マットヘルスのお客さんをNG客にする時はどんな事された時?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

風俗で働いていてどうしてもサービスをするのが嫌なお客さんや、迷惑なことをしてくるお客さんに対してはNGにする事があります。
マットヘルスでもそんな迷惑なお客さんに出会うこともあり、その内容は他のヘルスと変わらないものだけではなくマットヘルス特有な迷惑なお客さんも存在します。
この記事ではマットヘルスのお客さんをNG客にするのはどんなことをされた時なのかについてご紹介します。

マットヘルスで嫌な客にあったらNGにしよう

風俗嬢として働いていると、嫌なお客さんや迷惑なお客さんと出会うことは決して珍しくありません。

そんなお客さんに対してはNGにして接客しないで進むようにする権利が風俗嬢にはあります。
ただNGにしたくなるようなお客さんと言うのは基本的には何度も通ってきていて、場合によっては太客といってもいいくらい稼がせてもらっていることもあり、NGにしようか迷ってしまうという風俗嬢は多いようです。
もちろん初めて接客をしてみてその時点でもう二度と接客したくないと感じたのであれば迷うことなくNGにしてしまいましょう。
太客をNGにすることには抵抗があるという風俗嬢も多いと思いますが、自分の稼ぎたい金額とその客さんが使ってくれる金額を天秤にかけて、我慢できないようであればNGにしてしまうことをお勧めします。

天秤風俗のお仕事は基本的に非常にストレスが溜まりやすく、ストレスが溜まり過ぎてしまうとお仕事をするのが嫌になったり体調が悪くなってしまう可能性もあります。
指名をしてくれるお客さんを確保しておくことは重要ですか、それ以上に重要なのは自分の健康に気をつけて長期的にしっかりと働けるようにコントロールすることです。
たとえ太客を一人失ったとしても、その代わりしっかりと出勤して働けばすぐにその分は取り返すことができるのです。
キモ客から予約が入っていることを見るだけでテンションが下がってしまうような状態は精神衛生上とてもよろしくありません。

とはいえ接客をしていてある程度嫌な気持ちになるのは仕方がない部分もあるので、自分の中で目安を決めてこの記事で紹介するような行為をされた場合はNGにするなどと判定ラインを決めておきましょう。

どんなお客さんをNGにする?

実際にマットヘルス嬢がNGにするお客さんの行為などは以下の様なものがあります。

本番強要

当然ながらマットヘルスはヘルス店ですので本番行為は禁止です。
これについてはデリヘルやホテヘルなどと変わらず、本番強要してきた時点ですぐにNGにしましょう。

中には本番をすることによって指名を稼いでいる風俗嬢もいますが、マットプレイが出来るマットヘルスで本番をするということはソープで働くということと何も変わりはありません。
当然ながらソープの方がお客さんが支払う料金が高く、風俗嬢へのバッグも高いので、どうせ本番をするくらいならソープで働くことをお勧めします。

体が合わない

マットヘルス特有のサービスとしてマットプレイがあります。
マットプレイはローションをぬって全身でお客さんをマッサージするサービスなのですが、どうしてもお客さんと体の相性が合わなければ骨がぶつかって体がとても痛くなってしまうということが起きます。

マットヘルス嬢として働き始めればわかることですが、マットプレイは非常に肉体的負担が大きく筋肉痛や体の痛みに悩まされている風俗嬢がたくさんいます。
そういう意味では普通のヘルスよりもマットヘルスの方がさらに体が資本と言えます。
だからこそ体が痛くなってしまい次のお客さんや翌日の接客に影響が出てしまうようであれば、嫌なお客さんではなかったとしてもNGにしてしまうのもマットヘルス嬢として長期的に働くためには必要な措置となります。

暴言

メガホン風俗嬢に対して暴言を吐いてくるようなお客さんは即NGにしましょう。

風俗嬢に対して暴言を吐いてくるような男性は基本的にどうしようもない人間で怒りやすく、よりエスカレートすると暴力をふるってきたりする可能性すらあるので注意しましょう。

説教がしつこい

マットヘルスに来るお客さんは普通のヘルスのプレイではなく、マットプレイを楽しみたいと言う気持ちを持っています。
射精よりもマットプレイをすること自体がメインになっているお客さんも多く、ソープなどでマットプレイを何度も体験している方もたくさんあります。
だからこそマットプレイに対してこだわりが強く、「もっとこうこうしろ」などと説教してくるお客さんもいるのです。

もちろんそういうお客さんの説教の中には勉強になる部分もあり、ある程度言うことを聞いて行ってみることになって自分のテクニックが向上することもあります。
とはいえ何をやっても文句を言ってくるような説教好きなお客さんも多いため、めんどくさいと感じたらストレスになる前にNGにしてしまいましょう。

ガジマン

普通のヘルスと同じように、風俗嬢の膣を激しく手マンしてくるようなお客さんもいます。
特にマットヘルスの場合ローションを使っているため、風俗嬢がすごく濡れていると勘違いして激しく責めてくるお客さんがいます。

また、またローションのおかげで非常にあそこが滑らかになっていますので、その分お客さんも調子に乗ってしまい激しく動かしてくることがあるのです。
ガシガシと手マンをされると膣が傷ついてしまい苦しむことになるため、まずは「もう少し優しくしてください」などと軽く牽制をした上で、それでもやめないようであればNGにしましょう。

くさい

マットプレイは体を密着させて行うサービスです。
その分お客さんの匂いを感じる場面も多く、どうしても嫌な臭いを発するお客さんと出逢ってしまう可能性も高まります。

匂いについては少しだけ香りがあるローションを使ってカバーできる可能性もありますので、匂いに敏感な風俗嬢の方は香りがあるローション使ってみるのも良いでしょう。
それでも我慢できない様な臭いのお客さんに対しては、遠慮することなくNGにしましょう。

足舐め

足 男性マットプレイのテクニックとしてお客さんの足を舐めたり体を使って刺激をするプレイがあります。
特に足舐めについては、足の裏だけではなく指の間なども舐めることによってお客さんの満足感は非常に高まりますが、やはり足は人間の体の部位でもかなり汚い印象があるので抵抗があるという風俗嬢は多いです。

だからこそ足舐めをすることによってお客さんの心をつかんで指名を取ることも可能なのですが、どうしても無理であれば足舐め自体をNGにしてしまいましょう。
それでもものすごく足が汚かったり水虫っぽい感じのお客さんが足舐めを強要してくる場合にはNGにしてしまいましょう。

アナル舐め

アナル舐めもマットプレイにおいてはお客さんの心を掴みやすいプレイの一つです。
ローションを塗ってあるのでお尻の穴の匂いや味はあまり感じないというメリットはありますが、それでも抵抗がある場合にはアナル舐めをNGにしましょう。

人によってはアナル舐め自体はNGじゃないけど、どうしても特定のお客さんだけはキモいと感じてしまいアナル舐めをしたくないけど求めてくるということもありますので、そういう時にはお客さんをNGにしてしまいましょう。

まとめ

マットヘルスのお客さんをNG客にするのはどんなことをされた時なのかについてご紹介しました。
本番強要など普通のヘルスで発生する可能性があるNG内容もありますが、足舐めアナル舐めなどマットヘルスだからこそNGにしたくなるようなプレイもあるので、自分には合わないと感じたお客さんに対しては変にストレスを溜め込むくらいならばすぐにNGにしてしまった方が気持ちが楽になるでしょう。