デリヘルの入店祝い金って入店したらすぐにもらえますか?

2023年12月14日

PaliGraficas / Pixabay

待遇の良いデリヘルのお店の中には、入店した女性に対して祝い金という形で現金を支給してくれる風俗店があります。
このような入店祝い金のある風俗求人に応募することで、普通のアルバイトで稼げる以上の給料が得られるため、少しでも稼げる金額を増やしたい女性ほど入店祝い金ありの風俗求人はオススメとなります。

デリヘルの入店祝い金

デリヘルの仕事は普通のアルバイトと違い、短期間で大金が稼げるといった特徴こそありますが、その一方で世間体が悪いなどのデメリットがあります。
封筒いくら給料の額が良かったとしても、世間体が悪いとそれだけで女性の求職者から敬遠されてしまうだけに、風俗店の中には出来るだけ沢山の女性に応募してもらえるように、給料の良さだけでなく、待遇の良さもアピールするお店もあります。
風俗求人でよく見かける入店祝い金も、そんな女性の求職者に応募してもらうための、風俗店側が用意している魅力的な待遇の一つです。

基本的に歩合制であることが一般的なデリヘルの世界ですが、風俗店の中には日給保証の制度を設けるなど、給料を保証してくれるお店があります。
ただ、日給保証と違い、入店祝い金の場合、風俗店に入店した女性を対象としているため、一見すると非常に緩い条件で現金が支給されるようにも見えます。
しかし、実際にはそんな事はなく、入店祝い金にも支給されるにあたりそれ相応の条件が課されます。
この条件をクリアしない限り、入店祝い金は支給してもらえませんので、風俗求人に応募する際にはどのよな条件なのかをしっかり面接時に確認しておきましょう。

入店祝い金の条件

入店祝い金が用意されている風俗求人に応募するにあたり、現金を支給してもらうためには風俗店側が課す条件を達成する必要があるのですが、それは一体どのような条件なのでしょう?
入店祝い金の条件は出勤に関するものが多いです。
例えば、月10勤務、月20勤務など、1ヶ月あたりの出勤数を指定されることがあります。

他にも入店後は3日間連勤して欲しい、週末は連勤して欲しいなど、特定の期間に連勤することを条件にすることもあります。
風俗店によっては出勤した日数よりも本指名の数を条件にすることもあります。
例えば本指名を3本取れたら入店祝い金を支給するといったケースの場合、折角入店しても本指名を獲らない限り入店祝い金は貰えません。
他にも、入店してから3日間出勤する毎に5千円支給する、5日間出勤する毎に1万円支給するなど、入店祝い金を分割し、特定の日数が経過する毎に少しずつ支給するお店もあります。

このように条件が厳しい風俗店がある一方で、雑誌の取材やWEBサイトで顔出しするだけで入店祝い金を支給するなど、条件が緩いお店もあります。
入店祝い金は基本的にこれらの条件をクリアして初めて支給される現金です。
入店して無条件ですぐに支給されることはありません。
なにしろ、入店祝い金を無条件で支給してしまった場合、下手すれば風俗嬢に逃げられ、お店側が損を被る恐れがあります。

そのような被害を防ぐためにも、入店祝い金の支給に関しては条件が設けられていることがほとんどです。
そのため、条件に関しては風俗求人や、面接を受ける際に確認しておく必要があります。

祝い金の金額

お金 袋デリヘルの入店祝い金の支給額は、風俗店によってそれぞれ異なります。
大手のような待遇の良いお店ほど入店祝い金の支給額は高額になるものです。
一般的な入店祝い金の額といえば、5万円から10万円ほどとなります。
ただ、待遇の良い風俗店によっては、入店祝い金として100万円以上の現金を支給してくれることもあります。

