デリヘル嬢・ソープ嬢が知っておきたい性病対策と予防方法

2023年12月14日

風俗で働いていると性病に感染してしまう危険性があります。性病は恐ろしい病気とは知っているものの、体にどのような影響があり悲しい思いをするのかを詳しく知らない女の子もいるはずです。そこで、今回はデリヘル嬢やソープ嬢が知っておいて損はない「性病について」詳しく見ていきます。性病の危険性を知り、対策方法や予防方法について参考にして下さい。

性病の基礎知識

性交渉によって感染する病気である性病は、一般的には性行為で体を交える男女に感染リスクがあるものですが、デリヘル嬢やソープ嬢となると多くの男性と関わるため一層注意が必要です。まずは性病がどのように感染するのか確認していきましょう。

性病は「粘膜の接触」で感染する

性の世界における粘膜の接触とは、セックスやクンニ、フェラチオといったオーラルセックス、そしてキスとなります。多くの人がセックスする際にコンドームを付ければ感染リスクの心配はないと思っている様ですが、比較的ライトな性的サービスでも感染するため油断してはなりません。

気をつけたい性病の種類

性病には様々な種類があり、沢山の病気に悩まされる可能性があります。ここでご紹介するのは風俗嬢が比較的感染しやすい性病です。自身の健康を守り、お客さんにも感染させないためにはしっかりと性病の種類についても学びましょう。

クラミジア

国内で最も感染者の多い性病であるクラミジアは、現在約25,000人以上もの男女が感染していると言われています。クラミジアの症状の例としては、おりものが多くなる、性交渉の際に痛みを感じる、不正出血が起こる、下腹部に痛みを感じるなどです。知らずに放置しておくと腹痛が激しいものへと変化し、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。ただし専用の薬によって服用から2週間程度で治るようにはなっています。

ヘルペス

ヘルペスの感染者は現在約8,000人にも上ります。クラミジアと違って厄介なのは、これといった改善方法がないことです。薬によって症状を和らげたり再発の頻度を少なくしたりもできますが、かからないのが何よりも一番です。さらには感染しても症状がないケースも多く、ひどくなるまで自身が感染していることに気づかないこともあるのです。初期症状は小さな水ぶくれのような赤いぶつぶつができること、38℃以上の発熱、陰部に痛みを感じるなどです。放置による重症化が進むと排尿が困難になるほどの痛みを感じ、陰部や太ももがただれてきます。

カンジダ

カンジダというのは細かく説明すると性病にはあたりません。カンジダと呼ばれるカビが性器に繁殖して発症する感染症です。カンジダは元々体内の常在菌が原因であり女の子であれば誰しもが感染する可能性を持っています。そんなカンジダは、発症する主な原因としては体調の崩れやストレス、陰部が蒸れてしまう事が原因です。初期症状では、陰部の強いかゆみや炎症による痛み、さらにはチーズやヨーグルトのような白いおりものが出てきます。そのままにしておくと排尿ができないと感じるほどの痛みに襲われてしまいます。カンジダは薬でも治りますが、生活習慣の見直しで改善が可能です。

梅毒

梅毒は近年流行している傾向にある性病です。初期症状は陰部にしこりができたり、股の付け根のリンパ節が腫れたり、さらには全身の発しんを招きます。末期になるとその他の部位や筋肉骨にしこりができてしまい脱毛症状も出ます。また、妊娠中の早産や死産の確率も上がってしまう危険性があります。

淋病

淋病は女の子よりも男性に深刻な症状を引き起こす性病です。淋病を患った女の子の約80%は発症していても症状に気づかないため、思わぬところで男性に移してしまう可能性があります。症状は女の子であるとおりものが増えたり色が変わったり、不正出血が起き、また陰部にかゆみや痛み悪臭がする程度です。しかし男性に移ってしまうと性器に激痛を感じ、臭いの強い膿が出てしまします。

ほとんどが女性の体にひどい症状を招くものばかりですね。中には男性が激痛を感じる病気もあるため、性病をもらわないことばかりに注意を払うのではなく、女の子たちはお客さんに移さないことも重要になってくるんだね。

風俗嬢と性病の関係・風俗店での性病の扱い

性病が発覚したら完治するまで出勤はできなくなります。お客さんに感染し不快感や後悔を与えてしまってはいけませんし、なによりも働く女の子の身を守るためにも無理に出勤させません。

デリヘル嬢・ソープ嬢が性病にかかる確率

デリヘル嬢やソープ嬢が性病に感染する確率はこれといった数字が出せません。ナイトワークを始めて1ヶ月でかかる女の子もいれば、10年経ってもかからない子もいるので数字を挙げるのが難しいことが現状です。

お店は性病検査を実施してくれる?

性病の中には感染に気付きにくいものがあるので、風俗嬢は定期的な性病検査を受けるべきです。ただし風俗嬢であっても性病検査ができるお店とそうでないお店があるので気になる場合は事前に確認しましょう。

ソープの場合

ソープは本番行為を行うので性病に対してしっかり対処を取るべき必要があります。そのため店側も性病検査を勧めており、お店の中で実施しているところも多いです。

デリヘルの場合

デリヘルであると基本的には任意で検査を実施してもらうお店が多いです。求人ページ上では性病検査必須と書かれているからお店で受けられるのだろうと思っている女の子は多いと思いますが、実はそうでもありません。そもそも風俗店の多くは誇大広告で求人情報を載せていることがほとんどなので、そういった特徴や売り文句にはからくりがあると思ったほうがいいでしょう。

性病にかかるとどうなる?

