風俗で日給3万を稼ぐなら?選ぶべきバイトはこれ!

2023年12月14日

風俗で働いている女の子の中には、たくさん稼げるようになりたいと思っている子も多いはず。しかし稼げるようになるには、指名を増やしたり女子力を磨いたりと様々な努力をしなければなりません。
そこで今回は、普通のアルバイトで日給3万円以上を稼ぐにはどうすれば良いのか、水商売で日給3万円以上稼ぐにはどのようなアルバイトをするべきかを紹介します。たくさん稼ぎたいという女の子は、ぜひ参考にしてください。

普通のアルバイトで日給3万円を稼ぐことは可能?

風俗ではなく普通のアルバイトで日給3万円を稼ぐことはできるのか、疑問に思っている人は多いでしょう。実は普通のアルバイトで日給3万円を稼ぐには、体力と精神力が必要です。まずは、普通のアルバイトで稼げるのか解説していきます。

稼げないこともないがかなり難しい

日給3万円という条件でアルバイト情報を検索してみても、なかなか見当たらないのが現状です。もし仕事が見つかったとしても、拘束時間と実働時間の割が合わない場合もあります。
そのため日給3万円で探すよりも、時給4,000円前後のアルバイトを探した方が無難です。時給4,000円前後のアルバイトには、キャバクラやフロアレディなどの水商売が目立ちます。しかし一般的な求人サイトを探しても、時給4,000円前後のアルバイトはなかなか見つかりません。
通常のアルバイトでも日給3万円を稼ぐことはできますが、実際はかなり難しいでしょう。

日給3万円を稼ぐには資格が重要

日給3万円を稼げる仕事の中に、薬剤師や看護師があります。薬剤師はドラッグストアや薬局などで活躍できる職業で、薬剤師資格を持っている人は全国で募集しています。
地域や会社によって待遇に差はありますが、資格を持っていれば時給4,000円前後で働けて、日給3万円ほどを稼げるはずです。一方有料老人ホームの正看護師は、資格さえあれば全国どこでも働けます。
病院や個人経営のクリニックなど様々ですが、特に有料老人ホームの正看護師は待遇が良い場合が多いです。看護師も資格が必要で、資格が取れれば日給3万円も夢ではありません。

私は普通のアルバイトで日給3万円を稼ごうと考えると、拘束時間や実働時間が気になります。ブラック企業だと拘束時間と実働時間が長く、休憩が短いことが多いので注意が必要。また普通のアルバイトの場合、日給3万円を稼ぐまでには少々時間がかかることも。しっかり働いても日給3万円までいくのは難しそうですね。

日給3万円を水商売で稼ぐには

普通のアルバイトで日給3万円稼ぐのが難しいのであれば、水商売での稼ぎを試みましょう。ここでは、水商売の中でもキャバクラで日給3万円を稼ぐにはどうすれば良いのかを紹介します。

キャバクラで稼ぐ

キャバクラで働くキャバ嬢の仕事は接客業に分類されます。接客業にも飲食店やサービスなど様々なものがありますが、キャバクラは究極の接客業と言われていて、一般的な接客とは異なります。
キャバクラは基本的に、女の子がお客さんとお酒を酌み交わすことが仕事です。お酒を酌み交わしてお客さんの話を聞いたり、お客さんを盛り上げたりするためのサービスを行います。
キャバクラで稼ぐには、次回も指名してもらうためにたくさんサービスをしなければなりません。さらに、お客さんにアフターへ連れて行ってもらうために、色々と工夫しなければいけないので、考えることがたくさんあります。

