マットヘルスとファッションヘルスの仕事内容の違いについて

2023年12月14日

Anemone123 / Pixabay

稼ぐために風俗で働くには、稼げる種類など風俗について知ってなければなりません。
しかし、風俗の種類は多く、特にヘルス系列は「ファッションヘルス」「デリバリーヘルス」「人妻ヘルス」など数多くあります。
そんな中、挿入のヘルスで比較的稼ぐことのできる「マットヘルス」というのがあります。

あまり聞きなれないマットヘルス。
基本であるファッションヘルスとは何が違うのか?
ソープのマットプレイとは違うのか?
そのような、稼ぐための選択肢として視野に入れる為にマットヘルスについて調べてみましょう。

ファッションヘルスってなに?

マットヘルスとファッションヘルスの仕事内容の違いについてフェラや手こきなどのテクニックを用いてサービスを行う風俗の事です。
呼び方として他に「店舗型ヘルス」「箱ヘル」などの呼ばれ方をします。
店舗に用意されている個室で、客とシャワーを浴び、その後、「フェラ」「手こき」「69」「素股」「リップ」などのテクニックを用いて客にサービスをします。
風俗の代名詞「ソープ」と二分される風俗の種類であり、ソープとの違いは本番行為をしないことです。

その代わり、ソープよりも多彩なテクニックがあり、店舗によってはAFや放尿などのマニアックなオプションがある店舗もあります。

デリヘルとどう違うの?

デリヘルとの違いは風俗店が用意する個室の有無です。
プレイ内容自体はファッションヘルスと違いはほとんどありません。

ただ、プレイルームが無い為、ホテルや自宅といったプレイする場所に出張し、そこでプレイを行います。
ファッションヘルスの待機所は各女性に割り当てられたプレイ部屋で待機するのが一般的になりますが、デリヘルでは部屋が無い為、待機専用の部屋を用意しています。
待機所は同室が多いですが、中には個室や自宅から出勤などもあるそうです。
デリヘルは店舗を持たない為、人材さえいれば簡単に開店しやすく昔と比べ主流になって来ています。

ファッションヘルスよりは身バレしにくく、登録店舗が多い為、融通が利きやすく多くの女性が在籍しやすい風俗ですが、ホテルや自宅など、風俗店のスタッフが近くにいない為、何かあった際すぐに助けを呼ぶことが出来ないことが問題として挙げられます。

マットヘルスってなに?

ソープのサービスである、マットプレイをメインとしたヘルスプレイです。
浴室などの広い場所にビニール製のエアーマットを置き、その上でプレイを行います。
フェラやパイズリなどファッションヘルスと同じ仕事内容ですが、一番のポイントはローションを全身に使用することです。

ローションを全身に付着させ、互いの体を擦り合わせます。
ローションのヌメリは、余分な力を分散させる為、普段の力より強く刺激しても痛くならず、普段よりも高刺激な快感を与えます。
また、全身付着している為、エステや女体洗浄の様にこすり合わせます。
女性器や胸を使用し、全身をこする感覚は、くすぐったい様な全身性感帯になるような不思議な感覚を客に名耐えることが出来ます。

ソープのマットプレイとどう違うの?

電球ソープで行うマットプレイとの違いは挿入が無いことだけです。
ソープのマットプレイと同じ仕事内容とは言え、ヘルスであるからには本番行為はNGです。
ソープのマットプレイは用意と挿入の都合上、ある程度の接客時間が必要になります。

また、ソープはヘルスと比較して値段が高いのが特徴です。
そのような事情から「マットプレイをしてみたいけど、ソープで行う時間や金がない」という客の為に、手軽にサービスを受けられるように設立されました。
マットプレイは全身を使う重労働です。
特にソープは接客時間が長く、何度も行うのはとても大変です。

ですが、ソープと比べてヘルスは接客時間短い為、幾分疲れにくく、体力に自信がない女性もサービスしやすいです。
また、料金の違いは風俗嬢にも影響し、マットヘルスの方がバック率は低く、給料は安くなります。

どちらで働いた方がいいの?