東京や大阪のような人口が多く、デリヘル店が繁盛しやすい都会の風俗求人をチェックすると、そのような高額の入店祝い金を用意してくれる風俗店を見つけることが出来ます。

入店祝い金を貰った後に辞めた場合

条件こそありますが、それさえ達成すれば入店祝い金が貰えることに違いはありません。
付け加えて言うなら、風俗店が課す条件の難易度はそれほど高くはありません。

月10勤務や月20勤務といった条件は、それほど難しい条件ではないでしょう。
連勤が条件だったとしても、サボらずに出勤すればすぐに条件をクリアすることが出来ます。
では、風俗店が課した条件をクリアし、いざ入店祝い金が支給された場合、そのまま風俗店を辞めてしまっても問題はないのでしょうか?
まず、ルール上、風俗嬢がいつお店を辞めようとも、その女性の自由です。

たとえ入店祝い金をもらった直後であっても、辞めることは可能です。
ただし、一回だけならいざ知らず、入店祝い金を貰った後にすぐに風俗店を辞めるといった行為を何度も連続して繰り返していると、やがてその噂が風俗業界に伝わり、最終的には面接を受けても採用されなくなるかもしれません。
風俗店側としても、すぐに辞めてしまう女性を採用したいとは思わないでしょう。
入店祝い金目当てとはいえ、現金が支給されてからすぐに辞めるといった行為は避けた方が賢明でしょう。

そんなことをしても風俗業界に悪い噂が流れるだけで、女性本人には何のメリットもありません。
よほど特別な事情が無い限り、入店祝い金が支給された後であっても、しばらくは仕事を続けた方が余計なトラブルもなく、スムーズに辞められます。

面接時に確認すること

クリップボード風俗求人の中には時に、入店祝い金として100万円以上の現金を支給することがあります。

しかし、その待遇は果たして本当なのでしょうか?
残念ながら、高額の入店祝い金を用意する風俗求人の中には時に、嘘の求人広告が紛れていることがあります。
このような嘘の求人広告に引っかかると、もらえると思っていたのに入店祝い金が貰えないばかりか、やりたくもないデリヘルの仕事を強要させられるなどの、被害を受ける恐れがあります。
そのため、高額の入店祝い金を用意するなど、待遇が良すぎる風俗求人に応募する際には、しっかり面接時に質問し、この求人内容に嘘や偽りはないのか、詐欺ではないのかなど、細かく確認しておく必要があります。

では、具体的に面接時、何を確認すれば良いのでしょう?
まず、面接時に確認しておくべき事として、入店祝い金は本当にやっているのか質問しましょう。
さらに、入店祝い金の制度があるとして、どのような条件で支給してもらえるのか、支給されるのはどのタイミングになるのかまで、詳細に確認しておく必要があります。
条件以外にも、入店祝い金として支給される現金はいくらになるのか、金額についてもしっかり確認しておきましょう。

このような確認を怠ると、絶対達成できないような困難すぎる条件を課されたり、不当に入店祝い金を安くさせられたり、さらには入店祝い金そのものが支給されないケースもあるため、確認は大切です。
風俗店の中には入店祝い金詐欺を働く悪質なお店も存在します。
そのような悪質なお店の場合、入店祝い金どころか給料すらまともに払ってくれるか怪しいです。
わざわざ危険のある風俗店に勤務する必要はないため、面接時に確認し、少しでも怪しいところがあったら、面接は固辞し、別のデリヘルのお店を探した方が賢明です。

入店祝い金を用意しているデリヘルの求人は世の中に多く存在します。
入店祝い金以外にも面接交通費が無料であったり、寮が完備されていたり、日給保証がついているなど、風俗店は様々な待遇を用意するものです。
風俗のアルバイトは普通のアルバイトと違い、非常に稼ぎやすい仕事です。
稼げる給料の額が高額なだけでなく、入店祝い金のような給料以外にも現金を支給してもらえる制度があるため、いざ条件を達成してしまえば普通のアルバイトの倍以上の収入が期待できます。

どうせ同じデリヘルの仕事をするのであれば、入店祝い金などの待遇がある風俗店の方が稼げる金額も高くなりやすいだけに、デリヘルの仕事を探している女性ほどオススメです。
それだけに、デリヘルの風俗求人を探す際には、バックなどの給料も大事なのですが、同時に入店祝い金はいくらになるのか、条件はどうなっているのかなど、待遇面に関してもしっかり調べておきましょう。