デリヘル嬢の為のテクニック集。~会話・プレイ編~

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

デリヘル嬢としてガッツリ稼ぐためにはお客さんの指名をたくさん取らなくてはいけません。
しかしなんとなく適当にお客さんと接しているだけではお客様満足させることは非常に難しいので人気嬢になることはできないのです。
この記事ではデリヘル嬢が指名を取るためのテクニック集を会話とプレイに分けてご紹介します。

デリヘル嬢が指名を取るために必要なこと

風俗業界は普通のお仕事よりもはるかにたくさんお金を稼ぐことができるお仕事と言われていますが、誰でも簡単に稼ぐことができるわけではありません。

デリヘル嬢として稼ぐためにはお客さんからたくさん指名をとって人気嬢にならなくてはいけません。
お客さんから指名を取るために重要なことは、「またこの子に会いたい」とお客さんに思わせることです。
矢印 繰り返しそのために必要なことは顔のかわいさ、若さだけではありません。
指名を取れるランカー嬢になるためにぜひ覚えておいていただきたいのは、お客さんはただ射精をするためだけにデリヘル嬢を呼ぶわけではないということです。

ただ射精をしたいだけならばお客さんはオナニーをするだけでも十分なのです。
それなのにわざわざお金と時間をかけてデリヘル嬢を呼ぶということは、オナニーでは得られないような体験をしたいと考えているからです。
だからデリヘル嬢がお客さんから指名をたくさん取るためには、とにかく手コキやフェラを頑張って射精させれば良いというわけではありません。
プレイ以外の会話でもお客さんを楽しませなければいけませんし、もちろんプレイも頑張ってお客さんの気持ちを掴まなくてはいけません。

指名を取るためのテクニック集~会話編~

まずは指名を取るために有効な会話のテクニックをご紹介します。

笑顔

まずお客さんと会話をする時には笑顔でいることを意識しましょう。
どうしても初めてのお客さんと接する時には緊張してしまい顔がこわばってしまうという方もいると思いますが、風俗嬢が不機嫌な顔をしているとお客さんはそれだけでテンションが下がってしまいます。
逆に笑顔で接することによって、お客さんは「自分を受け入れてくれている」と感じるため風俗嬢に対して好印象を持ちやすくなります。

笑顔を作ることが苦手だという方は、お客さんに会う時には口角を少し上げることを意識してみましょう。

たくさん喋ってもらうことを意識する

普通の男女の会話では基本的に女性の方が長く話していることが多いと言われています。
しかしデリヘルでお客さんと会話をする時には、出来る限り自分のことを話すのは短くして、お客さんにたくさん喋ってもらうことを意識しましょう。
基本的にお客さんは風俗嬢に自分の話をたくさん聞いて欲しいと考えていますし、普段の生活では言えないような悩みや相談を打ち明けることによって風俗嬢に対して親近感を感じることもあります。

ただし、自分が話すことがあまり得意ではないと言うお客さんもいますので、そのような場合には出来る限り自分が積極的に話すことも重要です。

あいづち

お客さんにたくさん話してもらうために重要なことはあいづちをしっかりとうつことです。
あいづちをうつときに意識して欲しいことは、お客さんの言うことを否定せず、何かを教えてもらっているというような意識を持つことです。
どういう風にあいづちを打てば良いのか分からないと言う女性の場合、テンション高めに「へー」「そうなんですね」「知らなかった」「すごいですね」などお客さんを持ち上げることを意識しましょう。

あまり関心がないようなテンションで「ふーん」などとあいづちを打ってはいけません。

オーバーリアクション

女性 ジェスチャー相手の話を引き出すためにはオーバーリアクションも重要です。
正直なところを客さんが話す内容に強い興味を持つような風俗嬢ほとんどいないと思いますが、人間は自分の話をしっかり聞いてくれている人に対してはどんどん話をしたくなる生き物です。
また、女性に対して見栄を張りたがる生き物なので、話の内容は大体「自分は辛いけど頑張っている」「周りを認めてくれないけれど自分はすごい」というような自虐や自慢が多いでしょう。

それに対して否定するような言葉を吐くのは絶対にNGで、「私はあなたをすごいと感じている」ことをアピールしましょう。

ほめる

風俗に来るお客さんに対しては、とにかく何でも褒めることも有効です。
例えば服装に気を使っているように見える男性であれば「おしゃれですね」と褒めてあげましょう。
見た目で褒める場所が見当たらないお客さんであっても「優しいですね」などと内面を褒めるようにしましょう。

風俗に来る男性と言うのは基本的にプライベートで女性との接点がないということですから、女性から褒めて貰う機会があまりありません。
そんな男性は少しの褒め言葉でもすぐにうれしくなって、「また話を聞いて欲しい」と感じてくれて指名につながります。

指名をとるためのテクニック集~プレイ編~

次に、プレイでお客さんの心を掴み指名につなげるためのテクニック集をご紹介します。

オーバーリアクション

まず最初に覚えておいていただきたいこととして、男性は「自分はテクニックがあって気持ちよくさせることができる」と思いたがる生き物だということです。

この欲求を満たしてあげることがプレイにおいては最も重要です。
ですから、お客さんが攻めてきている時には感じている演技をしましょう。
感じている演技のポイントとしては声を出すと言うことはだいたいどなたもやっていると思いますが、お客さんの腕を掴んだりシーツを握るなど細かな動きをすることによってリアリティを高めてお客さんを上手に騙すことができます。
しかし残念ながら男性の中にはAVの影響などで、非常に下手くそな方もたくさんいます。

特にガシガシと手マンをしたり、強く乳首を噛むなど痛いことをしてくるお客さんも多いでしょう。
そのような場合に「痛い」とか「やめて」とか言ってしまうと男性のテンションが一気に下がってしまいます。
男性の気分を害さずに乱暴な行為をやめさせるためには「私こういう風にされると気持ちいいんです」など、プラスの表現を使ってお客さんをうまく誘導しましょう。
そして自分の誘導に従って男性が上手に攻めてきてくれた時には、オーバーリアクションで感じているふりをすることによって、お客さんのテンションを高めることもできます。

キスをたくさんする

プレイをしている最中にはキスをたくさんするの非常に有効です。
普通にプレイをしていてもキスをするものですが、その回数を今よりももっと増やしてみましょう。
お客さんはたくさんキスをされると風俗嬢が本気で気持ちよくなっていて楽しんでくれていると錯覚します。
そうやって風俗嬢にとって自分が特別だるとお客さんに勘違いをさせることができれば、あっという間に次の指名も決まるでしょう。

フェラ

デリヘルであればフェラは当然のプレイの流れで行われますが、ただ口にくわえて上下に動かすだけでは他の風俗嬢に差をつけることができません。
フェラをする時にはいきなり口に咥えて上下に動かすのではなく、舌を使ってアイスクリームをなめるように男性器を攻めていきましょう。
舐める アイスまたさおだけではなく玉を舐めると、お客さんは普通では味わうことができない体験をすることができるため非常に有効です。
可能であればアナル舐めも行いましょう。

実はアナルは神経が集まっている場所なので、アナル舐めをしてほしいと言ってこない男性であっても、せめてみると感じるという方も非常に多いのです。
デリヘルでアナル舐めをする風俗嬢は決して多くありませんので、アナル舐めをしてくれるという理由だけで指名をしてくれるお客さんもいます。

まとめ

デリヘル嬢が指名を取るためのテクニック集を会話とプレイに分けてご紹介しました。
指名を取るためにどんなことをすれば良いのかなと悩んでいる女性は、ぜひこの記事を参考に会話とプレイでお客さんを満足させる様に意識してみてください。