デリヘルの嘘求人を見破る為に絶対に確認すべき質問をまとめました

2023年12月14日

geralt / Pixabay

デリヘルはお店は探している風俗嬢にとって魅力的なお店に見えるように、求人サイトなどでお給料や待遇など様々な面で自分のお店をアピールしています。
しかし残念ながら風俗店の求人情報というのは誇大宣伝や嘘求人もたくさんあります。
この記事ではデリヘルの嘘求人や誇大宣伝でよくある例と、それを見破るための面接での質問内容をご紹介します。

デリヘルの求人は嘘が多い?

風俗店の求人は嘘が非常に多いと言われています。

残念ながら業界全体として嘘をつくことが一般的に浸透してしまっているため、求人サイトを見てすべて本当のことしか書いていないようなお店はほとんどないと理解しておきましょう。
偽とはいえなんとなく「これぐらいまでならよくある嘘」というような基準はあるので、あらかじめそのことについてしっかりと理解していれば求人情報の内容を全て信じてしまって、後から裏切られた気分になるようなこともありません。
逆に言えばしっかりと経営していて風俗嬢に対しても悪質なことをしないような優良店であっても、ある程度の誇大宣伝はしているということです。
気を付けなければいけないのは求人情報に書いてある内容が嘘だらけで、女性を騙して働かせようとしているような悪質なお店です。

たくさんのお店を経営している大手のグループ店の場合には常識を超えた嘘が書かれている可能性は非常に低いのですが、個人経営のお店の場合には求人情報に書いてある内容は全て嘘で風俗嬢を削除しようとしているようなお店もあります。
そのような悪質な個人店の場合長期的な営業をしている可能性が低く、次々とお店の名前や位置を変えてお客さんからぼったくり風俗嬢を搾取していることが多いようです。
そのため、自分が働こうと考えているお店についてインターネット上で検索してみても全く情報が載っていないような場合は特に気をつけてください。
特に出稼ぎなどで地方に行く場合、出稼ぎに行ってしまえばその時点で交通費や宿泊費がかかっているため、求人情報と現実が違ったとしても仕方なく働かざるをえない状況に追い込まれることもあります。

出稼ぎに行く場合には、同じ風俗業界の女性やお店のスタッフ、インターネット上の情報を調べてみてしっかりと経営しているという実績があるお店を選ぶようにしましょう。

デリヘルでよくある嘘求人の例

実際にデリヘルでよくある誇大宣伝はそのほとんどがお給料に関連した内容です。

給料のバック率について

パーセント多くの風俗嬢にとってお店選びの最大の基準となるのはお給料です。
当然お店もそのことはよくわかっていますので、他の条件が悪かったとしてもお給料が高いということで女性をたくさん集めようとします。

一般的にデリヘルの場合風俗嬢のお給料は完全歩合制になっていて、お客さんが支払った金額のうち50%から60%程度がバックされます。
当然50%よりもバック率が低いというようなお店はそもそも稼げないので避けた方が無難ですし、逆に「バック率70%以上」などあまりにも高すぎる設定になっているお店も気をつけなくてはいけません。
普通に経営しているデリヘルはほぼすべてと言っていいくらいの店が50%から60%のバック率に設定しているのですから、わざわざバック率は70%にしてしまうとお店が損をするだけです。
それにもかかわらず高すぎるバック率を求人情報にのせている場合は、とにかく女性を騙して働かせてしまうという考えがあるということです。

保証

デリヘルの場合基本的には歩合給となっているためお客さんに着くことが出来なければお給料は0円ということになるのですが、保証日給を設定しているお店もあります。
保証日給と言うのは出勤さえすれば最低でもこれぐらいの金額は絶対にもらえるというシステムです。
求人サイトなどでは「大○枚以上」というように、具体的な金額を保証日給として提示しているお店が多いのですが、よほどの高級店ではない限り大体この金額が3万円以上のお店には気をつけましょう。
なぜなら風俗嬢がお客さんに着くことが出来なければ当然お店の利益も0円です。

