店舗型マットヘルスでレズビアン専門の風俗店はありますか?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

この頃は同性愛に対する関心が高まりを見せつつあります。
特にゲイの男性カップルが注目されていますが、それに負けず劣らずの魅力を持っているのがレズビアンになります。
店舗型のマットヘルスでレズ専門店というのはあるのでしょうか?

自分自身興味が合って頑張ってみたいと考えている女の子にとっては気になることでしょう。
また、デリヘルなどの無店舗型の場合どうなのかという事にも迫りましたので、興味深く読んでいただきたいです。

店舗型に関しては皆無に等しい

店舗型マットヘルスでレズビアン専門の風俗店はありますか?全ての風俗店をチェックした訳ではありませんが、基本的に店舗型のレズビアン専門店はないと考えて頂いて構いません。
もしかしたら、一軒か二軒あるかも知れませんが、せいぜいその程度といった所です。
これはやはり需要と供給のバランスが大きく関係しています。
相当な人数のレズが存在していればそういったビジネスも成立するのですが、現実問題としてそこまでの人数がいる訳ではありません。

非常にマニアックな存在という事になるでしょう。
また、店舗型ならではのデメリットも存在しています。
それはお店に入る瞬間を他の人達に見られてしまう可能性があるという事です。
これがラブホテルなら心配は要りません。

彼氏が後からやって来るのかなと周囲に思われるからです。
しかし、レズ専門店という事になると、周りから見れば確実に知られてしまう事になります。
実際の所それ程周りの人は注目していませんが、入りづらくなってしまうのは間違いないところでしょう。
これは風俗店経営サイドからすると大きな問題になります。

よってビジネスとして成立しなくなってしまう訳です。
ただ、専門店という看板を掲げていなかったとしても、個別の女の子の要求に応えてくれる事は考えられます。
これについてはお店側に問い合わせをしておくと良いでしょう。
もしかしたら女の人の利用でも大丈夫ですよと言ってくれるかも知れません。

皆さんとしてもそういったお客さんが来てくれると嬉しいのではないでしょうか?
男性と女性を比べると、どちらかというと女性の方が扱いやすいです。
男の人は本番強要などがあるので、ある程度警戒しなくてはいけませんが、女の人はその様な心配をせずに済みます。
安心して接客をする事が出来るという事になるでしょう。

今はまだメジャーな存在ではありませんが、これから店舗型の風俗店でもレズ専門店が増加する事が考えられます。
今後の風俗業界がどう変化するか分かりませんが、何れにしてもこれからに期待といった所になります。

無店舗型はレズ系の専門店が多い

目店舗型に関しては以上の様な感じですが、それと対照的になっているのが無店舗型のお店になります。
数に関してはそれ程多い訳ではありませんが、着実に店舗数を増やしているのが現状です。
これは皆さんとしても有り難いのではないでしょうか?
探して頂ければ皆様が住んでいる地域の直ぐ近くにもある事が理解出来るはずです。

どうして無店舗型の場合、レズ系のお店が増えるのかですが、やはりそれは匿名性があるからという事になります。
ホテルに女の子がやって来るわけですけど、誰とプレイしているのかは傍からは全く分かりません。
店舗型の場合はそういう具合には行きません。
まずお店に行くまでの間に他の人にその姿を見られてしまいますし、それに加えて店員さんに誰を指名したのかというのを知られてしまいます。

これはやはりプライバシーの面でどうしても気になってしまうでしょう。
レズへの偏見も少なからずありますから、それを防ぎたいと考えるのも当然です。
皆さんがノンケなのかレズなのか、或いはバイセクシャルかというのは分かりませんが、何れにしても働きやすい環境が整えられつつあります。
選択肢は少ないより多い方が圧倒的に良いという事になるでしょう。

働く際ですが、ネコ・タチ・バリを意識して頂くとスムーズにいきます。
これは攻めか受け身かという事を示した言葉になります。
お客さん側からこの様な言葉が発せられた際、直ぐに意味が理解出来る様に予め調べておいてください。
ちなみに無店舗型ですので、マットヘルスではないと思われているかも知れませんが、そうではありません。

マットは空気を入れて使用するものですから、折り畳んで持ち運ぶことが可能です。
ですのでマットヘルスプレイが出来るというお店が少なくありません。
あのヌルヌルした感触を女の子と一緒に楽しみたいと考えているなら、そういう意味では都合が良いでしょう。
ただ、お店によってマットが無い事も少なくないので、その辺りは見極める必要があります。

未経験者でも安心してレズプレイが出来る

一般に風俗求人では「未経験の女性でも安心して働く事ができます」と強調しています。
でも、レズ専門店のキャストの場合は例外なのでは?

と感じられたかも知れません。
何となくその様な感じもしますが、特にそういった事は無いので気にせず面接にお越しください。
お店の性質上店長も女性だったりします。
もし、個人的にその人が好みなのであれば関係を持っても良いでしょう。

同じ性癖の人が集まっているので、プライベートでの関係もできやすいです。
初心者の新人の女の子は稼げなさそうな気もしますけど、特にそういった事は無いです。
むしろ未経験だからこそ、その女の子と楽しんでみたいと考えているお客さんが沢山います。
まだ誰にも手をつけられていない存在と楽しんでみたいという人は多いです。

下手な接客というのも見方を変えれば初々しさになります。
この辺りを接客的に活かして行くようにしましょう。
ブログなんかで新人アピールをしておくのも有効な方法の1つになります。
プレイですが、キスの仕方が重要になります。

男性の様に分かりやすいシンボルがありませんから、それ以外のテクニックが重視されるわけです。
ねちっこく絡みつくようなキスを心がけるようにしてください。
お手本にしていただきたいのはやはりアダルトビデオになるでしょう。
プレイ時間の半分くらいがキスをする時間になる事も考えられますので、それは理解しておいてください。

キスが苦手なタイプの女の子だと大変という事なります。
この他、面白いプレイとして鑑賞コースというのも用意されています。
Nothing同じお店の女の子ですとか、お客さんと一緒にプレイをして、それをもう1人のお客さんに見せつけるというものです。
羞恥プレイの一環になる訳です。

お客さんと絡む場合は別ですが、お店の女の子の場合なら性病になる確率を劇的に下げることができます。
こういったプレイが得意だとアピールしておけば、病気になるリスクをかなり減らすことが出来るでしょう。

働くとすればデリヘル一択になる

残念ながら店舗型のレズ専門店は殆どありません。
主流となっているのは無店舗型のデリヘル店になります。
最近需要が伸びてきているとは言っても、まだまだ数的に多いとは言えないので、この様な働き方が主流になっている訳です。
元々自分がレズビアンだというのでしたら、仕事の方も存分に楽しむ事が出来るでしょう。

特に関心が無い場合であったとしても、仕事そのものはやれますのでご安心ください。
男性の肌とは違ってスベスベしていますから触り心地も良いという特徴があります。
最初は特に同性愛ではなかったけれど、続けている内にノンケを卒業してしまう例も珍しくないです。
皆さんも興味があれば、こういった風俗で働いてみてください。