熟女系風俗店でも移籍直後は新人として稼げますか?

2023年12月14日

GDJ / Pixabay

たとえ熟女と呼ばれるような年齢であったとしても、熟女系風俗店に入店した当初は新人扱いされるため、普通の風俗嬢と比べてフリーのお客さんを多く回してくれます。
そのため、今の風俗店で干されるようになり、ツライ想いをしているのであれば、移籍して0から再スタートした方が良いかもしれません。

風俗嬢が移籍する理由

風俗嬢の中には現在務めているお店を辞め、別のお店に移籍することもあります。
同じ風俗店といっても、それぞれのお店によって待遇は異なるものです。
今働いているお店に不満があれば、誰だってもっと待遇の良いお店に移籍したいと思って当然でしょう。

では、風俗嬢はどのような理由から別の風俗店へと移籍をするのでしょうか?
熟女系風俗店でも移籍直後は新人として稼げますか?風俗嬢が移籍する一番の理由といえば、やはりお金が稼げないからでしょう。
固定給のOLと違い、歩合制の風俗の世界では、働いた分だけ給料もアップします。
反対に、指名が獲れず、お客さんがつかないと、いつまで経っても稼げず、給料は低いままです。

風俗嬢が稼げない理由は様々です。
本人に問題があるケースもあれば、お店から干されるようになったなど、本人とは関係ないことが原因で稼げなくなることもあります。
せっかく風俗嬢になったにも関わらず、お店から干されるようになると、思ったように稼げないだけに、ツライ日々を送ることになるでしょう。
一旦干されるようになるとフリーのお客さんは回されないようになるので、原因が解消されない限り稼げることはないでしょう。

そのため、干されるようになったら風俗嬢を辞めるか、別のお店に移籍するなどの対策を講じる必要があります。
ただ、まだまだ若い風俗嬢ならばともなく、既にある程度の年齢を重ねた熟女であっても、移籍をすることは出来るのでしょうか?

熟女歓迎の風俗求人

もしも現在働いている風俗店から干されるようになり、稼げなくなったというのであれば、出来るだけ早めに移籍をした方が良いでしょう。
なにしろ干されるようになるとフリー客をまわしてもらえないばかりか、お客さんに紹介すらしてもらえませんので、指名される可能性はほぼないです。
ただ、長く風俗嬢として働いている女性の場合、既に年齢が熟女と呼ばれる領域に達していることもあるでしょう。
そういった熟女になってしまった女性の場合、移籍先は熟女を歓迎するような風俗店の方が良いです。

例えば、熟女系や人妻系の風俗店などがオススメです。
たとえ熟女系の風俗店であろうとも移籍直後は新人風俗嬢として扱われるものです。
体験入店できる熟女系風俗店であれば、体入中の風俗嬢としてお客さんにも紹介してくれます。
保証制度のある熟女系風俗店であれば、稼げるかどうかわからないという不安を抱えている女性であっても安心して働けます。

風俗の世界において、熟女は一つのブランドです。
男性の中には熟女が大好きだという人も多くいるので、熟女系の風俗店の求人の数は多く、特に東京や大阪のような大都市になるほど求人の数は増えます。
たとえ今働いてる風俗店で稼げなかったとしても、別の風俗店に移籍すれば、新人として再スタートすることが出来ます。
特に熟女と呼ばれるような年齢の女性の場合、若い女の子が中心のお店にいると浮いてしまい、指名され辛いでしょう。

その点、熟女系風俗店の客層は、熟女目当ての男性ばかりになりますので、熟女な女性向きの求人となります。

移籍をするメリット

財布風俗嬢が移籍をすることで、まず今の環境を変えて働くことができるというメリットがあります。
職場が変わるわけですから、待遇はもちろん、人間関係も0からスタートさせることができます。

特に、悪質な風俗店に勤務していた女性や、人間関係の悪化が原因で干されていた女性の場合、今までのツライ環境を捨て去ることができるので、メリットは大きいでしょう。
移籍にはこのような環境を変えられるというメリットとは別に、さらに収入がアップするというメリットがあります。
風俗嬢の中には特に干されていない女性、さらには人気嬢でありながら、収入アップを目指して移籍をする女性もいます。
なにしろ移籍をした直後というのは新人扱いされるため、風俗嬢は指名される確率が高くなり、稼ぎやすくなるからです。

