30代で風俗未経験だとソープで働けない?採用されても稼げない?

2023年12月14日

3dman_eu / Pixabay

風俗の世界において熟女は人気の高いジャンルです。

それだけに、30代の風俗経験のない女性であっても風俗嬢として働けます。
特に東京都のような風俗店の多いエリアともなると、熟女系や人妻系など、30代のみならず40代の女性でも歓迎してくれるソープランドは多いです。

30代女性が風俗嬢になる理由

30代で風俗未経験だとソープで働けない?採用されても稼げない?学歴や職歴、さらには資格もない30代の女性ともなると、新卒として企業に採用されることはまず出来ず、中途採用も難しくなります。

20代の若い女性ならば未経験であってもOLとして働けるのでしょうが、30代の未経験の女性ともなると低時給のバイトやパートくらいの仕事にしか就けないでしょう。
仮にバイトが見つかったとしても、実際に稼げる金額となると、月々20万円以下の仕事ばかりになりやすく、思ったように稼げないでしょう。
30代の女性はバイトが見つけ辛く、さらに収入も低くなる傾向があります。
もちろん、30代でも年収300万円から400万円ほど稼げる女性はいるのですが、そういった女性は20代の頃から企業に勤務しているような、キャリアの形成に成功した女性であることがほとんどです。

社会人として働いたことがない、経験の少ない女性が30代になってから働こうと思っても、そこには大きな壁が立ちはだかっているものです。
ただし、風俗のバイトを選ぶというのであれば話しは別です。
風俗のバイトは普通のバイトと違い、女性であれば年齢に関係なく門戸を開いているものです。
確かに風俗嬢の給料は若い女性ほど高く、年齢が上がるにつれてニーズが落ち、稼げる金額も低くなる傾向こそありますが、それでも同世代のOLの平均的な給料よりかは風俗嬢の方が稼げるものです。

特にデリヘルやホテヘル、そしてソープのような男性からの人気が高い風俗嬢ともなると、たとえ未経験の30代の女性であっても1ヶ月で50万円以上の収入は得られるものです。
人気のないソープ嬢であっても、30代の女性ならば1ヶ月で30万円ぐらいは稼げることでしょう。
30代の女性は家計を助けるため、子供の養育費を稼ぐため、借金を返済するため、さらには離婚をして自立をするためなど、様々な理由からお金を必要としています。
そして、風俗の仕事はそんなお金を必要としている30代の未経験の女性が、もっとも効率よく、さらに短期間で普通のバイト以上の高収入を得られる仕事となります。

30代女性のニーズ

東京都のような風俗の求人が多い地域ともなると、人妻系や熟女系と呼ばれるような、30代の女性を中心にしている風俗店が多く軒を連ねているものです。
お店の数が多いということは、それはニーズがあるということの証でもあります。
熟女というジャンルは風俗業界において人気の高い分野であり、日々多くの男性たちが熟女系や人妻系の風俗店を利用しています。

30代の女性は人によっては若く見えるものです。
しかし、20代の若い女性と比べるとどうしても見た目では劣ってしまうでしょう。
しかし、30代の女性の中には年齢を重ねることで妖艶な魅力を身に付ける女性や、若い女性にはない経験やテクニックを持っている女性もいます。
未経験の女性といっても、必ずしも風俗嬢になれないわけではないのです。

特に熟女系や人妻系のような風俗店やソープランドを利用するお客さんというのは、エロよりもむしろ精神的な癒しを求める傾向があります。
聞く若い女性にはない包容力や親近感、そして年上の女性ならではの大人っぽい雰囲気を求める男性にとって、30代は希少価値のある存在なのです。
このように30代はまだまだ男性からのニーズが高い女性であるだけに、未経験であっても応募できる求人の数は多く、容姿のみならず内面も魅力的な女性であれば、面接を受けることですぐに採用されるでしょう。

30代の女性の扱い

30代の女性といっても必ずしも熟女系や人妻系の風俗店やソープランドに勤務する必要はありません。
というのも、風俗店の中には熟女系や人妻系ではないものの、30代の女性を積極的に採用しているお店もあるからです。
特に30代だけど見た目がロリっぽく見える女性や、若々しい外見の女性の場合、実年齢は30代だけど、店年齢は20代後半という形式で、風俗嬢として採用されることもあります。
ただし、いくら外見が若く見えるからといって、面接で嘘は禁物です。