キャバクラの仕事の流れは

キャバ嬢の仕事の流れは、まず出勤後にお店が用意しているドレスに着替え、ヘアメイクを済ませるところから始まります。お客さんが指名するかフリーにするかでもらえる金額が変わるので、指名を取れるように工夫しましょう。
フリーでの指名だった場合は、お客さんの隣に座って名刺を渡します。もし指名された場合は、名刺は渡さずに指名してくれたお礼を言いましょう。名刺を渡したりお礼を言ったりした後は、お客さんのお酒と自分のお酒を作って一緒に飲みます。
お酒が飲めない場合はノンアルコールを飲みますが、ノンアルコールでもアルコールを飲んでいるかのように見せると良いでしょう。お客さんとおしゃべりを楽しみながら、お客さんのお酌をしたり煙草に火を付けたりするなど、細やかな接客をしていきます。
時間が近づいたら、延長するか別の子を指名するか決めてもらいます。この時にボトルを入れてもらえると、さらにお金を稼げます。勤務中はお喋りを楽しんだり連絡先を交換したりして自分の好感度を上げていきましょう。
勤務前の待機中はお客さんと連絡を取って、出勤していることをアピールします。勤務が終わった後は、お客さんとアフターで食事やカラオケなどに行くとより指名率がアップするでしょう。

キャバクラで日給3万を目指すならどれだけ働けばいいのか

キャバ嬢の給料は完全歩合制で、個人や店によってもらえる金額が異なります。体験入店の場合は一律で時給が設定されていますが、本格的に働き始めると単価や指名料などの要素が絡んできます。歌舞伎町の場合、時給4,000~5,000円ほどの店が多く、有名店や会員制のお店になると時給7,000~1万円の場合もあります。
歌舞伎町でも時給4,000円からとなるので、しっかり働かないと日給3万円には届かないでしょう。しかし高級な会員制のお店になると、時給7,000円から出してくれるので比較的すぐに3万円へ届くかもしれません。

キャバクラ嬢になるにはある程度のルックスが必要

キャバ嬢になるために特別な資格は必要ありませんが、20代前半の女の子が中心の仕事なので、年齢が上すぎると体験入店をするのが難しくなります。また年齢だけでなく、ある程度のルックスも必要です。
キャバクラでは「きれいで可愛い女の子と飲みたい」というお客さんが多く、体験入店ではある程度のルックスが重要になってきます。さらに顔だけでなく身だしなみも重要で、きれいなドレスを着て、髪やメイクもきちんとしているキャバ嬢の方が指名を取りやすくなっています。
ただし、ルックスだけでは指名客は増えません。会話の楽しさや頭の回転が速く気配りがすぐにできるなどの要素も接客業には重要です。お客さんとの会話を盛り上げるために、日頃から新聞やテレビなどから情報を得るようにしましょう。

キャバクラ嬢として働くメリット

キャバクラ嬢はお酒を飲んだり酌み交わしたりと、様々なことをしなければなりません。仕事は大変だと言えますが、そんなキャバクラ嬢として働くメリットがあります。どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

水商売の中では時給が高い

水商売の中でも一番時給が高いのは、キャバクラ嬢として働くメリットと言えるでしょう。クラブやガールズバーなど水商売にも種類がありますが、キャバクラは人気商売のため、人気が出れば出る程稼ぎが大きくなります。
通常の飲食店やカフェなどで働くと、都心でも時給は1,300円前後ですが、キャバクラ嬢の時給は4,000~5,000円と高額になります。効率良く稼げるのは大きな魅力です。

時給以外にも稼ぐ方法がある

通常のアルバイトとなると時給以外に稼ぐことはできませんが、キャバクラ嬢は本指名料やドリンク手当など様々な手当てが支給されて時給アップにつながります。特に多いのが本指名で、お店に入る時に特定のキャバクラ嬢を指名してくれた場合に付く本指名手当はキャバ嬢からしてみると嬉しいものです。
他にもお客さんと同伴して出勤した時の同伴手当や、本指名したお客さんがボトルを注文した時のボトル手当など様々な手当てで収入アップが見込めます。

美に関するモチベーションが上がる

キャバ嬢が相手にするお客さんは男性なので、女の子は見た目の美しさを作るために手を抜きません。すると自然と美へのモチベーションが上がっていき、お客さんからの指名を獲得できるでしょう。
美意識が上がることで人に見られている意識も上がり、自分のことを好きでいようとする自己肯定感も育てられます。