万一性病にかかってしまったらどうすればいいのでしょうか?性病にかかったとなれば出勤できないことに加えて様々な問題が出てきます。それではどのような問題があるのか細かく見ていきましょう。

お店は出勤停止になる

性病が発覚したら残念ながらお店に出勤することはできなくなり、完治するまで出勤停止命令が下されてしまいます。そしてその間の保証は出ません。厳しい現実であるからこそ、性病には気を付けなくてはなりません。

自分の体にも大きな悪影響がある

性病によっては無症状なこともありますが、性病にかかっていると分かっているのであれば必ず治すべきです。性病は放置しておくと様々なリスクがあります。特に不妊症や流産、早産にもつながるものは後から後悔することばかりで、子どもを望めない体となれば大きなショックを受けることでしょう。

早めに治療しよう

性病に付きまとうリスクにショックを受けないためにも、性病は早めに治療しましょう。多くの性病は薬で治せて、かかった性病によってはすぐに治るものもあります。そもそも性病にかからないのが一番ですが、風俗嬢として働いているのであれば性病との問題はつきものです。早めに病院へ行く事がよりたくさんの人に移さないための大事な要素になります。性病検査は婦人科で行えます。検査結果が陽性であればその場で注射や塗り薬などでも治療してもらい、薬も処方されます。その後薬を飲み続けて再検査で陰性だと無事性病完治です。

性病にかかると恐ろしいことだらけですね。性病によっては無症状のまま、気付くことなく過ごす女の子も多く、気が付いた時には大変なことになっているなんて場合も…。とにかく性病は早期の発見が重要になってくるので定期的に検診を受けることが大事なんですね。

デリヘル嬢・ソープ嬢がやっておきたい性病対策・予防方法

性病は治らない病気ではありませんがデリヘル場やソープ嬢として働くのであれば常に性病がもたらす危険と隣り合わせということになります。まずは感染しないのが大事で、これまでに風俗嬢たちがやってきた性病対策や予防方法を真似していくのが仕事を健康に長続きさせるポイントです。

プレイの際に気をつけたいこと

風俗嬢が気を付けるのはとにかくプレイのやり方です。抑えておくべき対策ポイントを知るだけでも、性病にかかる確率をグッと下げられます。

お客さんの性器をしっかり洗う

性病にかかる原因病原菌は粘膜に潜んでいます。性器や肛門、口にいるのでこれらの場所をまずはしっかりときれいにしてあげることが大事です。一緒にシャワーを浴びて、清潔にしてあげるとお客さんも喜ぶでしょう。

お客さんの性器を確認

性病は見た目だけではなかなか判断が付きませんが、明らかにイボや膿が出ていたりすれば性病である確率が非常に高いです。万が一このように清潔でない性器である場合はゴムの着用が欠かせません。また性病は殺菌性の高い石鹸や洗剤を使用して分かることもあります。男性が洗浄中に痛がる場合は性病の可能性が高いので、プレイを断るかお店に連絡すべきです。

お客さんの衛生状態を確認

お客さんの指の爪が長いと、性病だけではなく他の病気にも感染しやすくなるリスクがあります。多くの店では事前にお客さんに爪を切ることをお願いしていますが、必ずしも爪がきれいに整っている人は少ないです。女の子はお客様の衛生状態も確認し、もし長い場合にはお願いして膣への行為を避けるか、優しくしてもらうようにしましょう。

プレイ後にトイレに行く

プレイ後膣内は洗えても尿道までがきれいに洗えるわけではありません。行為が終わったらトイレに行ってなるべく尿を出して付着した菌を流し落とすことが必要です。ですので、プレイ前はたくさん水分を摂取しておくことが重要になってきます。

普段の生活で気を付けたいこと

性病対策は仕事中だけではなく普段の生活も、性病にかかるか、かからないかを大きく左右する要素です。では一体どんな対策が必要なのでしょうか?

免疫力を高める生活に努める

性病を持った人と関わらないのが一番の対策ではありますが、風俗嬢となるとそうもいきません。性病は免疫力があるとかからない可能性が高まります。免疫力を上げるにはバランスの良い食事にしっかりと睡眠を取ること、さらには適度な運動が必要です。免疫力を高めて少しでも性病を防ぐ確率を上げていきましょう。

生理や体調不良時は出勤を控える

生理であっても海綿を入れて出勤する女の子は多いですが、生理中の膣内は非常にデリケートであって性病にも感染しやすい状態です。また、体調不良であると免疫力が下がっているため、性病に感染する確率が高くなります。生理時や体調不良である場合はなるべく出勤しない方が良いでしょう。

粘膜に傷があるときも出勤を控える

粘膜を通して感染する性病だからこそ粘膜に傷があるとなおのこと性病感染率が高くなります。傷がある状態での出勤は大変危険なので、出勤を控えましょう。

仕事柄防ぎようのないことだとは分かったとしても、きちんと対策しておけば性病がもたらす苦しみを味合わなくて済みます。対策出来ることに関してはできるだけ多く実践しましょう。他のお客さんに移さないためにも女の子自身もしっかりと性病について考える必要があるんだね。

まとめ

性病に悩まされている男女は多くいます。特に女の子は風俗嬢として仕事している事により、性病の感染リスクは非常に高く、性病の悩みを抱えている女の子もいます。性病の恐ろしい症状に頭を抱えないためにも日頃からしっかりと対策を打っておくべきです。お客さんとの対応や日頃の生活など出来る対策は複数あるので、性病にならないためにも実践することが大切です。