マットヘルス店(箱ヘル)でも移籍を繰り返す転々虫って稼げる?

2023年12月14日

Pixel_perfect / Pixabay

風俗業界は店舗数に対してスタッフや経営者同士の横の繋がりが非常に強いのです。
その為、マットヘルス店(箱ヘル)を始め、業態を問わず、移籍を繰り返す転々虫はじきに干されるでしょう。
入店直後は、新人割引等のお店側の宣伝のおかげで稼げるかもしれませんが、長い目で見ればすぐに稼げなくなるでしょう。

今回は風俗店の移籍を繰り返す転々虫についての情報を掲載していきます。
どうして風俗店を転々とするのか、という心理についても併せてご紹介していこうかと思いますので、移籍を繰り返す転々虫予備軍の風俗嬢の皆さんは、是非注意深く記事を読んでみてください。

風俗店の移籍を繰り返す転々虫が稼げない理由とは?

スーツケース冒頭でもお話ししたとおり、風俗業界は横の繋がりが非常に強い業界です。

例えば、千葉と東京くらい離れた位置にある他店系列の風俗店だとしても、移籍した後に面接官から「君、○○っていう風俗店にいたんだよね?」と指摘されることがあります。
その為、面接時に、風俗で働いた経験があるのに「未経験です」などと安易に嘘をつかない方がよろしいかと思います。
その嘘は、風俗店同士の横の繋がりですぐにバレますし、バレた後で移籍を繰り返す転々虫だという事実が発覚すれば即刻風俗業界から干されることだってあり得ます。

そもそも、移籍を繰り返す転々虫が稼げない最大の理由は「仕事が長続きしない」というレッテルが貼られてしまうからにほかなりません。
一般職でも言えることではあります。
何をやっても長続きせず、仕事がコロコロ変わる人には誰も信用を置きません。
それは一般職であっても風俗業界であっても同じことなのです。

稼げない時期は、言うなれば一般職で言うところの「残業が多い時期」です。
そんな時に、「給料(お金)にならないからツライ」と言ってすぐに転職されてしまってはお店や企業側からしたら困ってしまいますよね。
なので、移籍を繰り返す転々虫は風俗店から終いには干されるだけというわけです。
結論、移籍を繰り返す転々虫は稼げません。

何で転々虫たちは移籍を繰り返すの?転々虫たちはどんな人?

移籍を繰り返す転々虫たちは、「怠け者」と称される人たちが非常に多いです。

上記に添えたとおり、ちょっと稼げなくてツライと思えばすぐに不平不満ばかりをこぼすような人たちです。
彼女たちは稼げなくなると求人を見る癖が付いています。
そして誇大広告にはまり、面接の予定を組むのです。
応募した風俗店の面接時にも、在籍中または在籍していたお店がいかに稼げなかったかを主張するのですが、それは果たしてお店側だけの責任だろうか、というところまでは考えません。

転々虫たちの性格や勤務態度に見る稼げない理由とは?

パソコンご説明したように、移籍を繰り返す転々虫たちは自己分析や自分磨きを一切しない人たちが多いです。
その為、稼げない理由は単にその風俗店の集客力不足だと考えているのです。
しかし、風俗デフレが続く現在のなかでも、稼ぎ続けている風俗嬢は確実にいます。
それは彼女たちが並々ならぬ努力をして自分磨きをしたり学びを重ねているからなのです。

風俗は基本サービスの内容がみんな同じなので、「どう差別化して指名に繋げればいいのかがわからない」と悩む風俗嬢たちもいますが、稼げる風俗嬢たちは自分を魅せる努力を日々怠りません。
努力の内容は、基本サービスにプラスするようなものではなく、プレイ中にいかにしてお客さんの男心をくすぐり、サービス時間一杯まで楽しんでもらえるかということに焦点を当てているのです。
つまり、自分の魅せ方を知っているからこそ、稼げるのです。
但し、自分の魅せ方を知る為には日頃から美意識を高く持ち、プロポーションの維持や表情づくりに励まなければなりません。

その点においての努力の差が稼げる子と稼げない子の分岐点なのです。
移籍を繰り返す転々虫たちはこの努力を面倒くさがり、最初から最後までお店の宣伝力で「稼がせてもらう」というスタンスでいます。
だから稼げないのです。

転々虫にはなりたくないけれど、在籍中のお店が稼げなさ過ぎて困っている風俗嬢の為の対策

どうしてもお店のコンセプトや希望する容姿に自分がそぐわないと感じた場合、まずは移籍をする1ヶ月前に在籍中の風俗店のスタッフにその旨を相談してみましょう。
そこでスタッフさんが自分を積極的にお客さんへ推薦してくれると言うのであれば、ひとまずフリーのお客さんが自分を本指名に選んでくれるように自分磨きをしましょう。
在籍している間に出来る努力はたくさんあります。

写メ日記をマメに更新すること、在籍写真で自分を魅せること、ムダ毛処理や口臭対策を万全に行い、化粧崩れはこまめに直すように心がけることなどです。
また、お客さんとの対話でしっかりと話を聞いたり、場の空気を壊さないような言葉遣いが出来ているかどうかというのも見直すべき点と言えます。
こうした努力をすべて行った上で稼げないようであれば、しっかりと在籍を削除してもらい、礼節を尽くしてお店を去りましょう。
そして、出来れば少し日にちを置いた上で他の風俗店へ移籍することをおすすめします。

不平不満を爆発させて辞めるようなことだけは絶対にしないべきです。

移籍するお店を選ぶ際に失敗しない求人の見方は?

スーツケース移籍を繰り返す転々虫にはなりたくない、と思っている風俗嬢の皆さんは是非こちらに注目してみてください。
求人広告のなかには、出来もしないサービスやキャンペーンを平気で掲載するものもあります。

誇大広告だ、と文句を言ったところでどうにもなりません。
そこで、移籍をする風俗店の賢い選び方をご紹介します。
まず、求人内容に書かれている保証についてや給料面、各種待遇については一通り面接を受ける前に説明を求めましょう。
そこで面倒くさがって詳細を伝えない風俗店であれば移籍するお店には選ばない方がいいでしょう。

というのも、なかには応募してきた風俗嬢を何がなんでもまずは面接会場へ連れてきて、上手いことを言って入店させようという魂胆を持った風俗店の人間もいるからです。
そんな風に自分たちのメリットばかりを尊重するようなお店では確実にいやな思いをしますし、嘘もつかれます。
ですので、まずは移籍を希望する応募先へ詳細を伝えてもらうか、掲載内容が事実であるかどうかの確認をとることをおすすめします。
よくある事例として、「保証確約します!」と謳っている求人広告がありますが、これは誰に対してでもというわけではなく、一部の稼ぐ子や稼ぐ見込みのある子にしか付けない特典である場合が非常に多いのです。

メールで問い合わせるよりも、電話で問い合わせて事実確認を行った方が、相手の声色や口調などで真意が図りやすいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、「マットヘルス店(箱ヘル)でも移籍を繰り返す転々虫って稼げる?」というテーマで解説をさせていただきましたが、結論は稼げません。
その理由が一般職、風俗店を問わず「仕事が長続きしなさそうだから」ということにあるのは、当然といえば当然でしょう。
たしかに、在籍中の風俗店が職務怠慢でなかなか集客出来ないというのも事実かもしれませんが、それだけが稼げない原因だとすれば、その風俗嬢は他店で早々に稼げているはずです。
転々虫になるほどに稼げないということは、自分への見直しが必要ということ以外には考えられないのです。