キャバクラ嬢として働くデメリット

キャバクラ嬢として働くことにはメリットがたくさんあると思われがちですが、もちろんデメリットもあります。どんなことがデメリットになるのか、見ていきましょう。

基本的に夜勤務がメインなので生活習慣が乱れる

キャバクラは夜のお仕事がメインとなるので、今まで整えてきた生活習慣のバランスが一気に崩れてしまいます。19時~深夜まで働いてお客さんとアフターへ行く場合は帰宅が朝になることも多いです。
最初は生活のリズムが崩れたせいで、肌荒れを起こしたり体調不良になる人もいます。特に環境が変わってストレスを抱えやすくなっている時は、肌のケアや体調管理に気を付けましょう。
夜中まで働くのは厳しい人は、早朝にやっているキャバクラや昼間にやっているキャバクラなどをしてみると良いかもしれません。夜に比べると時給は少し減りますが、頑張れば日給3万円も稼げます。

ノルマを達成できない場合は罰金が発生する

実はキャバクラの世界には月や週のノルマがあり、ノルマを達成できなかった場合は罰金が発生する場合もあります。中には、当日欠勤や遅刻をした場合に罰金を取るお店もあるほどです。
無断欠勤や遅刻をするのは良くないことですが、昼間は会社に勤めている人だと業務が長引くこともあるのでこのようなノルマは非常に厳しいでしょう。体調が悪くて休みたいけど、罰金があるから休めない人も多いようです。

営業が結構大変

キャバクラの求人には労働時間の項目に、夜8時~2時までとなっている場合が多いので、時短労働で稼げると思っている人は多いです。しかし、実際にキャバクラで日給3万円以上を稼ぐ場合は営業活動をしなければいけません。
キャバクラの営業活動は、お客さんと電話したりメールをしたりなどプライベートの時間に連絡を取ることを言います。営業活動中は、お客さんに合わせなければいけないため、メールでの連絡でも長引くことが多くなります。
お店に出る時間は短くても裏で営業をする時間が非常に長いため、一人の時間がなかなか取れません。

キャバクラ嬢に向いているのは夜型でかわいい系の女性

キャバクラ嬢に向いているのは、夜型で顔も性格も可愛い系の女の子です。夜型で既に生活リズムが形成されている場合は、生活リズムの乱れによる体調不良や肌荒れなどを気にしなくて済みます。
また、顔も性格も男性に好かれるような可愛い女の子は、キャバクラ業界にとって集客できる重要な存在です。容姿が可愛い女の子はお客さんから指名をもらえることが多いので、容姿を可愛くしておくことはポイントになります。
しかし、ルックスには自信がない人もいるでしょう。ルックスに自信がなくても、ナチュラルメイクで可愛かったり派手なメイクで可愛かったりと様々なタイプの女の子がいます。どんなタイプの女の子でもお客さんを虜にできる可愛い性格であれば問題ありません。

逆に気遣いが苦手な人はキャバ嬢は不向き

キャバクラに限らず、お客さん相手に気遣いができない人は自分勝手な悪い印象を残してしまいます。キャバクラは接客業の中でもお客さんとの距離が近く、細かい気遣いが必要になるでしょう。
そのため、周りの変化に気付きにくい人やお客さんに対して気遣いができない人は、キャバクラ嬢に向いていません。お客さんに対しての気遣いとは、お客さんを盛り上げたりタバコの灰皿を新しいものに変えたりすることです。
お客さんに対しての気遣いは他にもありますが、お客さんを不機嫌にさせる言動は基本的にしてはいけません。

私はキャバクラがお客さんの機嫌を良くして人気を競り合う商売だと思っていて、お客さんの機嫌を損ねるような気遣いができない女の子はお店からも見捨てられるでしょう。また、黒髪清楚系やギャル系まで様々なタイプがあるようにお店にもタイプがあるので、自分に合うお店を見つけることが重要ですね。

やっぱりサクッと稼ぐなら風俗が一番!

