メンズエステに移籍したいデリ嬢ですが稼げる金額は減る?

2023年12月14日

angelx77 / Pixabay

メンズエステもデリヘル同様に歩合制の風俗店なのですが、どちらの方が稼げるかで言えば、デリヘルの方が人気が高く、単価も高いため、稼げるでしょう。
ただし、メンズエステには給料以外のメリットが多いです。
特に、性病に対して不安のある女性ほど、ソフトサービス系の仕事であるメンズエステの方が魅力が多く、移籍すると様々な恩恵を受けられるかもしれません。

風俗店を移籍する理由

チェック風俗嬢が風俗店を移籍しようと思う理由というと、大きく分類するとポジティブな理由とネガティブな理由の二つに大別することが出来ます。
ポジティブな理由というと、例えばナンバー嬢がより高い給料や待遇を求め、高級店などに移籍するケースが考えられます。
上昇志向が高い野心的な風俗嬢ほど、今の待遇に不満を抱きやすく、さらに良いお店へと転職するような感覚で移籍することでしょう。

野心的な風俗嬢の中には本当にサービスや接客のレベルが高く、今のお店だと割りに合わないというケースもあるため、今よりも客入りの良い風俗店に移籍をすると、すぐに給料がアップする可能性が高いです。
しかし、全ての風俗嬢がこのような前向きな理由で移籍をしているわけではありません。
むしろ、大部分はネガティブな理由で移籍をすることが多いです。
例えば、職場の人間関係が悪化して働き辛くなったり、お客さんとトラブルを起こしてしまったことで稼げなくなったため、仕方なしに移籍をするというケースもあります。

このようなネガティブな事情を抱えている風俗嬢の中には、お店から干されるなどの嫌がらせを受け、ツライ日々を送っている風俗嬢もいます。
いくら容姿端麗で、接客が上手く、サービスの質が高くても、干されるようになると稼げないため、移籍をすることになります。
しかし、干される風俗嬢というのは決まって、本人に干される原因があることが多いです。
例えば、サービスで手を抜くような地雷嬢であったり、禁止されているのに本番をするような風俗嬢ともなると、お店からの評判が悪く、干されることがあります。

このように、本人に問題がある場合、移籍先でも問題児扱いされやすく、再び干される可能性が極めて高いです。
それだけに、移籍をする際には一度、自分の行動を省みて、自己改善に努めた方が良いです。
過去の行動を省みた結果、やはりお店が悪いと思うのであれば、移籍した方が良いでしょう。
残念ながら、風俗店といってもすべてが大手のような優良店とは限りません。

中には風俗嬢に嫌がらせをする悪質なお店もあります。
そのようなお店に勤務してもツライ想いをするだけなため、早々に移籍した方が良いでしょう。

デリヘルからメンズエステに移籍する理由

女性デリヘル嬢が移籍をする場合、候補となる求人といえば、まずは同じデリヘルが考えられます。

既にデリヘルとして働いた経験があるだけに、たとえ新しい風俗店で働くことになったとしてもすぐに仕事を覚えられるというメリットがあるからです。
面接官としても、未経験の女性を採用するよりかは、経験豊富なデリヘル嬢の方が、仕事もわかっているだけに採用しやすいでしょう。
ただ、デリヘルの経験があるだけに、デリヘルの良さとは別に、悪い点やデメリットも身近で感じていることでしょう。
デリヘルは確かに給料に関しては非常に魅力的な職場です。

デリヘル嬢となって真面目に働けば、普通のOLの倍以上の給料は稼げるでしょう。
その点、メンズエステの給料は、一般的なOLなどと比較すれば高い方なのですが、デリヘルと比較すると安くなります。
にも関わらず、デリヘル嬢がメンズエステに移籍する理由とは何なのでしょう?
メンズエステは確かにデリヘル嬢より収入が低いというデメリットこそありますが、それ以外に関していえば、ソフトサービス系の仕事ということもあり、肉体的にも精神的にも負担の少ない仕事というメリットがあります。

確かにメンズエステでも手コキなどの性サービスを提供しますが、フェラや素股といった粘膜接触のある行為は基本的にほとんどやらないため、性病に感染するリスクが低いです。
プレイの最中、お客さんは受け身になっていることが多く、デリヘルのように身体を触られたり、舐められるなど、責められる心配がない点も、メンズエステならではの魅力でしょう。
確かにメンズエステの仕事内容には睾丸マッサージなど、デリヘルにはない仕事があるため、今までのデリ嬢としての経験は無駄になってしまうかもしれません。
しかし、どれほどベテランのメンズエステ嬢とて、最初は未経験です。

