関東のソープはスカウトマンから勧誘されるより自分で選ぶ方がいい理由

2023年12月14日

男性 スーツ

風俗店で働き始める時にお店を探す方法には2種類あります。
ひとつは自分で風俗求人サイトを検索して待遇や給料などをしっかり調べてからお店を選ぶ方法です。
もうひとつの方法は街中などで声をかけてくる風俗業界のスカウトマンにお店を紹介してもらう方法です。
昔はインターネットが発展していなかったので、女の子が自分の力でお店を探すのには様々な苦労がありました。

しかし最近ではほとんどのソープ店がインターネット上に求人広告を出していて、検索すれば簡単に見つけることができますし他のお店と比較することもできます。
それ以外にもスカウトマンにお店を紹介してもらうよりも自分の力でお店を探すメリットの方が今でははるかに大きいです。
この記事では関東のソープで働こうと考えている女の子はスカウトマンから勧誘されるよりも自分で選んだ方が良い理由をご紹介します。

スカウトマンを信用してはいけない

誤りスカウトマンとは路上などで女の子に声をかけて風俗のお店を紹介する仕事をしている人のことです。

新宿や池袋などの繁華街を歩いていたらキャッチから声をかけられて、話をよく聞いてみたら風俗業界のスカウトマンだったという経験がある方も多いでしょう。
スカウトマンは風俗業界に興味があるという女の子にお店を紹介してあげることによってお給料をもらっている人達です。
スカウトマンはお店に女の子を紹介するとその女の子がお店で稼いた金額のうち、10%から15%程度をバックしてもらいます。
つまり女の子を紹介することはスカウトマンにとっては自分がお金を稼ぐための手段なのです。

スカウトマンをやっている人は大抵夜の世界で働いていた人かホスト上がりの男性です。
そういう男性は女の子と上手に話す混んでうまく丸め込むことを得意としています。
ですからうかつに路上で声をかけられた時などにしばらく話に付き合ってしまうと、楽しい気分にさせられてしまい気づいたら風俗店で働くことになっているというケースがあります。
スカウトマンにとっては女の子のお店で働いてくれれば自分の給料になるわけですから、様々な甘いことや嘘を言って女の子を何とかお店に紹介しようとします。

スカウトマンは女の子の悩みやお財布事情について親身になって話を聞いてくれますが、それは女の子の為ではなく自分のお給料のためなのです。
また、そもそも現在では街中で女の子に声をかけて風俗店を紹介することは違法行為です。
つまりスカウトマンという存在自体が既に法律違反ということになります。
もちろんスカウトマン自身もそのことはよくわかっていますので、自分が法律違反をしていることを認識している状態で働いているのです。

スカウトマンと関係をもってしまうということはその時点で犯罪者との人間関係ができてしまうということです。
風俗業界自体は今や一般の人達にも浸透していて多くの女性が働いています。
そして風営法という法律にしたがって営業しているので、それほど危険な世界ではありません。
しかしスカウトマンは違法行為を行っている犯罪者ですので、そういう人間と関係を持っていると危険なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

このようにそもそもスカウトマンは犯罪行為を行っている人ですし、女の子の為ではなく自分の為に風俗店を紹介する人なので信用してはいけません。

スカウトマンから勧誘されるよりも自分で選ぶほうがいい理由

握る具体的にスカウトマンから勧誘されて風俗店に入るとどういうことになるのかご紹介します

自分にあった待遇のお店ではない

上で説明した通りスカウトマンは女の子のことを真剣に考えているわけではなく、自分の給料のためにお店を紹介します。
もちろん女の子に対しては「君がすごく働きやすい良いお店だよ」などと甘い言葉を言ってきます。

しかしスカウトマンは紹介料のバックが高いお店から順番に紹介をするだけです。
女の子の働きやすさとか稼ぎやすさというものは二の次になっています。
だからスカウトマンに紹介されたお店に入ってみたら、聞いていた話と全然違ってお店が汚かったりサービスの内容がハードだったりという可能性も十分にあるのです。
そして一度働き始めてしまうと、なんとなく止めるのが大変だからという理由でずるずるとそのお店で働き続けてしまう女の子も多いので注意しましょう。

違法店の可能性もある

スカウトマンが紹介するお店は風営法の許可をとっていな違法店の可能性もあります。
今や風俗求人サイトはたくさんありますので、風俗店がインターネット上で女の子を探すことはそれほど大変なことではありません。
それにもかかわらず、わざわざスカウトマンに女の子を紹介してもらっているということは何か裏があるということです。
大手風俗求人サイトであればそもそも求人を載せるためには風営法の許可をとっていなくてはいけないという条件があるので、違法店の場合求人を載せることができないのです。

そして違法状態で経営しているお店というのは、法律違反のサービスを提供している場合がよくあります。
代表的なもので言えばデリヘルなどのヘルス系のお店なのに当然の様に本番行為をしているなどです。
そういうお店の経営者はまともな人間ではないので女の子を利用して自分が稼ぐことしか考えていません。
ですから女の子の健康で働きやすさのことなど無視して過酷な環境で労働を強いることが多いのです。

フリー客をまわしてもらいにくい

スカウトマンお店に入るとお店の人からの印象もあまり良くありません。
スカウト経由でお店に入ってきた子は、普通に求人サイトなどで採用された女の子よりもフリー客をつけてもらえる可能性が低くなるのです。
スカウト経由でお店に入ってきた女の子にフリー客をつけてたくさん稼ぐせると、その売上金額の10%から15%をお店はスカウトマンに払わなくてはいけません。
同じフリー客を付けるのであればスカウトマンに10%程度お金を支払わなくてはいけないような女の子よりも、求人サイトから採用した普通の女の子につけた方がお店にとっても得なのです。

ちなみにスカウトマンに支払われるバックは女の子のお給料から引かれるわけではありません。
例えば月に100万円女の子が売り上げた場合、当然その女の子には100万円の給料が支払われます。
そしてお店からスカウトマンに対して10万円程度のバッグが支払われるのです。
ですから女の子にとっては売り上げを抜かれるわけではないのですが、お店にとっては損になってしまうということです。

辞めにくい

スカウトマン経由でお店を紹介されると、お店を辞めたくなった時にでも自分一人だけで勝手に退店することが難しくなります。
スカウトマンにお店を辞めたいと相談をしても、スカウトマンは自分のお給料が減ってしまうので何とかして引き止めようとしてきます。
そしてスカウトマンはまともな人間ではないのでそう簡単に逃げられないのです。
そうなってしまうと自分の人生をスカウトマンに握られているような状態になります。

男性 スーツこのようにスカウトマン経由で風俗店に入ることは女の子にとってデメリットばかりです。
特に関東ではスカウトマンが非常に多く、新宿や池袋など繁華街ではたくさんのスカウトマンが活動しています。
しかしわざわざスカウトマンにお店を紹介してもらわなくても、関東のお店は求人サイトに山ほど求人を出していますので、自分の力で探すようにしましょう。

まとめ

関東のソープで働こうと考えている女の子はスカウトマンから勧誘されるよりも自分で選んだ方が良い理由をご紹介しました。

この記事で紹介した通りスカウトマン経由で風俗店に入ることは女の子にとってほとんどメリットがありません。
最近では風俗求人サイトも大量にありますので自分に合ったお店を自分の力で見つける用にしましょう。