それにもかかわらず風俗嬢にお金を支給していてはお店の経営がうまくいくわけがありません。
逆に言えば保証日給と言うのは、お店にとっては「風俗嬢が1日出勤すれば最低でも何人くらいはお客さんがくるからこれぐらいの金額は稼げる」と言う計算があってこそ成り立つものです。
だからお店にとっては本当に保証日給を支払わなくてはいけないようなケースはまれだということです。
つまり保証日給として設定されている金額は、風俗嬢がそのお店に1日出勤すれば稼げるであろう金額より低いということです。

普通のランクのお店であればお客さん一人に着けばだいたい10,000円前後稼げる計算になります。
繁華街にあるお店や人気店であれば1日に3人以上のお客さんにつくこともありますが、デリヘル普通は1人か2人つければ十分だと言われています。
そう考えれば普通のランクのお店の風俗嬢の保証日給は10,000円~20,000円程度が目安だとわかります。

振替店

実際には在籍していない女性の写真をホームページに載せて、お客さんからコールが来たら別の女性を送り込むお店の事を振替店と呼びます。

風俗の求人の中にはこのような店もあるので、特に自分の年齢や可愛さスタイルなどと比較してあまりにも相場より高いお給料を提示しているお店の場合振替店であるかどうかを警戒しましょう。
振替店はお客さんを騙してとにかく女性を派遣してしまってお金さえ取れれば、その後継続して指名がとれなくても構わないという経営方針になっています。
その結果お客さんとのトラブルも非常に多くなり、風俗嬢がそれに巻き込まれてしまう可能性もあります。

嘘求人のこともしっておこう

風俗の求人サイトに載っている求人情報の中には、そもそも求人自体まるごとウソである場合があります。

このような求人は嘘求人やダミー求人と呼ばれています。
嘘求人で多いのはオナクラなど性的な接触が無いようなお店で魅力的なお給料や待遇を提示してを女性を集めた上で、結局は面接の際に上手く丸め込んでデリヘルやピンサロなどに送り込むという手法です。
デリヘルという求人だったのに、ソープやピンサロに送り込まれることもあります。
このような悪質な手法で女性を集めている場合、送り込まれるお店も非常に質が悪く、本番など過剰なサービスを求められたり、極端なノルマや罰金制度でお給料も少ないことが珍しくありません。

もし面接などを受けてみて嘘求人であることを発覚した場合には、どれほど面接官が魅力的なことを言っていたとしても100%悪質な扱いを受けると言うことを理解しておきましょう。
ですから嘘求人だと見破った時点で何を言われたとしても絶対にそのようなお店で働いてはいけません。

デリヘルで嘘求人を見破るための質問例

実際に誇大宣伝や嘘求人に騙されないための質問をご紹介します。

お給料と保証について

面接の際には、「バック率・指名バック・オプションバックはいくらですか?とはっきり数字で確認しておきましょう。
また、「保証日給が支払われる条件はどういうものですか?」と質問をすれば大抵の場合、出勤時間や月の指名数などの条件があるということがわかります。
その上で「では月に○日計●時間出勤して、▲▲という条件を満たしていれば保証日給が■万円出ると言うことですね」と言葉で確認しておきましょう。

振替店に在籍しないように気をつける

基本的に振替店かどうかは、面接よりも前にインターネット上で利用客の口コミで調べることでできます。
パソコン男性の口コミを調べてみて「写真と全然違った」というような内容であればプロフィール写真が修正されているだけですので気にする必要はありませんが、「全く別の女性が来た」というような口コミが複数見受けられる場合には振替店である可能性が非常に高いため、そのお店で働くことは避けましょう。

嘘求人かどうか

お給料や待遇など条件が良すぎる場合には嘘求人の可能性も疑っておきましょう。
そのような場合には面接の際に申し込みしたお店とは違う場所に行くように指定されるなど、不自然なことを言われることが多いです。

そのような場合には「私はオナクラ/デリヘルだと思って応募したんですけど違うんですか?」とはっきり聞いてしまうのが良いでしょう。

まとめ

デリヘルの嘘求人や誇大宣伝でよくある例と、それを見破るための面接での質問内容をご紹介しました。
基本的にデリヘルの求人情報に載っているお給料が相場よりも高すぎると感じた場合には、誇大宣伝や嘘求人の可能性を疑いましょう。

その際には面接でこの記事で紹介したような質問をして、求人情報に嘘がないかしっかり確認することをお勧めします。