手コキ専門店のノルマって具体的になに?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

風俗にはノルマや罰金があるかどうかが気になる女性は多いと思われます。
ノルマを達成できなければ給料なし!なんて事になってしまっては、高収入で働ける風俗の仕事をしている意味がありませんからね。
ここでは、手コキ専門店でのノルマについて説明していきます。

風俗にノルマや罰金はあるか

お金風俗ではノルマや罰金を科せられる事はあるか、と言う問いについて。
結論から言うと、ノルマはないが罰金はあります。
ではなぜノルマがないのでしょう。

風俗店と言うのは、風俗嬢が接客して初めて給料が支払われるからです。
風俗は基本的に、完全歩合制です。
つまり接客した分しか給料が支払われないのです。
しかもこのお金、お店が出しているのではなくて、接客したお客さんが支払ったお金の一部。

なので、仮に出勤してもその日の接客人数が0人なら給料も0。
例え1人も接客できなくても、別にお店が損を受ける事はないのです。
これに対し、セクキャバやピンサロなどは時給制のためノルマが科されます。
接客していないのにお店に居られたのでは、お店は完全に赤字です。

具体的には、1カ月あたり指名何本以上などのノルマを設定し、達成できなければ給料から引かれてしまいます。
時給制以外の仕事の求人に「ノルマ一切なし」と書かれているのを目にしますが、あれは紛れもなく事実です。
嘘求人が多いとは言われていますが、ノルマを設定している風俗店はないので安心して仕事が出来ます。
次に罰金ですが、これはどの業種にも存在します。

主な罰金理由とは、「遅刻・当欠・無欠」です。
遅刻とは言うまでもなく、遅れて出勤してくる事です。
事前にやむを得ない事情があるならまだしも、寝坊等の理由で遅刻すると、その間シフトに穴ができてしまいます。
もしかしたら指名してくれるお客さんがいたかも知れません。

こうなるとお店、お客さんの双方に迷惑がかかってしまい、とても重大です。
特にお客さんからの信用をなくしてしまう事は、お店にとってかなりの痛手。
罰金はやむなしです。
当欠・無欠は「当日欠勤・無断欠勤」です。

出勤予定になっていたにも関わらず、当日になってドタキャンするのは非常にまずいです。
何の連絡も無しならなおさら。
常習的に欠勤する嬢も実際いるため、いつクビになってもおかしくありません。
この他、「裏引き」と呼ばれる、店外でお客さんと会ってお金をもらったりする行為に対しても罰金となる事があります。

これは多くのお店で明確に禁止している事で、発覚すれば良くて罰金、最悪の場合は解雇と言う、とても厳しいルールです。
店の外でお客さんと会うと、万一トラブルに巻き込まれてもお店が関知できないために対応してくれません。
お金をむしり取られたり、レイプされたりなどの問題も孕んでいるので決して裏引きをしてはいけません。

ランカー嬢になるには

表彰台ランカー、あるいはナンバーとも呼ばれる売れっ子嬢になるための道のりは険しいですが、この地位にのし上がるは勿論、当欠や遅刻がない事も含まれます。
主にお店の売上に貢献してきた嬢がランカー嬢になるのですが、無遅刻や無欠勤は結局のところ、お店に何の損害も与えていない事になります。
毎回指名で埋まる、確実に売上をもたらすような嬢は、当たり前の事である無遅刻無欠勤が実践できていると言う訳です。

手コキ専門店でのノルマとは?

オナクラ等手コキ専門店も例にもれず、ノルマとは無縁です。
基本的にお客さんがオナニーしている様子を見ていてあげれば良いだけですし、嬢がオナニーしてあげるにしても相手が興奮するような言葉をかけながら射精に導けば良いだけです。
裸になる事もフェラをする事もありません(オプションをつけた場合は別)。
手コキはソフトサービスですから、脱いだり舐めたり触らせたりするのに抵抗のある女性にとっては非常に敷居の低い業種です。

ハードルが低いからその分ノルマを課せられる、と言う事はないので初心者でも安心して働けるのがメリットです。

ノルマがないのは本当にうれしい事なの?

誰でも面倒なノルマをこなすのは嫌です。
達成できなければ減給だし、お店から色々言われるし、憂鬱になる事もあるでしょう。

罰金はともかくノルマがないのは気持ち的にとても楽であるのは事実です。
けれど、見方を変えれば、ノルマがないから頑張れない嬢が出てくる、と言う事も言えます。
あえてお店がノルマを設定する事で、未達成によるペナルティを恐れて皆が頑張ればそれで良いです。
が、何の痛手も無い事に安心していつまでも指名を獲得できないようであれば、結局はノルマを達成できない事によるペナルティよりも苦しい現実が待っている、と言えます。

完全歩合制で接客した分しかお金にならない→いつまでも接客できない→常に稼げないと言う流れになってしまうと、むしろノルマを課して追い込んだ方が良いとも言えるでしょう。
考え方の違いと言えばそれまでですが、どちらにしろ、お客さんを呼べない限りお金の面で苦労する事になるのは確実です。

罰金の支払いを拒否できる?

No, 拒否厳密に言えば、「罰金○○円支払え」とお店が風俗嬢に言う事はできません。

なぜなら罰金は刑事罰であって、一民間企業である風俗店が罰金を請求する事はそもそも間違っているからです。
悪質なお店だと、日給保証をそれまで支払っていたのに、ある時「保証額に見合わない勤務実績」だとして50万円もの高額な罰金を要求してきたと言う例があります。
多くのお店が「罰金いくら」と言うのは、規則を守らせるために少々大袈裟な表現で嬢達を押さえつけていると言う程度のものです。
なので真に受ける必要は一切ありません。

そもそも無効な請求です。

ノルマを課していないかしっかり確認

風俗にはノルマは一切ないと言っても、やはり一部のお店は何かにつけて嬢からお金を巻き上げようとします。
例えば入店直後の嬢に「1日指名5本とる事」等と言うようなお店があれば、間違いなく悪質店です。

トラブルを回避するために、面接でしっかりとノルマが存在しない事を確認しておきましょう。

ノルマを気にするくらいなら

もともとノルマがない事は紹介しましたが、ノルマの有無を気にしているくらいなら、普段からの勤務態度をきちんとしている方が、よほどプラスです。
遅刻にしろ欠勤にしろ、風俗業に限らず褒められたものではありません。

いわゆる社会常識として身につけておくべき事柄です。
普通に働いておれば、まずノルマだの罰金だのと言う話にはなりません。
ただ、結果を残せていないとお店から多少は叱責を受ける事はあるでしょう。
しかし、ペナルティを科されるよりも断然マシです。

それを気により一層励む事の方が、何倍も大切だと言う事です。

まとめ

手コキ専門店はキャバクラなどと違って指名本数などにノルマが課されません。
これはとても嬉しい事です。

しかし、ノルマがないと言う事は、自身が努力して結果を出さなければならないと言う事と同じです。
罰金を払いたくなくて遅刻や無断欠勤をしないのは簡単だとしても、いつまでもお客さんを呼べなければ、どちらに転んでもお金の問題に直結します。
金銭的に苦しくなるのは自分なので、頑張るしかありません。
風俗業界ではノルマがないのが通例ですが、それは裏を返せば自分がいかに頑張らなければならないか、と言う話になる事を意識しておきましょう。

そして、罰金を請求されたら、支払い義務はない事をお店に伝えましょう。