ソープの研修はDVDか講習員の実演のどちらかが一般的?

2023年12月14日

GDJ / Pixabay

ソープで働く時には採用された後にお店で研修を受けるのが一般的です。
風俗の仕事はプライベートのセックスとは異なり女の子が主体となってお客さんを気持ちよくさせなくてはいけないため覚えなくてはいけないことがたくさんあります。
初めて風俗業界で働くという女の子の場合もどういう風にお仕事をすれば良いのか分からないと悩んでしまう方が多いのですが、ソープであれば研修がしっかりとあるのでお仕事の流れを事前に把握してから仕事に入ることができます。
ソープの研修では実際に講習員が実演してお仕事のやり方を教えてくれる方法と、DVDなどの映像によって仕事の流れを教えてくれる場合があります。

この記事ではソープの研修で一DVDと講習員の実演のどちらが一般的なのかということとそれぞれの研修のメリット・デメリットについてご紹介します。

ソープ初体験なら研修は必須

ソープの研修はDVDか講習員の実演のどちらかが一般的ソープで初めて働く時には仕事の内容がわからなくて不安に感じる方も多いと思います。
しかし。
ソープであればほぼ間違いなく仕事に入る前に研修を受けさせてくれるので仕事の流れを教えてもらうことはできます。
ホテヘルやデリヘルなどだと面接を受けてそのまままっすぐにお仕事に入ることもありますが、ソープの場合にはほぼ例外なく研修があると思っておきましょう。
ソープは様々な風俗業界の店の中でも最もお給料が高くガッツリ稼げる可能性が高い職種です。
その代わりに求められるスキルは他の風俗よりも高いので、素人の女の子が何の知識もなしでお客さんにつくことはできません。

なんとなくソープで働くというと「本番をすればいいんでしょ?」という気分でいる子もいるのですが、プライベートでするセックスとソープでするお仕事は全く別物です。
ソープではお客さんが高いお金を払って女の子のサービスを受けに来ているので、いかにお客さんを気持ちよくさせるのかという工夫をして働かなくてはいけません。
もちろん最初からソープの仕事を完璧にこなせるような女の子はいないので心配する必要はありません。

講習を受けてお仕事の流れをつかむことによって最初から緊張せずにお客さんと接することができるようになります。
ソープの研修で教えてもらえる内容は実際にお客さんと会って行う全ての動作やプレイです。
ソープは本番行為を行なうお店ですが、ただエッチなことをすれば良いと言うことだけではなく金額に見合った満足感をお客さんに与えなくてはいけません。
だから研修ではプレイの方法だけではなくお客さんとの接し方や言葉遣い、さらにソープ特有のローションやすけベ椅子などのアイテムの使い方も教えてもらいます。

お店によって多少研修内容に差はありますがほとんどのお店で以下の様な内容を教えてもらえると思っておきましょう。
・部屋やベッド、お風呂の清掃などの準備方法
・お客さんへの挨拶と表情
・失礼にならない喋り方
・お客さんの服の脱がせ方とたたみ方
・スケベイスを使ってお客さんを洗う方法
・性病予防するためのお客さんの消毒方法
・マットプレイ
・ローションの作成方法と使い方
・コンドーム装着のやり方と発射したあとの取り方
・お客さんが疲れない体位
・名刺の渡し方

これだけのことさえ覚えておけばひとまずお客さんについてお仕事できるようになります。
もちろんそこからさらに人気嬢になるためにはそれぞれのプレイや気遣いに自分なりのテクニックを加えて行かなくてはいけませんが、まずはお仕事の一通りの流れを覚えることが重要です。

ソープの研修方法は映像(DVD)と講習員の2種類

DVDソープの研修は映像を見てお仕事の内容を理解するDVD研修と、新人の女の子にお仕事の流れを教えてくれる専門の講習員が実演して教えてくれる実演講習の2種類があります。

お店によって研修がどちらになっているのかは異なりますが、風俗求人などを見ればお店の求人ページに研修方法が書いてある場合がほとんどです。
それぞれの研修にはメリットとデメリットがありますので自分に合った研修をしてくれるお店を選ぶのがよいでしょう。
どちらの方法であってもこれほどしっかりと研修をしてくれる業種は風俗業界では他にありません。
ソープで働いた経験があると後々デリヘルやホテヘルなどで働く時にもブランドとして扱ってもらえるときがあります。

それはソープで勤めることができるほど可愛いと言うことだけではなく、しっかりと研修を受けてお客さんを喜ばせるテクニックを身につけているからという理由でもあるのです。
ソープではどちらかといえば講習員による研修の方を取り入れてるお店の方がたくさんあります。
徐々にdvdによる研修を取り入れてるお店も増えてきてはいますが、やはり映像を見るよりも実際に行った方が女の子もお仕事を覚えやすいからです。
それぞれの研修のメリットとデメリットは以下の項目で具体的にご紹介します。

講習員の実演のメリットとデメリット

講習員による研修のメリットは何と言っても実際に行うことで仕事の流れを覚えられるという点です。
特に、ローションの使い方やお客さんの洗い方などは実際にやってみなければわからないことも多いので、実演研修によって身体で覚えることはとても役に立ちます。
ただし実演研修にはデメリットもあります。

それは店長やスタッフによるセクハラ講習です。
講習員がお店の店長やスタッフであることは珍しくありません。
そして残念ながらあまり良いとは言えないお店の場合、研修であると言う名目で店長やスタッフが女の子に性的なサービスをさせようとするのです。
さらに、ソープの研修だからといって本番をする必要はないのですが、研修だと言う名目で本番を求めてくるような本番講習もあります。

研修ではお給料が出るわけではないので、実質タダでエッチをさせられてしまっているようなものです。
ただし最近ではこのようなセクハラ講習が女の子から嫌われるということが一般的に浸透していますので、まともなお店であればセクハラ講習をしてくることはありません。
さらに女の子のことをしっかり考えているお店であれば、講習員が女性であることも珍しくありません。
そのようなお店では昔ソープで働いていて引退した年上の女性などが講習員として教えてくれます。

ですからどうしても男性に講習を受けることに抵抗があるという女性の場合、求人ページを見て「女性講習員あり」などと書いてあるお店を選ぶようにしましょう。

DVD研修のメリットとデメリット

教えるDVD研修は映像を使ってお仕事の内容を教えてくれる方法です。
この研修のメリットは講習員による実演研修の様にセクハラをされる心配がなく、映像を見ているだけなので嫌な思いをすることもないという点です。

ただし、いくら映像がしっかりしているからといっても実践よりは仕事の内容が身に付きにくいと言うのも事実です。
ですからお仕事の内容が全くわからなくて映像だけ見ても理解できる自信がないという方は、実演講習のお店を選んだ方が良いでしょう。
一方でソープで働いた経験があったり、デリヘルやホテヘルなどで風俗業界にいた経験がある方の場合映像で十分な場合もあります。
自分の経験に合わせて自分に合った研修方法のお店を選びましょう。

まとめ

ソープの研修でDVDと講習員の実演のどちらが一般的なのかということと、それぞれの研修のメリット・デメリットについてご紹介しました。
DVD研修はお手軽で女の子がセクハラ講習を受ける可能性もないというメリットがあります。
しかし、お仕事の内容を実際に身につけるためにはやはり講習員の実演の方が効果的です。

ですから、現在でもソープでは実演の研修を行っているお店の方が多いです。
ただし講習員による実演研修の場合、スタッフや店長によるセクハラ講習をやっているお店もあるので気をつけましょう。