンス制度を許してくれることになると思います。
週4日以上出勤することが出来るか、オープンからラストまで働くことは出来るか、半年以上は働き続けることが出来るかなど、貸したお金を返してもらうために多く働いてもらうことはもちろんのこと、お店が利益を得る為に考えられる最低限の条件を提示されると考えた方が良いでしょう。

人によっては条件が厳しく感じられる部分もあるかと思いますが、バンスも結局は借金です。
返済しなければいけないのは当然の上消費者金融でお金を借りる際に審査がある様に、風俗店でお金を借りる際にも審査があると考えるようにしましょう。
上記の様な条件を満たすことが出来ればバンス制度を利用することも可能となりますので、お金を借りた上で働きたいと検討していらっしゃる方は覚えておいて下さい。

50代女性がバンスできる金額の相場

円グラフ本題に入る前の段階が少し長くなってしまいましたが、タイトルにある様に50代の女性が風俗嬢として働き始める際にバンスしたいと考えた場合、借りることが出来る金額の相場がいくらになるかをご紹介いたします。
前述致しました条件の内容によって変わってくるのはご理解いただけると思いますが、ある程度普通の50代女性よりもキレイな方で40代前半くらいに見られることが多く、お店の方にも信用されるくらい誠実な対応を心がけ、レギュラーで出勤することが出来るという条件を満たした場合には10万円くらいは受け取ることが出来ると思います。
調べてみたところ熟女系の風俗店におけるバンスの相場はそれくらいになりますので、入店前の一つの目安になるのではないでしょうか。
また、応募の際にバンスできるかどうかを聞くと親切にいくらまでならバンス可能であると前以て教えてくれるお店もございますので、応募前の段階で思い切って聞いてみるのも一つの手だと思います。

ただしお店のスタッフが考えていた以上に容姿が優れていない女性や魅力を感じない女性であった場合には伝えられた金額を借りることが難しくなりますので、参考程度に抑えておくくらいの認識でいるようにして下さい。
私が見た中では熟女系の風俗店でバンスを利用出来た最高額は20万円でしたので、やはりどれだけ容姿に恵まれている女性であったり魅力的な女性であったとしても20代の女性が借りることのできる金額には到底及ばないと考えた方が良さそうです。

バンスを検討している方がお店を選ぶ際には

風俗嬢の方の働き方は人それぞれです。

常駐型でお店に勤める方と出稼ぎに出て短期間で稼ぐことを考える方といらっしゃると思いますが、バンスを検討している場合には出稼ぎに出ることは止めておいた方が良いでしょう。
というのも、お店との信頼関係を築くのが相当難しくなるからです。
常駐型と違ってすぐにいなくなってしまうことを前提とした採用になりますので、出稼ぎを受け入れているお店でも出稼ぎ嬢にはお金を貸してあげないスタンスのお店は大多数を占めます。
リストまた、条件の一つにございました「半年以上は在籍する」という条件を絶対に果たすことが出来なくなってしまいますので、通常以上にバンスを利用することが厳しくなるのはご理解いただけるのではないでしょうか。

中々遠方の風俗店で働こうと考える50代の女性もいらっしゃらないかもしれませんが、皆無という訳ではないようでしたので一応お伝えさせて頂きました。
風俗嬢として稼ぐのに加えてバンスも利用したいと考えた場合には常駐できるお店を選ぶようにして下さい。

まとめ

50代の女性がバンス制度を利用する点において、バンス制度をちゃんと取り入れているお店で働くことが出来れば可能ではあると思います。

しかし金額は風俗業界の基準においては少ないと言わざるを得ない様な金額になりますので、一週間頑張って働けば稼げる金額だと思って差し支えないでしょう。
容姿に自信のある女性でも結局は10万円しか借りられなかったという口コミを見かけることも出来ましたので、熟女系の風俗店において相場は10万円だと覚えておくようにして下さい。
また、バンス制度自体に関しては翌日にまとまったお金が必要であるという様な状況でもない限り、利用しないでおくのが賢明だと思います。
ただ、風俗の求人情報サイトにはバンス可能である旨を記載しているお店も多数ございますので、どうしても利用しなければいけないという方は参考にしてみても良いかもしれません。