メンズエステの講習ってお金がかかるの?必ず受けないとダメ?

2023年12月14日

anaterate / Pixabay

女性専用の高収入バイトとして注目を集めているメンズエステ。
ここでは男性客に対してアロマオイルマッサージなどを施し、癒やしを提供する仕事です。

エステ専門店ほどの資格や技術はいらないので、未経験女性でも働くことができるので女性たちの間で人気になっています。
未経験女性に対しては必ず講習があり、お店で必要な技術を学ばせてくれます。
エステ専門店ではないにしろお客さん相手に施術を行うので、それなりの技術が必要で、講習ナシでいきなり働かされるといったことはほとんどありません。
エステの資格を持っている場合でも、お店によってコースは違うので必ず講習があると思ってください。

そこで一つ気になるのが講習費用です。
技術を学ぶ訳ですからお金がかかるのでは?と気になる女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回はメンズエステの講習費用についてまとめてみました。

メンズエステでは必ず講習がある

マッサージ専門的なエステサロンでは、働く条件にエステの資格や経験が必要であることが多いですが、メンズエステではそういったことはありません。
未経験女性でも働けるように、必ず講習を受けてもらうようになっています。
講習の方法はお店で取り扱うサービスによって変わりますが、経営者から直接指導されたり、お店で働くエステ嬢から講習を受けることになります。

セラピストの資格について

メンズエステで施術を行う人のことを、「セラピスト」と呼びます。
セラピストには数種類あり、ボディ系、心理系、エネルギー系などがあり、それぞれ効果や用途も違います。
メンズエステで主に必要なのはボディ系セラピストです。

ボディ系セラピストというのは、お客さんの身体の状態をマッサージによって整え、不調を改善しリラックス効果をもたらす技術のことです。
これらのセラピストは資格を取得することができ、エステ専門店では資格がないと働くことができないこともあります。
今回のテーマであるメンズエステには、こうした資格は必要ないので安心してください。
資格を持っている場合には重宝されたりしますが、そこまで専門的な技術はいらないので誰でも働くことができます。

講習の費用について

本来セラピストの資格や講習を受けるにはお金が掛かり、専門スクールなどで講習を受けるのが普通です。
この時にかかる費用はコースによって異なりますが、指圧、アロマオイル、リンパマッサージ、洗体などの講習費用は25,000円〜60,000円とかなりの費用がかかります。
お金を稼ぐためとはいえ、初期投資としては金銭的にキツイ女性もいると思います。

こうした専門スクールで講習を受け、セラピスト認定された女性はメンズエステでの採用率も高いのでメリットはあります。

講習期間は無給??

財布メンズエステの求人を覗いてみると、「未経験歓迎!講習制度あり」という記載はされていますが、肝心の費用について明記されていることはほとんどありません。

先程紹介した通り、セラピストの技術を習うには結構な費用がかかるので、講習代を請求されるのでは?と思ってしまいます。
ここから先のお話は、あくまで一例ですがお店によっては講習代が必要ない変わりに、講習中の給料が支給されないケースがあります。
技術を習うんだから無給でも結構!と思う女性もいると思いますが、これは本来は違法な行為で、たとえ研修中(講習)であったとしても経営側は賃金を支払わなければいけません。

仮に支払ってくれない場合だと労働基準法24条違反となるので、訴えることもできます。
ですが、訴えるにしても時間と費用が掛かるため何も文句を言えない女性が多くなっています。
このお話はあくまでも一例に過ぎないので、全てのお店がこういう訳ではありません。

講習の費用はお店が負担するのが基本

講習費用については、健全な経営をしているメンズエステだと全てお店側が負担をしてくれ、賃金に関しても研修中ということで、そのお店の最低賃金をもらえるようになっています。
もしも、講習費用を請求してくるようなメンズエステであった場合には即やめてしまうのがいいかもしれません。

講習が終わってスグに辞めてしまうと・・・

講習費用がお店側が全て負担してくれますが、講習が終わってスグに辞めてしまうと講習費用を請求されることがあるので注意してください。

事前に説明をしてくれるとは思いますが、講習費用をお店側が負担する変わりに、半年以内に辞めた場合は研修費を全て払ってもらいます、と念押しされることもあります。
さらには念書として「○○以内に辞めたら講習費用を全額支払います」書かされることもありますが、これらは労働基準法16条に違反します。
なので、お店との約束を破ってしまっても講習費用を支払う義務はないので覚えておいてください。

風俗メンズエステの場合

メンズエステには2種類あり、先程まで紹介したものは非風俗のメンズエステです。
風俗タイプのメンズエステでは、エステやマッサージに加えてお客さんを手コキによって射精させる性的サービスを含むものもあります。
風俗店として経営しているので、非風俗タイプに比べると給料も高く、風俗に抵抗のある女性でも働きやすい仕事になっています。
こちらのメンズエステも非風俗同様に講習があります。

しかし、非風俗と違って怪しいお店が多いので少し注意しておきたいです。
風俗タイプでのマッサージはどれも簡単なもので、少し講習すれば誰でも身につくものばかりです。
この講習はお店のスタッフや店長が行ってくれるのですが、実技講習と称してセクハラ講習、本番講習といった本当に必要なのか?
と思う講習をしてくることがあります。

風俗タイプのメンズエステには実店舗を構えていない、デリバリータイプやマンションの一室を使って経営しているところもあり、風俗営業の許可を取得していない違法業者がいるので注意してください。

非風俗と風俗タイプのメンズエステどちらも基本的に講習はある

マッサージ2種類のメンズエステがありますが、基本的にどちらも講習を受けてから仕事をはじめることができます。
種類によってサービス内容が違うのも特徴なので、自分に合うものを選ぶといいでしょう。

どちらも呼称が同じなため紛らわしいので、応募する際には注意が必要です。
求人募集の内容をしっかり確認すれば、この2つの違いが分かるようになっていますが、中には性的サービスが一切ないと記載しておきながら、実はちょっとしたエッチなサービスが含まれていることもあるので十分注意してください。
どちらで働くにしろ講習は必ずあるので、未経験女性でも安心して応募することができます。
非風俗タイプのメンズエステで、講習代を請求されることもありますが、こちらが支払う義務はありません。

講習費用を請求してくるようなお店は避けておきましょう。

まとめ

メンズエステで働くには、基本的に講習を受ける必要があります。
仮にセラピストの資格を持っていたとしても、お店のコース内容を覚えるために講習は受けます。

費用に関しては、条件付きで無料の場合や講習期間は賃金が発生しないお店もあります。
ですが、講習期間に賃金が発生しなかったり、後で講習代を請求することは労働基準法に違反するので、支払う必要はありません。
メンズエステの中にはこうした、違法な行為をするところもあるので注意しておきましょう。