手っ取り早く稼ぎたい人は、風俗嬢を目指すことをおすすめします。ここでは、風俗の中でもすぐに日給3万円が手に入るソープについて紹介します。

風俗の花形・ソープで稼ぐ!

ソープランドとは、本番アリの風俗店のことを言います。普通の風俗店と異なる点は、待機時間や移動時間が短く1本あたりのパックが高いことです。また、緩い風俗店の場合は当日欠勤やシフトに関して融通が利きますが、ソープランドで働く場合はシフトや当日欠勤に非常に厳しいのが特徴です。
さらにソープランドは女性の審査にも厳しく、採用条件やルックスがチェックされます。普通の風俗店よりも、色々な意味で厳しいのがソープランドです。

ソープランドの仕事の流れを解説

ソープランドと言っても、高級店・中級店・大衆店・激安店などによってサービス内容に違いがあります。ソープランドの仕事の流れを解説していきます。
①受付
まずは来店したお客さんが受付をします。女の子は身バレ防止のために、監視カメラでお客さんの顔を確認できます。
②お客さんと対面
お客さんと対面した時は、第一印象を良くするために挨拶と最高の笑顔で迎えましょう。お客さんを出迎える時は、正座をして三つ指をつき深く頭を下げて挨拶をします。エレベーターの前でお出迎えする店もあるので、注意してください。
③即即プレイ・洗体
即即プレイとは、即尺という入室してすぐにお客さんにフェラをするサービスと、体を洗わずにベッドプレイをするサービスの両方を行うことです。高級ソープ店ではこのようなサービスも行います。
即即プレイがない店では、プレイに入る前にお客さんの体を洗います。即プレイがある場合は、プレイ後に洗体をするのが一般的です。お客さんに特殊な椅子に座ってもらい、お湯で溶かしたローションを体に塗り密着して体を洗っていきます。
④入浴・マットプレイ
体を洗ったら入浴タイムになりますが、お風呂に入る前にお湯の温度をお客さんの適温に調節しておきましょう。また、お風呂に入るだけでなく、たくさんのテクニックを使ってお客さんを楽しませてあげます。
お風呂から上がったらマットプレイをします。マットプレイも入浴時と同様にテクニックを使ってお客さんを楽しませます。
⑤ベッドプレイ
前戯をしてお互いの体が温まってから本番行為をします。本番行為があるのがソープランドの特徴です。本番行為をする時は、お客さんの好きな体位へと誘導しましょう。
⑥休憩やマッサージをする
洗体からここまで休憩を入れずにやっていくので、疲労感が溜まります。ぐったりと疲れている男性に対して、休憩をはさんでマッサージをしましょう。丁寧なマッサージをするだけでも、お客さんは喜んでくれます。
⑦トークで盛り上がるか2回戦するか希望を聞く
休憩・マッサージをしながらトークで盛り上がりつつ、お客さんに2回戦をしたいか希望を聞きましょう。お客さんの希望を最優先でプレイをすると、喜んでもらえます。
⑧時間がきたらシャワーを浴びて退室・見送り
タイマーが鳴ったら、シャワーを浴びて体の汚れを落とし着替えましょう。シャワーを浴びる際も誘導してあげてください。シャワーを浴びて退室した後は、必ず笑顔でお見送りをしましょう。

ソープランドは立地エリアが限られている

ソープランドは、ソープ街と言われる一部地域に密集しています。主にキャバクラやクラブがある地域がほとんどです。ソープランドで働ける年齢はどの地域も同じと思われがちですが、実は法律などで決められておらず地域によって18歳から、20歳からとバラバラです。

ソープランドなら日給3万円は簡単にクリアできる

ソープランドはお客さんが払うお金が風俗業界の中では一番高く、稼ぎやすい仕事です。日給3万は簡単にクリアでき、真面目に出勤していれば月に100万円以上稼ぐこともできます。たくさん指名が入れば、数百万円も稼げる可能性もあるでしょう。

ただしお店のランクで稼ぎが大きく変動するのがソープランド

ソープランドのお店を格付けすると、超高級店~激安店までお店ごとでランク付けされています。ランクによってお客さんの利用料金も変わるため、そのお店で働くソープ嬢の給料も変わります。つまりお店のランクが下になればなるほど、ソープ嬢も稼げなくなる仕組みです。

ソープランドで働くメリットとは

ソープランドで働くメリットを紹介します。

最大のメリットはやっぱり稼げること!

