デリヘルで店外デート誘われたら条件によっては行く?

2023年12月14日

Uki_71 / Pixabay

デリヘルで働いていると客さんから店外デートに誘われることがあります。
まず大前提として、基本的に店外デートはどんなお店であっても禁止されている場合がほとんどです。
つまりお店の規則違反になりますので、その違反をしてまでも店外デートをする理由がない限りは断ることが無難でしょう。
この記事ではお客さんが店外デートに誘う理由と、店外デートをすることのメリット・デメリットをご紹介します。

デリヘルで店外デートに誘われたら行ったほうがいい?

まず最初に覚えておいていただきたいのは風俗店で店外デートを許可しているお店はほとんどないということです。
ほとんどのお店で面接の時などに、お店以外でお客さんと会うことは禁止と伝えられていると思います。
お店によっては入店時の誓約書でお客さんと店外デートをしないとサインをさせられているという方もいると思います。
たとえお店の人から店外デートは禁止と言われていなかったとしても、もしお店にバレた場合にはすぐにクビになることを覚悟しておきましょう。

なぜならお店を通さずに風俗嬢とお客さんがあってしまうと、その場でお金のやり取りが発生してお店の取り分がなくなってしまう可能性があるからです。
つまり店外デートと言うのはそもそも風俗嬢にとってはお店の規則を破る行為なのです。
禁止そのようなことをする以上は、規則を破ってクビにされるリスクを背負う以上のメリットがなくてはいけません。
しかしお客さんの店外デートの誘いに乗ったとしても、風俗嬢にとってメリットになるようなことはほとんどないと言うのが現実です。

お客さんが店外デートに誘う理由って?

まずはなぜお客さんが風俗嬢を店外デートに誘うのかということについて知っておきましょう。
お客さんが風俗嬢を店外デートに誘う場合、本当にデートをしたいからと言うだけというような甘いことはほとんどありません。
また、風俗嬢が店外デートの誘いに応じる場合にはお客さんは「この子は自分に惚れている」とか「好感をもっている」と当然の様に解釈すると理解しておきましょう。
お客さんが風俗嬢を店外デートに誘う時に目的としていることには以下の様なものがあります。

本番をしたい

デリヘルの場合本番をすることは禁止になっています。
本番をしたいと考えていても、お店にバレて警察に通報されたりすることが怖いので我慢していると言うお客様たくさんいます。
しかしお店の外で会えば、本番禁止というルールはないわけですから、ホテルに行って本番ができると考えているお客さんは非常に多いのです。
逆に言えばお客さんの店外デートの誘いに応じるのは、ホテルに行って本番をするつもりがあるという意思表示をしているのと同じと言うことです。

タダか安上がりでえっちをしたい

上で説明した通り風俗嬢と店外デートをしようとする男性は、当然ホテルに行って本番をしようと考えています。
お店を通していないし、しかも店外デートに応じるということは風俗嬢が自分に対して好意を持っていると男性は考えているので、お金を一切払わずにタダでエッチができると考えている方もたくさんいます。
少なくともエッチをする時にお店に支払うのと同じような金額を支払う必要があると考える男性は一人もいません。

本気で風俗嬢を好きになった

店外デートを誘ってくる男性の中には、本気で風俗嬢に恋をしていて付き合いたいと考えている男性もいます。

提案上で書いたとおり風俗嬢が店外デートに応じると言うことは、「風俗嬢も自分に対して好意を持っている」と解釈されますので、お客さんの恋愛感情はさらに盛り上がります。
もちろんお客さんに対して恋愛感情を持っていて、付き合ったりエッチをしたいと考えている風俗嬢の場合は問題ありませんが、なんとなく店外デートに応じたという程度のテンションだとお客さんとの気持ちの落差に驚くことになってしまいます。
しかも店外デートに応じることによってお客さんの気持ちを盛り上げてしまっているので、その気持ちに応えられないのであればお客さんが逆恨みしストーカーになってしまうよな危険性もあります。

店外デートのメリット

ここまで説明してきたとおり店外デートをすることのメリットはほとんどありません。

だから基本的にはお客様からの店外デートの誘いに対しては「お店のルールで禁止されているので」と言ってきっぱりと断ることをお勧めします。
それでもお店のルールを破って、しかもお客さんとエッチすることになる可能性が非常に高いと言うことを理解しているのであれば以下の様なメリットがあります。

おごってもらったりお小遣いをもらえる

お店を通さずにお客さんからお金をもらうことができれば、普段の日給よりも効率よく稼ぐことができます。
また、お小遣いをもらえなくてもデートをしている中で高い料理をご馳走してもらえたり、ショッピングで何かを買ってもらえる可能性もあります。

いわばお店で出会った男性と愛人関係になるというようなことです。

指名につながる

店外デートをしてくれれば指名をするよ」と言って店外デートに誘ってくる男性はたくさんいます。
しかし、実際に店外デートをした後にそのままお店で指名を入れてくれる男性はほとんどいないと理解しておきましょう。
なぜなら店外デートできるのであればわざわざお店に行かなくても直接会ってエッチができるからです。

直接会って安くエッチができるのに、わざわざお店に指名しに来てくれるような男性はほとんどいません。
どうしてもお金を稼ぐために指名を取らなくてはいけないというような状況に追い込まれている風俗嬢の場合、わざわざリスクばかりの店外デートをすることによって指名を取ろうとするのではなく、普段の接客やプレイなどを改善した方がはるかに効果的です。

本気で付き合うつもりならオッケー

唯一お客さんと店外デートをしても良いと言えるのは、本気でお客さんと恋愛をする気持ちがある場合です。
この場合お客さんとお店を通さずにあっていると言うよりも、普通に男女が仲良くなって行こうとしている過程ですのでデートをしても問題ありません。

ただし、自分は恋愛感情があって店外デートに応じたのだとしても、実はお客さんはタダでエッチがしたいだけというケースもあるので気をつけましょう。

店外デートのデメリット

店外デートすることのデメリットには以下の様なものがあります。

お店は助けてくれない

お店を通さずにお客さんと会っているので、例えば強引にホテルに連れて行かれてエッチをされたとしても、お店の助けをもらうことはできません。
お客さんと店外であっている以上は全てが自己責任であると言うことを理解しておきましょう。

ストーカー化する可能性がある

店外デートに応じると言うことは、本気で風俗嬢に恋をしているお客さんにとっては「自分の気持ちに応えてくれた」ということになります。
ハートその分お客さんの恋愛感情や執着心は強まりますので、それが深刻になっていくと束縛をしたりストーカー化していく可能性があります。

まとめ

お客さんが店外デートに誘う理由と、店外デートをすることのメリット・デメリットをご紹介しました。
お店にバレたらクビになることを覚悟した上でお客さんから直接お金を受け取ろうと考えている風俗嬢か、本気でお客さんと付き合いたいと考えている風俗嬢以外の方にとっては、店外デートはデメリットしかありません。

上記に該当しない風俗嬢の方はお客さんから店外デートに誘われたとしても「お店の規則で禁止されているのでごめんなさい」と断るようにしましょう。