顔出しできないソープ嬢ならパネル写真はポーズ次第でネットが鳴る!

2023年12月14日

xiaonaooo / Pixabay

稼げるソープ嬢になるためにはパネル写真で顔出ししないといけないのでしょうか?
確かに顔出しした方がお客さんからの受けが良く、ネットが鳴る確率は高くなるでしょう。
しかし、写真撮影の際に、おっぱいを強調する写真や、くびれがセクシーに見える写真を撮影することで、顔出しせずとも魅力的なパネル写真を撮影することが出来ます。

ネットが鳴るソープ嬢

ペナルティまだリピーターが少ないソープ嬢がお金を稼ぐためには、リピーター以外のお客さんに指名してもらう必要があります。
たとえ本指名されずとも、ネットが沢山鳴れば、それに応じてソープ嬢は大いに稼げるものです。
ただ、ソープ嬢の中には個人的な事情からどうしても顔出しできない女性もいることでしょう。

家族や彼氏にバレたくない、友人や知人に知られたくないなどの理由から、顔出しを避けるソープ嬢は多くいるものです。
可愛くて、しかもスタイルが良いソープ嬢ならば、顔出しすれば多くの男性に注目され、連日指名されることでしょう。
しかし、顔出しができない風俗嬢となると、お客さんとしてもどんな女性なのかわからず、不安になってしまうため、ネットが鳴る確率が落ちてしまいます。
それだけに、最近のソープ嬢はわざわざスタジオで、プロのカメラマンに写真撮影をしてもらうだけでなく、さらには見栄えが良くなるように修正まで加えてもらうことが多いです。

プロのカメラマンの手によって修正されることで、パネル写真の見た目を本人とは違う、別人へと変えることができます。
このように、修正することで顔バレのリスクを減らすことができるのですが、パネル写真を修正すると今度はパネマジの問題が発生する恐れがあります。
たとえネットが鳴っても、パネマジだと思われ、チェンジされてしまっては稼げません。
かといって修正をしないと今度は顔バレするリスクがあります。

そのような事情もあってか、パネル写真にモザイクをかけるソープ嬢は多くいるものですが、そのような方法でもネットを鳴らすことができるのでしょうか?
結論から言ってしまえば、確かに顔出しせず、パネル写真にモザイクをかけると、顔目当てのお客さんからの指名は逃してしまうかもしれません。
しかし、それ以外のお客さんであれば、ポージング次第ではネットを鳴らすことは可能です。
たとえ顔出しせず、モザイクで顔を隠したとしても、胸を強調するポーズやくびれをエロく魅せるポーズで写真撮影をし、パネル写真としてホームページに公開すれば、おっぱい好きな男性やくびれ好きな男性からのネット指名が期待できます。

なによりモザイクなら修正をしていないため、パネマジの心配が無用になります。

男性がパネル写真で見る箇所

風俗客が風俗嬢のパネル写真を見る際、一体どこを見るのでしょう?
昔と違い、写真撮影がプロのカメラマンでなくとも簡単に行える今の時代、風俗客は地雷やパネマジを避けるためにも、顔以外の部分に注目することが多くなっています。

それどころか、たとえ顔出ししているソープ嬢であったとしても、明らかに修正しているとしか思えない加工済みの顔の女性は指名せず、避ける傾向があるほどです。
それだけに、修正する際にはできるだけ元の顔の原型を残しつつ、自然に見えるような修正の技術がカメラマンには求められます。
では、顔を除くとして、風俗客はパネル写真を見る時、風俗嬢のどの部分をチェックするのでしょう?
風俗客がよくチェックする箇所として、まずお腹があります。

なぜお腹をチェックするかというと、体型が崩れているソープ嬢の中には、くびれやお腹を見せないためにも、あえてパネル写真の撮影の際にはお腹を見せないようなポージングをする女性が多くいるからです。
そのような背景もあってか、風俗客の中にはパネル写真にお腹が映っていない女性は指名しないといったポリシーを掲げる人までいるほどです。
そのため、パネル写真の撮影の際には、おっぱいのみならず、お腹や足など、全身を撮影しておいた方が良いでしょう。
たとえ全身を撮影しているからといって、必ずしもお腹が見えるとは限りません。

ソープ嬢の中には太っていることを隠すために、写真撮影にあたって二の腕でお腹を隠す女性もいます。
しかし、風俗客からしてみれば、お腹を隠したくらいで太っている事実は隠せません。
というのも、本当に太っている女性というのは、その兆候が二の腕にも現れるからです。
女性の二の腕が太いと、お腹周りも太っていることが多いです。