どちらがいいというわけではなく、それぞれ特徴があり、自分に合う仕事内容で決める必要があります。

ファッションヘルスについて

メリット

「初心者でも大丈夫」「店舗が多い」「オプションで稼ぎやすい」
ファッションヘルスのメリットは、風俗初心者でも始めやすいということです。
「フェラ」や「パイズリ」など始めは難しいかもしれませんが、やり方は簡単ですぐにできるようになります。

他のテクニックも口頭で説明可能なテクニックが多く、マニュアルも完備している為、初心者でも簡単に覚えることが出来ます。
客によってはその素人さが良いという人までいます。
また、ファッションヘルスの店舗は多く、学んだ内容は風俗の基礎の様な内容で他の風俗でも通用しやすい為、移転しやすいのが特徴です。
他にも、店舗独自のオプションを多く入れてもらえればそれだけで稼ぐことが出来ます。

逆に言えばオプションが無ければあまり稼げないと言える為、デメリットと言えなくもないです。

デメリット

「稼ぎにくい」「テクニックを要求される」「下手な客から痛い思いをする」
逆にデメリットは稼ぎにくいということです。

店舗が多いということはそれだけ風俗嬢が多く、デリヘルも含めればかなりの人数がいます。
そうなると、客から指名がされにくくなり、埋もれて稼げなくなってしまいます。
他にも、挿入が無い為それに見合うテクニックを要求されたり、受け身にされた際客から乱暴に扱われたりすることが問題です。
素人とは逆で「金を払っているのだからそれに見合うテクニックをしてもらいたい」と考える客の天にも昇るテクニックを望む場合や、女性の扱いが悪い客の攻めで痛い思いをしてしまう場合などがあります。

オプションを入れなければ稼ぎにくいということもあり、独自の技術で固定客を摑まなければ稼ぎ続けることができないと言えます。

マットヘルスについて

女性 ランジェリーメリット

「主導権を握りやすい」「給料がいい」

マットプレイの殆どは客に奉仕する側になる為、主導権が握りやすいです。
ファッションヘルスなどだと客が攻めに移行し体を触ってくることがあります。
しかし、女性の扱いがうまくない客だと、胸などを強く乱暴に揉んだり、無理やり膣内やアナルに指や道具を入れ傷つけたりなど、快感を得られず苦痛しかないプレイになる可能性があります。
しかし、主導権を握ることでその場をコントロールでき、怪我などが無い安全なプレイが出来ます。

また、疲れたならゆっくりとしたプレイ、早く終わらせたいなら過激なプレイと、自身で負担を調整できるところがポイントです。
他にもヘルス店よりも比較的給料が高いのが特徴です。
マットを使った特殊な奉仕と、全身運動による重労働という仕事内容はとても大変で、それに見合う給料を得ることが出来ます。
給料はソープの内容を一部行う為、大体ヘルスとソープの間位の給料を稼ぐことが出来ます。

デメリット

「重労働」「特殊なプレイの講習」「店舗数が少ない」「本番強要されやすい」
逆にデメリットは、全身を使う重労働と、特殊なテクニックを講習する必要があることです。
給料がいいのは訳があり、その理由が「大変」ということです。

ファッションヘルスでは行わないマットを使用したテクニックを習います。
全身を使用した重労働なローションプレイはもちろん、ローションは滑る為マットから転落しないようにする方法や、マットやローションなどの正しい使い方など、普段しないであろう内容を習う必要があります。
他にも、特殊なプレイになる為全体の店舗数が少ないことや、ソープで行っている内容の為、本番行為まで強要してくる客が多いことが問題と言えます。

まとめ

一言でいえばマットヘルスとファッションヘルスの仕事内容の違いは「マットプレイの有無」だけしかありません。

しかし、そのマットプレイが独特で、それにより給料や大変さが変わってきます。
どちらがいいとは言えませんがそれぞれメリット・デメリットが存在している為、可能ならばどちらも経験し、自分に合った風俗店で稼いでみてください。
特に好みが無ければ、ファッションヘルス、マットヘルス、ソープの順で移籍するのが、仕事内容がわかりやすく稼ぎやすいと思います。