少しでも多く稼ぎたい女の子は、ソープランドで働くことをおすすめします。風俗業界の中でも圧倒的に高収入を見込める仕事ですが、ソープは風俗の中でも最もハードな仕事内容なので、お金のために体を張れる覚悟がある方が良いでしょう。

店舗型なので移動しなくてもいいのが魅力的

ソープはデリヘルのように移動せず、店舗でお客さんが来るのを待つ「店舗型」になります。移動時間でロスすることもないので、効率的にお金を稼ぎたい人にも向いています。

ソープランドで働くデメリットには何がある?

メリットだけでなく、デメリットも把握した上でどの仕事を始めるのか考えてみましょう。

ハードな仕事のため体力が必要

ソープランドは他の風俗店に比べてハードなプレイを要求されます。お客さん1人あたりの時間も長めになるので、体力を消耗することになります。高収入は得られるものの体力に自信がない人だと途中で音を上げてしまうかもしれません。

高級店の場合採用されるのが難しい

ソープランドは基本的に他の風俗店に比べて採用ハードルは高めですが、特に高級店だとより一層採用で見られる部分は多く、採用されにくい傾向にあります。高級店なら日給3万も余裕で到達しやすいのですが、その分採用されにくいので注意が必要です。

私は日給3万を確実に確保するなら風俗、さらにソープランドがかなり稼ぎやすいと思います。1本数万円単位になるので、1日で10万円近く稼ぐこともできますよ。とにかく短期でもガッツリ稼ぎたい人はソープランドが良いかもしれませんね。

風俗ならデリヘルもおすすめ!

ソープランドのように稼ぎたいが、本番行為に抵抗がある女の子も多いでしょう。そんな人にはデリヘルがおすすめです。デリヘルの仕事内容を紹介していきます。

デリヘルの仕事内容とは

デリヘルでは主にお客さんが指定したホテルや自宅へ移動し、そこでサービスを提供するお仕事となっています。ソープランドとは違い本番行為は禁止されていて、基本プレイはディープキスや全身リップ、フェラ、素股などが一般的です。1人あたりの接客時間は60分~となります。

デリヘルの仕事の流れ

デリヘルの仕事の流れは以下の通りです。
①事務所へ出勤
まずは事務所へ出勤します。お店によっては自宅待機OKの場合もあるので事前に確認しておきましょう。出勤したらお客さんからの指名が入るまで待機することになります。
②指名が入ったら指定の場所まで移動
お客さんから指名が入ったら、指定する場所へ移動します。移動はお店が用意したドライバースタッフと車があるので、それに乗り込みましょう。
③挨拶
お客さんと対面し、簡単に挨拶をします。部屋に入ったら荷物の置き場所や座っていい場所などを聞きつつ、お互いが座ったら再度挨拶してください。
この時、簡単に自己紹介や部屋の感想、見た目のお世辞などを話すと好印象につながります。挨拶が済んだらお店へインコールをして今どこにいるのか、いくらお客さんに払ってもらうかを確認しておきます。
④シャワーで体を洗う
お客さんと一緒にシャワーを浴びます。まずはお客さんの体を丁寧に洗い、局部には殺菌作用を持つグリンスなどの石けんを使って洗い、性病の感染防止に努めましょう。
自分の体も洗ったら一緒に上がり、バスタオルで拭いてあげます。あとは歯磨きとイソジンでのうがいもきちんと行い、清潔な状態を作ってあげましょう。
⑤プレイ
ベッドに移動したらいよいよプレイに入ります。デリヘルで提供できる基本プレイは様々ですが、すべてをする必要はありません。お客さんが希望するプレイをしてあげましょう。
お客さんが射精したら、希望があればもう1回、そうでなければピロートークに入りましょう。
⑥シャワーで洗い流す
ピロートークが終わったらシャワーで体をきれいに洗い流し、一緒にお風呂から出ます。バスタオルで拭いてあげてお互いに服を着たら帰る準備をしましょう。
⑦帰る準備と残りの時間で会話
忘れ物がないか確認し、帰る準備を済ませておきます。ここまでで時間がまだ余っていればお客さんとの会話を楽しみましょう。ピロートークとは違い、普通の会話で十分です。この時、連絡先を交換するか名刺を渡すと次の指名につながりやすくなります。
⑧アウトコールからお客さんとお別れ
お店側から残り時間を知らせるアウトコールが来ます。あとはお客さんに挨拶をしてお別れとなります。迎えに来ている車に乗り込み、指名が入っていれば次の現場へ、そうでなければ待機所へ戻ります。