講習を受け、仕事のやり方を学ぶことで、デリヘル嬢であってもやがてはプロのメンズエステ嬢へと成長することが出来るでしょう。
デリ嬢からメンズエステの風俗嬢になると、どうしても収入のダウンは避けられません。
しかし、安全に働きたいというのであれば、デリヘルからメンズエステに移籍するという行為は、正解かもしれません。

メンズエステの給料の相場

メンズエステも一応は風俗店のため、給料は完全歩合制となります。
そのため、お客さんを取れないと給料が出ません。
逆に、お客さんを多く獲れるメンズエステ嬢ともなると、非常に高額の給料が期待できます。
ただ、単価についてはデリヘルよりも安いことが多く、だいたい1回の接客で稼げる給料は6000円から1万円ほどとなります。

仮に1人1万円稼げるメンズエステ嬢がいるとして、1日に3人接客した場合、日給は3万円となります。
このペースで20日出勤した場合、月収は60万円となります。
実際には、お店の状況によって、給料はかなり異なるでしょう。
繁盛しているメンズエステ店ならば、一日の回転率も高いため、月収60万円どころかさらなる高収入も狙えるでしょう。

さらに、オプションを多く注文される風俗嬢ともなると、オプションバックが追加されるため、ますます給料は増えます。
その一方で、客入りが悪く、1日の回転率も低いメンズエステのお店ともなると、歩合制なだけに給料は低くなってしまいます。
デリヘルも歩合制のため、客入りの悪い風俗店に勤務すると、収入は減ってしまいます。
しかし、業界としての人気に関して言えば、メンズエステよりもデリヘルの方が高いため、稼げないといっても月収で30万円程度は余裕で超えるものです。

基本的に干されるようなことでもない限り、デリヘル嬢はそれなりの収入が期待できます。
ただ、たとえ収入が低くなっても良いから、性病のリスクを下げて働きたいという女性には、メンズエステの方が向いていることでしょう。

転々虫になるデメリット

No, Badデリヘル嬢がメンズエステへと移籍をすることで、今後はプレイ中に服を脱ぐ必要はないですし、お客さんに責められる心配も無用です。

性病に怯えることなく、安心して働けるでしょう。
メンズエステは風俗店ということもあり、自由出勤制であることが多く、シフトも調整しやすいです。
デリヘルよりも稼げないとはいえ、普通のOLと比較すればそれなりに高額の給料も稼げるだけに、欲張らない限り、メンズエステはかなり魅力的な仕事です。
ただし、いくらメンズエステの職場が魅力的だからといって、転々虫にはならないようにしましょう。

メンズエステの求人の中には、求人に応募してきた女性を対象に、日給保証を付けるなど、優遇措置を講じるお店が多数存在します。
たとえ日給保証が付かなくとも、新人期間中は多めにフリー客を付けてくれるため、普通のメンズエステ嬢よりも稼ぎやすいです。
女性の中にはこのような新人特有の優遇措置を求め、次々と風俗店を乗り換えていく転々虫と呼ばれる人たちがいます。
転々虫になると、新人ならではの優遇措置を長く受けられるため、効率よく稼ぐことが出来ます。

しかし、転々虫の情報というのは広まりやすく、一旦転々虫だと知られるようになると、求人に応募して面接を受けても、不採用にされやすいです。
お店としては、すぐに辞めることがわかっている女性を採用するメリットなんて何一つありません。
それだけに、転々虫の烙印を押されると、今後メンズエステどころかデリヘルのお店にすら就けなくなるリスクがあるだけに、なかなか危険です。
移籍した当初というのは新人ということもあり、お店から様々な優遇措置を受けられます。

新人期間中はかなり高額の給料が稼げるでしょう。
だからといって、転々虫になったところでメリットなどまずありません。
メンズエステ嬢になったからには、出来るだけ長めに働くように努力してみましょう。
確かにデリヘルと比較すると人気が低く、給料も安いかもしれませんが、人気のあるメンズエステ嬢ともなると普通のOL以上の高給が見込めるものです。