ソープで当欠はデメリットしかない!スケジュール管理は慎重に!

2023年12月14日

SaadiaAMYii / Pixabay

なんとなく怠い、そんな理由でも風俗嬢は仕事を休むことが出来ます。
ただ、どのような理由があるにせよ、当日欠勤だけは避けましょう。
ソープに限らず、風俗店は当欠や無断での欠勤、遅刻に対してかなり厳しいです。

連続して遅刻したり、当欠を繰り返すようであれば、干されるばかりかペナルティとして罰金を請求されたり、クビにされることもあります。

ソープ嬢とシフト

ソープで当欠はデメリットしかない!スケジュール管理は慎重に!ソープ嬢として働くメリットは何も大金を稼げることばかりだけではありません。
毎日朝から晩まで、会社によっては深夜まで残業をする会社員と違い、シフトを自由に組めるため、好きな時間や曜日に働けるという自由性も、ソープ嬢や風俗嬢ならではのメリットと言えます。

ソープ嬢に限らず、風俗店の多くが自由出勤制を採用しています。
それこそ自由に、女性の都合に合わせて働けるため、生理で働けないという日はもちろん、旅行でしばらく働きたくないという理由であっても、シフトを調整することで休むことが可能です。
風俗店は出勤やシフトに関してはかなり風俗嬢の裁量に任される部分があります。
風俗店に対して借金があるなどの事情がある風俗嬢を除き、風俗店側が風俗嬢に対して出勤を強要するということはほとんどないです。

もしも特定の日に出勤させたい場合、日給保証やボーナスを付けるなど、風俗嬢自ら出勤したくなるような利益を提供することはあっても、出勤しろと命令することはないでしょう。
シフトが自由に組めるため、極端なケースですが月に1回だけ働くといったレア出勤も可能です。
その反対に、今月はお金が欲しいので毎日出勤するといった鬼出勤も可能です。
風俗店は基本的に出勤することに対して特に問題視することはありません。

本来なら休日の予定だったけれど、他にやることがないので出勤するといった、急な予定変更に対しても柔軟に対応してくれるものです。
ただ、無店舗型のデリヘルと違い、ソープの場合、働ける個室の数に限りがあるため、その日の出勤の具合次第では、休日に出勤しても働けないかもしれないため、休みの日はそのまま休んでしまった方が良いでしょう。
シフトを自由に組めるというのは風俗店ならではのメリットであり、事前に申告すればシフトを調整し、休むことはできます。
ただし、どんな理由があるにせよ、休むのであれば前もって伝えましょう。

当日欠勤や遅刻だけは絶対に避けましょう。
シフトに関しては基本的に自由な風俗業界ですが、当欠や遅刻に関してはかなり厳しく、一部のソープランドではペナルティとして罰金を請求することがあります。
お店によっては当欠を繰り返す風俗嬢をクビにすることもあるでしょう。

ソープ嬢が当欠するデメリット

もしもソープ嬢が当日欠勤をしてしまった場合、どのようなデメリットが生じるのでしょう?
まず、当日欠勤をするということは、仕事をしないということです。
そして、ソープ嬢は歩合制で働いているため、給料は出ません。
その日は無収入となります。

ただ、ソープ嬢は風俗嬢の中でも特に稼ぎが良い仕事であり、リピーターが多い人気嬢ともなるとたった1日無収入だったとしても、それほど大きなデメリットにはなり辛いです。
なにしろ頑張れば1日で10万円以上稼げる世界なだけに、1日分の給料ならすぐに取り戻せるでしょう。
問題は、お店が当日欠勤や遅刻をした女性を、どのように扱うかです。
ソープ嬢とて完璧ではありません。

時には病気になったり、事故に遭うなど、どうしても出勤できない日もあるでしょう。
そのような当日欠勤するに相応しい理由があり、尚且つ普段は遅刻や当欠をしない真面目なソープ嬢ならば、たまにやる当欠くらいなら許してくれる可能性が高いです。
特にシングルマザーや主婦など、もともと当欠する可能性が高い女性だと面接の時点でわかっている場合、理由次第では当欠しても許されることでしょう。
ただ、許されるのはあくまで、お店側がやむなしと判断できるだけの理由のあるソープ嬢に限られます。

これが普段から遅刻を繰り返す常習犯だったり、特に理由もなく当欠をするような女性だった場合、お店側のソープ嬢に対する評価はかなり低くなります。
一回や二回なら、当欠をしても理由次第では許されるのですが、これが3回、4回と連続して続くようになると、干されるようになるど、ハッキリとしたデメリットが生じるようになります。
ソープ嬢が干されると、たとえ出勤してもお客さんが獲れず、稼げなくなります。
最初は貯金があるため生活の心配はないかもしれませんが、やがて貯金が尽き始めれば、退店を余儀なくされるでしょう。