風俗店のホームページなどを見ると、入店したばかりの新人風俗嬢を大々的にアピールしているものです。
このような宣伝効果も手伝って、移籍直後の新人は指名を受ける確率が高くなります。
新人の間は他の風俗嬢と比べ、フリー客をまわされる機会に恵まれます。
そのため、この時期にしっかりお客さんに悦んでもらえるようなサービスを提供しておけば、新人期間が終了した後であっても本指名が受けられ、安定して高額の給料を稼げるようになるでしょう。

もしも現在勤めている風俗店で、年齢を理由にあまり指名されていないというのであれば、熟女系の風俗店の求人に応募してみた方が良いかもしれません。
普通の風俗店と違い、熟女系の風俗店は熟女好きな男性が集まりやすいだけに、移籍して新人扱いされることで、収入のアップが期待できます。

移籍をするデメリット

干される、稼げない、人間関係がツライなど、様々な理由から風俗嬢はお店を辞め、移籍をするものです。

移籍をすることで過去のツライ思い出を水に流し、心機一転して頑張れるでしょう。
しかし、移籍には環境を変えて働けるというメリットとは別に、デメリットもあります。
まず、いくら移籍をすると新人扱いされ、フリー客がまわされやすいといって、それを理由に頻繁に移籍を繰り返していると、転々虫と揶揄され、悪評がついてまわります。
基本的に風俗店はよほど人格に問題がない限り、風俗嬢を採用するものです。

一般企業と違い、風俗嬢はあまり人には褒められない仕事なだけに、就く女性の数も多くはありません。
それだけに、よほどの高級店でもない限り、風俗店も人材の選り好みはしないでしょう。
しかし、転々虫だと思われると、どうせ採用してもすぐに辞められるかもしれないと思われてしまい、面接を受けても採用されないかもしれません。
もっとも、その女性が転々虫かどうかなんて見ただけではわかりませんので、面接の時に女性側から申告でもないしない限り、転々虫だとはバレないでしょう。

Ok, Goodただ、風俗店というのは店長同士の横の繋がりがあるものです。
移籍先の店長が以前勤めていた風俗店の店長と顔なじみということもあるでしょう。
こういった横の繋がりを通じて悪い噂が広まると、移籍したくとも出来なくなる恐れがあるため、たとえ風俗嬢を干すようなお店であっても、禍根が残らないようにしっかり挨拶をして辞めた方が良いでしょう。

風俗店の辞め方

風俗嬢の中には風俗店を辞める際に、連絡もせずに無断で辞める女性もいます。
今後、二度と風俗嬢にならないというのであればそれほど問題にはなりませんが、移籍をするというのであれば、こういった方法は辞めましょう。
たとえ干されていたとしても、無断で辞めると風俗店側に悪い印象を残しますし、悪評がたちます。
その噂を移籍先の店長に告げられると、干されるなどの嫌がらせを受け、ツライ想いをするかもしれません。

そのため、移籍をするにしろ、卒業するにしろ、辞める場合は1週間から1ヶ月前には申告しておきましょう。
事前に辞める予定があることを伝える、たったそれだけで印象は大きく異なります。
たとえ移籍を繰り返すような転々虫になったとしても、礼儀正しく辞めさえすれば、それほど問題視はされないでしょう。

良い移籍先を見つける方法

移籍をすると職場環境が変わることになるのですが、必ずしも良い方向に変わるとは限りませんん。
世の中には悪質な風俗店や詐欺まがいの求人があるだけに、しっかり移籍先は見極める必要があります。
移籍先の求人を探すにあたり、良い求人かどうかを見極めるには、まずホームページをチェックしましょう。
待遇の良いお店や、しっかり営業をしている風俗店というのは、洗練されたホームページを作っているものです。

反対に、粗野なホームページや作りの悪いホームページを掲載している風俗店は、あまり待遇が良くないお店である可能性が高いです。
ホームページをチェックする以外にも、電話対応のやり方でそのお店の良し悪しを判断することができます。
求人に応募する際に、電話連絡をして色々と質問してみましょう。
優良なお店ならば、どんな質問にもきちんと丁寧に回答してくれるものです。

さらに、面接をする際に、どのような人物が面接をするのか、面接官の人柄もチェックしましょう。
面接官が良い人だと、お店の雰囲気や待遇も良いことが多いです。
一方で、面接中に悪意のある言動や、セクハラをするようなお店は危険なお店である可能性があるので、避けた方が賢明でしょう。
たとえ干され、稼げなくなった女性でも、移籍をすることで新人風俗嬢として再度稼げるようになるものです。

たとえ人気の落ちた熟女でも、熟女系風俗店に行けば、再び稼げるようになるでしょう。
それだけに、移籍をする際には出来るだけ稼げそうな、優良な求人を選びましょう。