それだけに、二の腕が太っている女性を避ける風俗客は意外と多いです。

魅力的なポージング

女性 ポーズたとえ顔出しせず、モザイクをかけようとも、スタジオで写真撮影する際に魅力的なポージングを実践すれば、ネットを鳴らすことはできるでしょう。
いくら顔が見えないといっても、男性は本能に逆らえません。

顔が見えなくても体がエロければ、衝動に駆られて指名したくなるものです。
それだけに、パネル写真の顔出しがNGというソープ嬢は、できるだけ魅力的に見えるようなポージングを心がけた方が良いのですが、どんなポーズを取るとネット指名されるのでしょう?
まずオススメのポージングなのですが、写真撮影の際にお尻を向けつつ、同時に身体を捻って後ろを振り向きましょう。
そうすると、カメラマン側からはお尻と女性の顔の二つが見えるようになります。

なぜこのポージングがオススメなのかというと、身体を捻ることでくびれが強調され、同時にお尻も魅せることができるからです。
男性が女性の部位で好きなものはおっぱいだけではありません。
お尻が好きだという男性は意外と多く、お尻を強調するポーズをすることで、尻フェチのネット指名を狙うことができます。
さらに、身体を捻ってくびれを作ることで、くびれ好きの男性からの指名も取り込めます。

このポージングは体を捻れば良いだけなので、どんな女性でも簡単に出来ますし、スマホさえあればスタジオでなくとも撮影できます。
自宅で身体を捻り、お尻とくびれを強調した写メを撮影し、それをSNSやブログでアップすれば、ネットを通じて多くの男性に自分の存在をアピールすることも可能です。

ベッドの上で撮影

スタイルや体型に自信のない女性は、ベッドの上で仰向けになった状態で写真撮影をしてみましょう。

このポージングの良いところは、スタジオで仰向けになると全方位からライトを当てられるため、肌を綺麗に見せることができること、そして重力の影響で全体的に細い身体を撮影できるという、二つのメリットがあります。
立ったまま撮影をすると、どうしても重力に引っ張られて脂肪や贅肉は下に落ちてしまいます。
その一方で、仰向けになると余計な脂肪が下ではなく、背中側に向かうため、立ったままで撮影した時よりも細く見えやすくなるのです。
ベッドの上で撮影する効用は他にもあります。

例えば、横から写真撮影をすると、おっぱいとくびれが綺麗に、そしてセクシーに撮れやすいというメリットがあります。
おっぱいが自慢な女性ほど、ベッドの上での撮影はオススメとなります。

体操座りのメリット

どうしてもお腹に自信がなく、隠したい、そんな時は体操座りの状態で写真撮影をしてみましょう。

体操座りの良いところは、膝でお腹を隠せること、さらに上から撮影するとセクシーな谷間が覗ける点です。
そして、膝でおっぱいを持ち上げることで、よりエロいおっぱいを作れるという特徴があります。
体操座りのポーズで撮影をする時、脚を前に伸ばすと、美脚の美女のような写真を撮ることができます。
体操座りは足フェチな男性からの指名を獲得したい時に役立つポージングです。

さらに、横から撮影をすると、脚のみならずお尻もセクシーに撮影できるため、尻フェチな男性からも悦ばれることでしょう。

四つん這いのメリット

パソコン一見すると風俗嬢の全身が見えるように見えて、実は一番体型を隠しやすいポージングがあります。
それは四つん這いです。

四つん這いのポーズで写真撮影を行うと、まずお腹が見え辛いです。
さらに、前から撮影をすると、体に遮られることで、脚が見え難くなります。
そのため、太り気味で体型が気になる女性や、あまり足に自信のない女性ほど、四つん這いはカムフラージュが効きやすく、尚且つセクシーに見えるポージングとなります。
ソープ嬢に限らず、ネットが発達している今の時代、風俗嬢は出勤しただけでは指名されません。

お客さんはネットを通じて可愛い女性を自宅にいながらであっても検索することができるだけに、魅力的なパネル写真を撮影しておかないと、見向きもされないでしょう。
それだけに、指名を増やそうと思うのであれば、男性の視線を釘づけにするような、魅力的なパネル写真を撮影しましょう。
たとえ顔出しせず、モザイクがかかっていたとしても、ソープ嬢の身体に魅力を感じれば、男性は自ずと指名してしまうものです。