デリヘルでも日給3万円を稼ぐことは可能!

デリヘルの給料はお店ごとに違うものの、日給3万円以上稼ぐことはできます。中にはソープランドと同じくらい稼いでいる女の子もいるようです。大体日給4万円が相場なので、15日働けば月収60万円、年収720万円も夢ではありません。

デリヘルは24時間働けるのが魅力

デリヘルは基本的に店舗を持たず、24時間営業している場合がほとんどです。そのため、短期間でガッツリ稼ぎたいという人やスキマ時間を見つけて働きたい人にも向いています。

デリヘルで働くメリット

短期間でガッツリ稼ぎたい人にもおすすめのデリヘルですが、その他にも働くメリットはあります。詳しく紹介していきます。

お店の選択肢が多いので自分にあったお店がみつかる

デリヘルはソープランドに比べてお店の数が多いことが特徴的です。お店の数が多いということは色んなコンセプト・種類のお店があることにもつながります。そのため、自分にあったお店も見つかりやすいでしょう。

デリヘルは家族や友人にバレにくい

風俗店で働く場合、家族や友人にバレないか不安に思う人も多いでしょう。デリヘルの場合、ホームページでの顔写真掲載をNGにしたり、自宅や勤務先に近いエリアをNGに指定したりできます。こうしたNGを設けておけば家族や友人にバレるリスクを回避できます。

デリヘルで働くデメリット

メリットの多いデリヘルですが、その一方でデメリットもあります。デリヘルのデメリットを解説していきます。

本番を期待している男性が多い

デリヘルでは本番行為が禁止されていますが、お客さんの中には本番を期待している人もいます。お金は出すからとお願いされても、後々本番ができると噂になってしまいますし、性病の感染リスクも高まります。本番をしても将来的に良いことはないのできちんと断るようにしましょう。

デリヘルでも性病に感染する可能性がある

本番は禁止されているものの性病に感染しないわけではありません。生フェラや素股でも性器が触れる以上性病に感染するリスクはあります。また、コンドームを付けていたとしても感染リスクをゼロにできるわけではないので注意しましょう。

私は、日給3万円以上のバイトをするならデリヘルも候補の1つとしておすすめしたいです。ソープに比べてハードなプレイは要求されないですし、家族・友人にバレるリスクも低いので、女の子にとってかなり働きやすい職種だと思いますよ。

男性と直接接触しないチャットレディもおすすめ!

ソープランドやデリヘルのように、男性と直接接触したくないという人はチャットレディで働いてみましょう。ここからはチャットレディの仕事内容から日給3万円は稼げるのか紹介していきます。

チャットレディの仕事内容

チャットレディでは、カメラを通して自分を映しながら画面の向こう側にいる男性とチャットを楽しむ仕事です。男性とコミュニケーションは取りますが、直接触られることはないので安心して働けるでしょう。

チャットレディの仕事の流れ

チャットレディは登録したライブチャットサイトにログインしたら、男性がルームに入ってくるまで待機します。男性がルームに入ったらチャットやマイクを使って話しかけてくるので、会話を楽しみましょう。

チャットレディでも努力次第で日給3万円は可能!

