S着のホテヘルって言うけど根本的にS着ってなんですか?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

風俗で唯一本番ができるお店のことをソープランドと簡単に表現することはありますが、実際のところを言うと本番行為はしてはいけないのです。
ソープランドで働く場合は、ここを十分理解しておかないといけないのです。
あくまで、お客さんの入浴支援サービスがソープランドであって、本番料金は営業用ホームページにも掲載していないはずです。

入浴サービスで男女が恋に落ちて、そのような関係になってしまった。ということになるのです。
暗黙知になのです。
ソープランドでは、S着・コンドームなと・生とかの表現で、サービス料金に差をつけた高級店・大衆店とあります。

この考えはホテヘルでは、どのようになっているのでしょうか?
見ていきましょう。

ホテヘルS着って何?

ホテヘルにはS着はない

S着のホテヘルって言うけど根本的にS着ってなんですか?ホテヘルには、ソープランドのNS・NN・S着という考えはありません。
暗黙知はないのです。
NS・NN・S着は風俗業界の隠語で、本番行為する時のペニスの状態を表現しているもので、NSは生中出し・NN生挿入・S着はコンドーム着用することになります。

ホテヘルサービスには本番はない!

ホテヘルは受付店舗でお客さんからの指名を受けて、一緒に近隣のホテルに移動して性的プレイをするようになります。
性的プレイの基本サービスは、ディープキス・全身リップ・キンタマ舐め・アナル舐め・シックスナイン・クンニ・生フェラチオ・素股などになります。
オプションサービスでは、写真撮影・パンティ持ち帰り・ローター・バイブ・電動マッサージ・口内発射・顔面発射・ごっくん・放尿・アナルセックスなどになります。
このプレイメニューは、営業用ホームページにきちんと記載されていて、禁止事項についても記載されています。

本番についてNN・NS・S着というものは一切ないのです。

ホテヘルS着がない理由は?

風俗店は風営法にそって営業していないといけません。
この風営法は風俗全体の枠組みを定めている法律になり、お店を出店する基準を定めている法律のことになります。

性風俗に関して、許可をとるためのものと誤解する方がいますが、届け出制となっています。
理由は、許可となると、国が性風俗を認めていることになってしまうため、あいまいなところでおとしているようになっています。
これは、国だけではなく各都道府県によっても考えが違っていて、条令によって細かく定められています。
風俗で代表するソープランドは、国内すべての都道府県に存在するお店ではありません。

法律や条件によって決められているからになるのです。
※ここ数年は店舗型風俗店の新規出店はできなくなっています。
知らない方も多いと思うのですが、風営法には「本番行為」を認めているものは一切ありません。
ソープランドは暗黙知であって認めているのではなく、目をつむっていると解釈した方がいいのです。

違法だということで警察が介入すれば簡単に潰すことはできるのですが、それをしないのです。
そこに、他のタイプのホテヘルも暗黙知でOK?ということは許されないのです。
あいまいだけど、そこは絶対NGよと暗黙知で決まっているのです。

法律で言えば、商売として本番行為はしてはいけないことだけは明確なものになっているのです。
ソープランド以外で、そのような行為をしていることが警察の耳に入れば、私服警官が入って御用となり、売春法にひっかかって店舗は閉店になるのです。

ソープランドのNN・NS・S着は何で分けているのか

コンドームソープランド店は、お客さんの層を分けたサービスとして料金設定をして、高級店・大衆店・激安店と分類して営業をしています。

お客さんが利用しやすいように価格設定しているのですが、サービス内容も異なります。
高級店であれば、サービスメニューは入浴プレイ・マットプレイ・ベッドプレイの3つに分かれていて、暗黙知の本番はNN(生中出し)が基本になっています。
料金は一番高く設定していて、本番で生中出しすることで働く女性は性病感染リスクが高くあり、妊娠することもあるので常に避妊をしないといけないのです。
大衆店もサービスメニューは高級店と同じ内容になるのですが、暗黙知の本番はNS(コンドームなし)かS着を基本になっています。

NSかS着か選ぶことができる混合店になります。
女性の稼ぎは、S着を選べば少なくなるのですが、メリットとして性病感染リスクは低くなるのです。
NSを選べば高級店と同じです。
女性のなかには、基本はS着での対応で本指名にだけNSで対応するようにしている方もいます。

お客さん毎でサービス内容に差をつけることもできます。
稼ぎを増やしたい時はNSの人数を増やすことも可能になるのです。
激安店はサービスメニューが他の2つと違い、入浴プレイとベッドプレイのところがほとんどで、本番行為はS着になっています。
肉体的疲労が高くテクニックが必要なマットプレイを外しているのです。

これで、料金を安くして利用してもらうようにしているのです。
働く女性としては、料金が安いのでお客さんの指名人数が増えないと稼ぎはあまりよくないことになります。
稼ぎの順番で言えば、高級店(生中出し)・大衆店(生中出し・S着混合)・激安店(S着店)になっているのです。
これは性病感染リスクの高さと同じ順番になっています。

本番行為は性病リスクがある

ソープランドのS着は、コンドームをして本番行為になるので本番だけをとると性病感染のリスクはほぼないのがメリットになります。
NN・NSは、働く女性・お客さんともに性病感染のリスクが高くなるのがデメリットになります。
高い料金を支払って、快楽との引き換えに大きな代償があるのが、NN・NSになるのです。

ただ、本番行為だけで性病感染するのではありません。
ホテヘルの基本サービス・オプションサービスでは、バンティ持ち帰り・写真撮影以外の行為は、すべて性病感染する行為になります。
軽く唇を交わしたキスでさえも、唾液からヘルペス・クラミジア・淋病・梅毒の感染する可能性はあるのです。
NN・NSでの本番行為デメリットとしてHIV(エイズ)の確率が高くなりますが、本番行為以外でもHIV感染はあります。

本番イコールHIV・本番しないHIVはないと言う公式は成立しないことは理解してください。

ホテヘルで指名欲しさにS着はNG

棒グラフ風俗業界の隠語に、基盤・円盤と言う言葉があります。
これは、本番行為がないホテヘルなどで働く女性が、お客さんと直接金銭交渉して本番することになります。

ホテヘル店では本番行為がNGになっているので、お客さんの指名を獲りたい思いで、このような基盤・円盤をする女性がいるのですが、これは絶対NGになります。
前述の風営法でも触れましたが、警察が介入してホテヘル店責任者は売春管理として摘発されることになるのです。
あなたは、本番したからといって逮捕されることはないのですが、ホテヘル店は、あなたの勝手な行動で大打撃をうけることになるのです。
そうなれば、あなたは円盤嬢として風俗店側の情報に登録されて、今後一切採用されないようにもなってしまうのです。

一時のお金のためだけにそのようなことをするのでなく、本番して稼ぎたいのならソープランドに行ってください。

まとめ

S着は、ソープランドでの暗黙知の本番行為の隠語で、コンドーム着用で本番行為をすることになります。
ホテヘルでは、S着というものはありません。

ご参考にしてください。