風俗店は企業などと比べるとかなり融通がききやすく、自由な職場であることが多いのですが、嘘をついたり、遅刻をする女性にはかなり厳しく、もしも面接で嘘がバレると不採用になる可能性が高いです。
せっかく30代の未経験の女性でも好待遇で採用してくれそうな風俗店が見つかったにも関わらず、嘘をついたせいで不採用になってしまっては意味がありません。
面接ではできるだけ正直に、嘘偽りなく申告しましょう。

30代が稼げる風俗店

今まで一度も風俗嬢として働いたことがない未経験の30代の女性であっても、採用してくれる風俗店は多くあります。
では、その中でも特に稼げる風俗店とはどのようなお店のことを指すのでしょう?
まず、風俗の世界において稼ぎやすく、給料が良い風俗店といえば、デリヘルやホテル、そしてソープになります。
これらの風俗店は利用する男性の数も多く、何よりも料金が高めであることが多いので、真面目に出勤し、丁寧にサービスをしてくれる風俗嬢であれば、1ヶ月で50万円どころか100万円だって十分に狙えます。

しかし、30代を過ぎた熟女ともなると、若い女性と比べて人気が落ちてしまうだけに、給料も安くなる傾向があります。
たとえバック率が同じであったとしても、熟女店や人妻店は若い女性中心の風俗店と比べると料金が安いことが多いため、稼げる金額も安くなりやすいです。
ただ、デリヘルやホテヘルと違って、ソープには本番ができるという強みがあります。
それだけに、ソープはデリヘルやホテヘルと比べてまだ料金が高めに設定されていることも多く、何よりも人気が高いだけに、ソープランドは30代の女性であっても稼ぎやすい環境が整っています。

30代女性が稼ぐコツ

いくらソープが風俗の世界において人気のあるジャンルだからといって、何の努力もせずに出勤をしていると、やがてお客さんから飽きられ、本指名される機会を失ってしまうかもしれません。
ソープ嬢が安定して高い給料を得るためには、同じお客さんに何度も本指名されるなど、リピートされる必要があります。
それだけに、初めて接客した相手には、もう一度会いたいと思われるだけの価値あるサービスを提供しなければなりません。

熟女に限った話ではありませんが、稼げない風俗嬢というのは決まって接客態度が悪く、会話ができず、サービスも下手であることがほとんどです。
30代の女性の中には若い風俗嬢に負けないように、無理をして頑張る女性もいることでしょうが、いくら頑張ったところで接客のスキルといった基本的な部分が出来ていないとお客さんの評価が落ち、収入も減ります。
それだけに、30代の女性が本気で稼ごうと思うのであれば、まずはお客さんから悦ばれるような接客スキルを磨きましょう。
お客さんと対面する時は笑顔で接客し、礼儀正しい態度でお出迎えしましょう。

聞くさらに、お客さんが話す時はあまり口出しはせず、耳を傾けましょう。
お客さんからよく本指名される風俗嬢というのは決まって聞き上手な女性ばかりです。
反対にお喋りな女性や、お客さんの話しを遮るような女性は嫌われやすく、本指名されないものです。
お客さんの言葉に耳を傾け、熱心に話しを聞くようになると、好感度が上がり、後日本指名してくれるものです。

特定のお客さんに気に入られ、何度もリピートされるようになると、給料は安定し、稼げるようになります。
東京都に限らず、30代の女性を採用してくれる風俗店やソープランドは全国津々浦々、どこにでもあるものです。
ただ、店舗数に関していえば、東京都がもっとも多いでしょう。
店舗数が多いとライバルも多くなるのですが、東京都は人口が多いエリアなだけに、採用され、風俗嬢になれば、多くの男性から指名を受けることになるでしょう。

その時、お客さんから悦ばれるような接客をし、周囲の評価を高め、人気嬢となると、やがては普通のバイトではまず稼げないような高額の給料を稼げることでしょう。