絶対に失敗しない優良なデリヘルの探し方と入店までの流れ

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

デリヘルで働こうと考えていろんなお店をチェックしていると、あまりにもお店の数が多すぎてどのお店に応募すれば良いのか迷ってしまうという方は多いと思います。
そこでこの記事では絶対に失敗しない優良なデリヘルの探し方と入店までの流れについてご紹介します。

デリヘルで働きたいならお店選びはとても重要

注意 マークデリヘルで働くためにいろんなお店をチェックしていると、結局どのお店が良いのか分からなくなってしまい何となく目に止まったお店に応募しているという方も多いと思います。
しかし普通のアルバイトと同じように自分に合ったお店を見つけて働くことはとても重要です。

デリヘルは非常に店舗数が多いため、多くの風俗嬢がどこかで妥協してなんとなく見つけたお店で働いていると言うのが現実です。
しかしたまたま見つけたお店が自分に合っているお店であれば問題はありませんが、質の悪いお店で辛い労働を強いられたり、本当はもっと稼げるレベルの女の子が悪いお店に入店してしまって苦労をしていることも珍しくありません。
まずデリヘルのお店選びをする時には、自分を過大評価してみましょう。
なぜなら、人は思っている以上に自分のことをよくわかっていないからです。

基本的にデリヘルの場合には、高級店と呼ばれるお客さんが支払う金額が高いお店ほど風俗嬢も稼ぎやすくなっています。
しかし高級店と聞くと、モデルや芸能人並みに可愛くて若くてしかもスタイルが良い様な女の子ばかりが在籍している様に感じられます。
ところが実際は、そんなにレベルの高い女の子ばかりが高級店にいるわけではなく、街でよく見かけるような普通の女の子でも高級店に在籍してガッツリ稼いでいることもよくあります。
デリヘルでがっつり稼ぐために最も有効なことはお給料が高い店に在籍することなのですから、自分の限界を勝手に自分で決めないようにしましょう。

たとえ風俗の面接に行って採用されなかったとしても経歴に傷がつくわけではありませんし、お金を失うわけでもありません。
だからデリヘルのお店を探す時にはまずはお客さんが支払う金額が高い=風俗嬢がもらえる給料も高いお店から順番に選んで行きましょう。

優良なデリヘル店の見分け方

実際に優良なデリヘル店を見分けるためのテクニックやノウハウについてご紹介します。

お給料

お金基本的にデリヘルの給料はお客さんが支払った金額の50%から60%程度が風俗嬢へのバックになります。

つまりお客さんが支払う金額が多ければ多いほど風俗嬢の手取りも増える傾向にあるということです。
だから風俗嬢へのバック率が50%から60%より低いお店は避けましょう。
逆にバック率が60%以上であまりにも良すぎる場合には、何か裏がある可能性もあるので気をつけましょう。
バック率について求人情報で明記しているようなお店はほとんどありませんが、面接の時に直接質問すれば教えてくれますので、入店前に絶対に確認しておきましょう。

また、お店によって指名料金やオプション料金にもバックがつきます。
指名料金はオプション料金のバッグはだいたい50%から100%で、お店によって結構差があるので、同じような条件のお店であればこのバック率が良いお店を選びましょう。

保証日給

最近では例えお客さんが付かなかったとしても出勤をすれば必ずもらえる保証日給を設定しているお店もたくさんあります。
しかし、お客さんについていないのにただ出勤して待機しているだけでお金がもらえると言う様な甘い話は現実的にはほとんどありません。

保証日給を設定しているお店と言うのは、逆に言えば「風俗嬢が出勤すれば最低でもこれ以上は稼げるくらいお客さんがいる」ということです。
一人の風俗嬢が一日で担当できるお客さんの数は1名か2名です。
例えばお客さん一人についた時のバッグが1万円のお店の場合、風俗嬢が稼げる1日の給料は1万円から2万円程度ということです。
そのようなお店で保証日給が2万円以上になるということは現実的にはありえません。