チャットレディは在宅でも手軽に仕事ができることから多くの女の子にも注目される仕事ではあるものの、その一方で稼げないのでは?と疑問に感じる女の子もいます。しかし、大手ライブチャットサイトだと最大時給はアダルトで4,000~8,000円前後、ノンアダルトでも3,000~4,000円前後になるので一般的なバイトに比べれば高時給が期待できます。
日給3万円以上を目指すなら努力が必要ですが、コツさえ掴んでしまえばしっかりと稼げるようになるでしょう。

チャットレディで稼ぐコツをチェック

では、具体的にどのような工夫をすれば日給3万円以上稼げるようになるのでしょうか?チャットレディで稼ぐためのコツを解説します。

パーティーチャットでガッツリ稼ぐ

チャット形式には男性と2人きりで会話を楽しむ「ツーショットチャット」と、1人~数十人以上の男性と同時に会話を楽しむ「パーティーチャット」があります。
1分ごとの報酬はツーショットチャットの方が高いものの、パーティーチャットだとルームに入っている男性の数だけ倍増していくので、1回でも高額な報酬が得やすくなります。たくさん人が集められるようになったら、積極的にパーティーチャットをしていきましょう。

待機画面用の写真は入念に選びプロフもしっかり作成する

ライブチャットサイトでは待機画面用の写真を準備する必要があります。待機画面は男性が訪問するきっかけを作る大切な画面なので、写真は自分がより良く、きれいでセクシーに見えるものを選びましょう。
また、プロフ作成も丁寧に書いておくと、会話も盛り上がりやすくなりますし、男性からの好印象につながります。

チャットレディのメリットはやっぱり自由な時間に働けること

チャットレディのメリットは、何と言っても自分の好きな時間に働ける点です。特にシフトもないので自分の生活リズムに合わせて働けます。資格やスキルがなくても簡単に仕事を始められるので、誰でも挑戦できるのが魅力です。

ただし顔出しの程度によっては家族バレのリスクも

チャットレディのデメリットとしては、顔出ししないと稼ぎにくい点が挙げられます。顔出ししなくても仕事自体はできますが、男性側からすると顔が見えない相手に魅力を感じる人は多くありません。
日給3万円以上でガッツリ稼ぐためには顔出しが必要です。多少顔を隠していたとしても、家族にはバレてしまう可能性はあるでしょう。

話術に自信があるならチャットレディがおすすめ

チャットレディは年齢や体型、既婚・未婚に関係なく、誰でも働ける仕事です。男性とのコミュニケーションが仕事の主体となってくるので、話術に自信がある人ならチャットレディに向いています。また、自分から話すのは苦手でも聞き上手なら男性人気も高いので、ぜひチャレンジしてみてください。

私は自由な時間に働けるチャットレディでも努力次第で日給3万円も稼げるとは思ってもみませんでした。そう考えると一般的なバイトをするより断然チャットレディを始めた方が良いと思います。特に話術に自信がある人や聞き上手な人はチャットレディに向いているので、より高収入も得やすくなりますよ。

まとめ

今回は風俗で日給3万稼げるバイトを紹介しました。普通のアルバイトだと日給3万円のバイトを見つけるのは大変ですが、風俗なら日給3万円はもちろん、働くお店によっては日給10万円以上もらえる可能性もあります。
チャットレディは日給3万円稼ぐことも可能ですが、ある程度の努力は必要になります。他のお仕事でも指名が入るように、接客を工夫していかなくてはなりません。高収入バイトでも一切努力せず稼げるわけではないので注意しましょう。

風俗バイト

Posted by ヒロシ