このように間接的に退店を促すソープ嬢もあれば、当欠をするたびに罰金を請求するお店や、さらにはクビにして即座に退店させるお店もあります。
当欠をしたところでお金は稼げませんし、お店からの評価も下がるだけに、ソープ嬢が当欠をしても何一つメリットはなく、むしろデメリットばかりとなります。

ペナルティが厳しいソープ

注意 マークいくら頻繁に当欠や遅刻を繰り返す常習犯といえど、いきなりクビにしたり、もしくは罰金を請求するといった厳しいペナルティを与えるソープランドは滅多にないです。

大抵の場合、口頭で注意するか、干すなどして間接的に退店を促すケースがほとんどです。
では、どのようなソープランドだと、当欠をするとクビになる恐れがあるのかというと、それは高級店です。
高級店は他の風俗店と違い、お客さんからの信頼を大事にしています。
それだけに、当欠をするようなソープ嬢に対する評価はとても低く、遅刻や当欠をするソープ嬢をペナルティとしてクビにする可能性がかなり高いです。

なにしろ遅刻や当欠をするとソープランド側に損失が発生します。
特に、予約されていたソープ嬢が遅刻したり、当欠をすると、お客さんは予約したのにサービスが受けられないため、重度のクレームに発展する恐れがあります。
お客さんとの信頼を重視している高級店ほど、クレームを深刻に受け止めるものです。
それだけに、遅刻や当欠をしたソープ嬢はクビにされる可能性が高いですし、そもそも遅刻しそうなタイプの女性は面接で落すことが多いです。

どうしても休みたい時

風俗嬢はどうしてもストレスを溜め込みやすい仕事です。
特にソープ嬢の場合、他の風俗店と違って本番などの性病に感染するリスクの高い行為をするだけに、仕事に対するストレスや不安、不満はかなり大きいでしょう。
それだけに、ソープ嬢の中にはストレスが溜まるあまり、どうしても休みたくなることもあるでしょう。

生理でもなく、病気でもなく、怪我をしたわけでもない、ただ心が疲れて休みたい、そんな時はできるだけ早めにスタッフに相談しましょう。
そもそもソープは当日欠勤に厳しいだけであって、休むことに対してはそれほど問題視していません。
あくまで当日欠勤だけは止めて欲しいと思っているだけで、事前に申告してくれるのであればきちんとシフトを調整し、休ませてくれます。
なにより、風俗店にとって風俗嬢は大切な収入源です。

このまま仕事を続けると、ストレスで病んでしまいそうであれば、無理して出勤させようとなんてまず思いません。
そのため、今月はできるだけ休みたいと思うのであれば、事前に申告するなどしてしっかりとスケジュールを管理しましょう。
普通の会社と違って、ソープ嬢は遊びたいからという理由であっても、事前に申告すれば休ませてくれるので、休みたいのであればいくらでも休めます。
ただ、休むとなると収入もなくなるため、大型の連休を取るというのであれば貯金はあるのか、しばらく仕事をせずとも生活できるだけの蓄えはあるのかなど、現在の資産状況もチェックしておきましょう。

休む時はしっかり休みつつ、働く時はしっかりと働いて稼ぐ、そういったメリハリの出来たスケジュールを組むことで、心と体をいたわりながらソープ嬢として働くことができます。
当欠したくなるほどストレスが溜まる前に、自分から休みを申請しましょう。

どうしても当欠する場合

スケジュール表いくらスケジュールを組んだところで、不測の事態というのはいつやってくるかわかりません。

本人にそのつもりがなくても、どうしても当欠せざるを得ない状況に追い込まれた時、どうしたら良いのでしょう?
まず、もともと当欠する可能性が高い女性、例えば小さい子供がいるシングルマザーや、持病や体質が原因で休みがちな女性は、面接の時点でその旨を伝えましょう。
面接の時点で自身の状況を説明し、あらかじめ当欠するかもしれないとお店側に伝えておけば、いざ当欠することになったとしても許してくれるものです。
お店側としてもそのソープ嬢が当欠することを織り込み済みで採用しているので、いざ当欠されたとしても、それほど問題とはなりません。

その一方で、当欠する可能性が高い女性であったにも関わらず、面接でそれを伝えずにいると、かえって逆鱗に触れてしまい、干されるなどの嫌がらせを受ける恐れがあります。
当欠するなら当欠するで、しっかりと面接では伝えておきましょう。
予防線を張ることで、いざという時があっても安心してソープ嬢として働けます。