ほとんどのお店では保証日給をもらうための条件が実は設定されていて、「月の指名が●人以上」など厳しい条件になっている場合がほとんどです。
だから面接の時には保証日記をもらうための条件もしっかりと確認しておきましょう。
そして保証日給をもらうためには厳しい条件がついていることが当たり前ですので、逆に条件をしっかりと伝えてこないようなお店には注意しましょう。
そのようなお店の場合、デリヘルとして募集をしていても実はソープだったり、本番をするのが当たり前になっているような悪質のお店である可能性が高いのです。

女性講習員がいる

デリヘルのお店には、風俗未経験の女性に対してフェラや素股など、どの様なサービスをすれば良いのか教えてくれる講習員というものがいます。
基本的に講習員はお店のスタッフや店長ですので、講習では男性に対して性的なプレイをしなくてはいけません。
残念ながら講習という理由で、新人の女性に対してセクハラまがいの行為をしてくるお店もたくさんあります。
しかし、優良店の場合講習員は女性が担当することも増えています。

だから女性講習員を用意しているということだけでも、風俗嬢を大切にしてくれてるお店だと言うことがわかります。
繁華街などの風俗店であれば女性講習員がいると言うお店はありますので、そういうお店から優先的に選びましょう。

待機場所はどこ?

デリヘルでの待機場所は、店内の待機室、お店の周囲(喫茶店や漫画喫茶など)、自宅の3種類があります。
待機場所はどこであったとしてもそれだけで優良店かどうかを判断することはできませんが、店内待機の場合同僚の風俗嬢との人間関係を築かなくてはいけませんし、自宅待機の場合には自由にリラックスして過ごすことができる代わりに仕事モードにならずダラダラしてしまう可能性があります。

仕事以外の時間をどのように過ごすかと言うのはストレス管理する上で非常に重要ですので自分に合った待機方法のお店を選びましょう。

お客さんの口コミをチェック

吹き出し自分が入りたいお店が優良店なのかどうかを判断するにあたっては、お客さんの口コミをチェックすることも有効です。
インターネットでお店の名前を検索すれば、そのお店を利用したお客さんの口コミを調べることができます。
「写真と違うデブスが来た」「地雷嬢ばっかりだ」「このお店は本番できるから愛用しています」など、風俗求人からだけではわからないお店の情報を知ることができます。

お客さんの口コミがあまりにも悪評で溢れている場合、そのお店は悪質な営業していてなんだかのトラブルに巻き込まれる可能性も高いので、避けたほうが良いでしょう。
また、どのようなプレイ内容なのかを調べることもできます。

デリヘル入店までの流れ

デリヘルのお店に応募して実際に働き始めるまでの流れは基本的には、お店選び→応募→面接→講習→体験入店→写真撮影→本入店という順番です。
まずはお店を選んで応募し面接を受けて採用してもらわなくてはいけません。

採用されたあとは、風俗未経験の方の場合には講習でサービス内容を教えてもらうことができます。
また最近ではほとんどのお店で体験入店という制度を用意していて、1週間程度の期間を定めて実際にお店で働いてから、本入店するかどうかを決めることができます。
写真撮影のタイミングは体験入店よりも前の可能性もありますが、ホームページにのせたりするための写真をお店が撮影してくれます。
その後体験入店などを通して、そのお店で働く決心がついたら本入店をするという流れです。

まとめ

絶対に失敗しない優良なデリヘルの探し方と入店までの流れについてご紹介しました。
デリヘルのお店は非常に種類が多く情報も多いため、自分に合った優良店を探すのは手間も時間もかかるものです。
しかし入店するお店次第で自分が稼げる金額も変わりますし、精神的な辛さも大きく異なります。
だから、この記事を参考に自分に合ったお店をじっくりと選ぶようにしてください。