リスカ痕ありのメンヘラ熟女でも雇ってくれる風俗店はありますか?

2023年12月14日

ydw2014 / Pixabay

風俗の仕事は他の仕事に比べて精神的に病みやすいため、メンヘラになっている人が多いといわれています。
したがって、自傷行為に走る人も多いとか。
自傷行為の中の一つにリストカットがありますが、果たして風俗ではリストカットがあっても働くことはできるのでしょうか。

そこで今回は、熟女風俗嬢にリストカットがあっても働けるのかどうかまとめてみました。

なぜ風俗嬢にリストカットしている人が多いのか?

リスカ痕ありのメンヘラ熟女でも雇ってくれる風俗店はありますか?風俗嬢の大半がリストカットをしているという噂が流れています。
実際に、風俗嬢リストカットと検索してみるとたくさんのホームページが表示されますし、リストカットしている風俗嬢に当たった時のお客さんの本音などを見ることもできます。

風俗嬢じゃなくてもリストカットをする人もいますが大半の場合精神的に病んでいます。
いじめられていたり、精神的な病気にかかっていたりと色々な事情がありますが、風俗嬢の場合も精神的にやられていることがほとんどの原因のようです。
やはり、好きでもないお客さんとセックスをすることに抵抗感があるのかもしれません。
現在風俗で働いている女性も、不特定多数の人とセックスをすることが好きではなく、純粋にお金のために働いている場合がありますので、そういった人達は精神的に病みやすいのかもしれません。

また、中には親に対する罪悪感からリストカットを行う人も多いようです。
親としては、子供にまっとうな仕事をして欲しいと思うはずです。
また、風俗という仕事に嫌悪感を覚える人も多く、なかなかカミングアウトができないということも後押ししているのかもしれません。
精神的な罪悪感や居心地の悪さなどからリストカットに走ってしまい、リストカットをすることで精神的に満たされていることが原因かもしれません。

リストカットがあると普通のバイトに受からないことも

小さい頃は親が養ってくれますが、年齢を重ねるごとに自分で稼いでいくスキルを身につけなければなりません。
しかし、腕など目立つところにリストカットがあるとなかなか面接に受からないということもあります。
現在、昼職や普通のバイトは、お客さんの前に立つ接客業なども多いため、リストカットの跡があるとお店の評判を下げることになるからなのかもしれません。

したがって、風俗嬢になる前にリストカットがあった人は、どこのバイトの面接に受からないからといって風俗の面接を受ける人もいるようです。
確かに風俗の方が普通の仕事よりも何倍もの給料をもらうことができますが、根本的な心は満たされないため、余計に精神的に病んでしまうリスクも高くなってしまいます。

風俗はリスカの跡があっても面接に合格することはできる?

では、風俗店ではリストカットの跡があっても働くことはできるのでしょうか?

結論からいうと働くことは可能です。
昔は厳しかった店もあるようですが最近は、緩和されていることもあり店求人にリストカット跡があってもOKと書かれていることもあります。
またリストカットだけでなく、タトゥーがあっても面接に合格することもあるので、昼職などに比べると条件はとても優しいです。
しかし、全ての店がOKというわけではないため働く場所は限られてしまいます。

やはり高級店などは厳しいため、ランクの低い大衆店で働くことになるかもしれません。
特に、風俗は若い女性の方が需要が高いため、熟女と呼ばれる年齢の人はリスカ跡があると働く店を探すのに苦労するかもしれません。
運いく見つかったとしても、ランクが低かったり待遇が悪かったりする可能性がありますので、あまり期待しない方がいいかもしれません。

帝王切開跡や事故の傷跡でも見送られることも

女性 包帯最後に厳しい店というのはとことん厳しく、リストカット跡だけでなく帝王切開の後や交通事故の手術跡などでも採用を見送ることもあるそうです。
普通の仕事と違い裸になる仕事なので、当然といえば当然なのかもしれません。
服を着ている妻には隠せても裸になってしまうと結局バレてしまいます。
大抵の風俗店が講習を行いますので、面接はうまくかわせても結局バレてしまい採用が取り消しになってしまう恐れもあります。

なので、不安に思っているのであれば始めのうちに担当に聞いておく方がいいでしょう。
断られた場合は別の店を探せばいいですし、講習に行く際の交通費や時間も省けます。
後からバレてしまいバツの悪いことになる前に、不安に思っていることなどは包み隠さず話しておくようにしましょう。

風俗嬢のリスカ跡に対するお客さんの本音

風俗嬢のリスカ跡を見つけたお客さんは、基本的には何もいってこないことが普通ですが、本音はどのようなものでしょうか。
ネットの意見を見てみると、正直なところ引いてしまうという事でした。
事故の後や手術の後などは仕方がないとしても、さすがにリストカットの跡を見てしまうと萎えてしまうという意見もありました。
何もいわずにプレイして帰るとしてもお客さんの意見は、なかなか辛辣なものが多かったです。

店側がリスカOKだとしてもお客さんの気持ちを考えると、リスカの跡をそのままにしておくのはあまりいいことではないのかもしれません。
最近はタトゥー跡などを隠せる化粧品やシールなどもあります。
なので、風俗嬢として働く際はできるだけリストカット跡もそういった商品で隠した方がいいかもしれません。
風俗嬢はお客さんと一緒にシャワーを浴びることもあるため水で落ちるものはあまりおすすめできません。

自分に合った商品を選び、身に着けるようにしましょう。

熟女が風俗店を選ぶ際の注意点とは?

一般的に風俗店は若い女性の方が需要が高いといわれているため、年を重ねた熟女と呼ばれる女性が待遇のいい店で働くのはかなり厳しくなってしまいます。
しかし、一定の需要はあるため人妻店などで働くという方法もありますので、全く可能性がないというわけではありません。

しかし、リストカット跡がある都採用率が下がってしまう恐れがありますし、面接時にリストカットのことをいわずに入店できたとしても、後からばれてしまうと最悪クビにされてしまう恐れがありますので正直にいうべきです。
需要が少なくなってくると、悪質な店だったりバックが少なすぎる店に当たってしまったりする可能性もありますので、注意が必要です。
また、出来る限り風俗の激戦区と呼ばれる場所も避けるべきです。
激戦区にある店に入店してしまうと、店の競争率が高いためとてもハードなプレイを強要される可能性があるからです。

どうしても見つけられそうになった場合は、スカウトサイトなどを通してみると意外と店が見つかることもありますので、自分で働ける店が探せなかった場合はそういったサイトの利用してみるといいでしょう。

30代頃から熟女と呼ばれてしまう風俗

30一般的な熟女と呼ばれると40代や50代の女性を思い浮かべるかもしれませんが、風俗の世界では30代ぐらいから熟女と呼ばれるようになります。
風俗嬢は18歳からなることができるため、どうしても若い女性の方が需要が高くなります。

若い女性が需要視される傾向は遊郭があった江戸時代頃から変わっていないようです。
基本的に昔の遊女は27歳で年季が入ってあげるといわれており、その頃には年増と呼ばれていました。
自分は全然熟女ではないと思っていても風俗の世界に入っていると、熟女扱いされてしまい、若い女性が多く入籍する店には入店できないという可能性もありますので、今自分がどのくらいの立場にいるのか確認しておくといいかもしれません。