キャバ嬢から風俗嬢に転向するにあたって意識したい点とは?

2023年12月14日

キャバクラで仕事をしている人の中には、「もっとお金を稼ぎたい」と思っている人も多いのでは?その場合、風俗に転職するのも一つの選択肢です。風俗嬢に転向すれば、キャバクラ時代よりも稼げる可能性は高いでしょう。

そこで今回は、キャバクラから風俗へ転向する場合に得られるメリットとデメリットをまとめました。風俗への転職を検討している人は、ぜひ読んでみてください。

キャバ嬢から稼ぐために風俗嬢に転向する

キャバ嬢の中にはもっと稼ぎたいという理由から、風俗嬢に転向するパターンは多いです。キャバ嬢と風俗嬢の収入を比較すると、風俗の方が多く稼げます。2つの大きな違いと、風俗に向いているキャバ嬢の特徴について解説します。

キャバ嬢と風俗嬢では収入が段違い

キャバ嬢が風俗嬢に転向する理由の中で大きいのは、収入が上がるからです。両者を比較すると、一般的には風俗嬢の方が稼げます。店によって異なりますが、キャバ嬢の日給はだいたい1万円前後になります。一方風俗嬢で同じ時間働くと日給2万円以上稼げるのが相場です。つまり風俗嬢になれば今の倍稼げる計算になります。また風俗嬢は日払いにも対応しています。急な出費で今すぐ現金が必要な場合でも安心です。

男性客の扱いを理解しているのでキャバ嬢は風俗嬢向き

まったくの風俗初心者よりもキャバ嬢経験者の方が、風俗の仕事により早くなじめるでしょう。キャバ嬢も風俗嬢も、男性のお客さんをもてなす部分は一緒だからです。キャバ嬢は男性のお客さんを惹きつける魅力を持つ人が多くいます。上手く相手の懐に入り込めれば、指名客を増やせるでしょう。キャバ嬢と風俗嬢は全く仕事内容が異なると思われがちですが、キャバクラでの接客経験は風俗の世界でも活かせます。

キャバ嬢が風俗嬢に転向するメリット

キャバ嬢から風俗嬢に転向するメリットとして、お金に集約されがちですが、金銭面以外にも、多くのメリットが期待できます。面倒な営業をする必要がなくなったり、お酒を飲まずに済むメリットがあります。

キャバクラでのノルマに縛られない

キャバ嬢にはノルマがある場合が多く、達成できないとペナルティを課せられます。ノルマが達成できないとお客さんに必死に営業メールを送るなど、余計な作業が加わってしまいます。しかし風俗嬢になると、基本的にはノルマがありません。お客さんが多く取れなくてもペナルティがないので、自分のペースで仕事ができます。

面倒な営業メールを送る必要がない

キャバクラの場合お客さんに来てもらうために営業メールを送らないといけません。こまめに連絡して、頻繁にお客さんに来てもらうことで自分の売り上げにつなげていきます。風俗嬢の場合、営業でお客さんとやり取りする必要はありません。業務時間外の面倒な作業が省略できるのは大きなメリットになります。

お酒を無理に飲む必要がない

キャバ嬢を続けていると、お客さんに合わせてお酒を飲まないといけない場面は多いでしょう。しかし中にはお酒がそこまで好きでもないのに無理やり飲んできた人もいるでしょう。風俗嬢の場合、お酒をお客さんと飲むことはありません。キャバ嬢で長時間勤務していると酒量も増え、二日酔いになって体調を崩しがちです。せっかくの休日を二日酔いでダウンして無駄遣いしてしまう人も多くいます。風俗嬢になれば、無理にお酒を飲む必要がなくなります。

アフターや同伴を行う必要がない

キャバ嬢の中には売上アップするために同伴やアフターをしてきた人もいるでしょう。これはお客さんの本指名を繋ぎとめるためのもので、直接的には給料に反映されません。せっかくの勤務時間外なのに、実質無料でお客さんに時間を消費するのが苦痛に感じる人は多いでしょう。しかし風俗にはアフターや同伴は原則ありません。店外でお客さんに付き合う面倒な作業が省略されます。

キャバクラほど見た目に気合いを入れなくていい

キャバクラの場合、お客さんに指名してもらうために華やかできれいな格好をしなければなりません。そうなると衣装にもそれなりにお金をかけないといけないですし、見栄えのするメイクをする必要も出てきます。このような衣装代やメイクについては、当たり前ですが自費でまかないます。風俗嬢の場合、メイクは必要ですがお金がかかることはそこまで多くありません。

キャバ嬢から風俗嬢に転向する際の注意点

キャバ嬢から風俗嬢に転向するにあたってメリットのある半面、デメリットもあります。キャバ嬢で働く上で感じることのなかったリスクやトラブルが付きまといます。どのようなことに気を付けるべきか、以下にまとめました。

風俗嬢への転向は偏見の目に晒される

キャバ嬢と風俗嬢を比較して、風俗嬢の方が世間的には下に見られる傾向があります。特にキャバ嬢自体が風俗嬢を下に見る傾向が強いです。もし風俗嬢への転向を検討しているようであれば、お店で勤務していた同僚やスタッフには伝えない方が良いでしょう。またキャバクラ時代についていたお客さんが風俗店にやってきて、偶然再会することもあり得ます。その時にトラブルになる可能性もありますので、同じエリアで勤務するのは避けましょう。

性病になるリスクが高まる

風俗の仕事には性的なサービスが伴います。そこで切っても切り離すことができないリスクとして、性病があります。お店の中には性病を移されないように対策を講じているところもありますが、それでもリスクをゼロにするのは不可能です。また性病にならなくてもソープなど本番行為のある風俗の場合、性的好意を頻繁に行います。すると膣が傷つきやすくなり、炎症などのトラブルが起きるリスクがあることを理解しておきましょう。

1対1だからトラブルになりやすい

キャバクラのお客さんの場合、風俗と比較するとマナーをわきまえている人が多くなります。しかし風俗のお客さんは同じ様にマナーが良いとは言い切れません。お客さんの半分近くは風俗嬢に嫌われるマナーのない男性です。

また、ソープ以外の風俗は本番禁止です。何とかして本番を強要するお客さんもいるので、あしらい方を早くマスターするのがおすすめです。

キャバ嬢から風俗嬢に転向する際はスカウトサイトの利用を

キャバクラで働きながら転職先の風俗店を探すのはなかなか大変です。休職期間なしでスムーズに転向するためには、スカウト型の求人サイトを利用すると良いでしょう。スカウト型の求人サイトは会員登録すると、お店の人からスカウトメールが届きます。登録する際に「元キャバ嬢」と記載しておくと、多くのお店からスカウトされる可能性が高くなるのでおすすめです。

私の知り合いの風俗嬢もスカウトタイプの求人サイトで職場を探したみたいだね。その女の子の利用したサイトだと、入店が決まるとお祝い金がもらえるようでした。入店が決まるだけで1万円くらいもらえるみたいだから、お祝い金がもらえるかどうかを見ておくことをおすすめしますよ。

まとめ

キャバクラから風俗に転向する女の子は少なくありません。風俗は確かに稼げますが、面倒なお客さんとトラブルになるリスクや、性病リスクのデメリットがあります。メリットとデメリットの両面を考えて、風俗嬢に転向すべきか慎重に判断しましょう。

キャバクラ

Posted by ヒロシ