ソープで個室待機は厳しい?お店が全体的に古いから…

2023年12月14日

qimono / Pixabay

いくらソープが人気のある業種といえど、出勤したら最後、1日中働き続けるということはありません。
呼ばれるまでは待機することになるのですが、高級店のような待遇の良いお店になると、個室待機ができることがあります。

待機中はできるだけ一人で過ごしたいという女性は、個室待機所があるお店を探しましょう。

個室待機できるソープの求人

ソープで個室待機は厳しい?お店が全体的に古いから…風俗嬢といっても人気のある風俗嬢からそうでない風俗嬢まで様々です。
人気のあるソープ嬢ともなると、出勤すれば指名が殺到するために、休みなく働くこともあるでしょう。

ただ、それでもプレイが終了し、次に呼ばれるまでの間は待機することになるのですが、個室待機ができるソープランドですと、プライバシーを守りながら次に呼ばれるまでの待ち時間を潰すことができるため、非常にメリットが高いです。
基本的に風俗嬢が待機中の時間をどのようにして過ごすかは、風俗嬢の自由となります。
ただ、いくら自由といっても流石に他の風俗嬢の目がある中で眠るわけにはいかないでしょう。
その点、個室待機ができるソープランドならば、周囲の目を気にせずに眠れるだけでなく、好きな本を読んだり、ネットサーフィンをしたり、映画鑑賞をしたりと、まさに人目を気にせずに自由に過ごすことが出来ます。

ソープ嬢によっては写メ日記を更新したり、太客にメッセージを送るなど、営業活動をする女性もいます。
個室待機にはこのようなプライバシーが守られるというメリット以外にも、他の風俗嬢との接触を避けられるため、余計なトラブルや諍いとは無縁でいられるなどのメリットがあります。
もちろん、他の風俗嬢と交流する機会がないだけに、友達が作れず、さらには他の風俗嬢から仕事をする上でのヒントやコツを教わることができないなどのデメリットもありますが、特に他の風俗嬢と仲良くなる予定のない風俗嬢ならば、個室待機のデメリットは大した問題にはならないでしょう。
ただ、風俗店の待機方法といえば、主流は集団待機であり、個室待機ができるソープランドともなると高級店ぐらいでしょう。

ちなみに、同じ高級店でも、デリヘルの高級店の場合、個室待機ではなく、店外待機や自宅待機ができることもあります。
ソープランドで働く場合、基本的に女性は店舗での勤務となるため、高級店だろうとも店舗内で待機することになるのですが、個室待機のできる求人の数はそれほど多くはありません。
特に都内のような物価が高いエリアとなると、ますます個室待機できるソープランドの数は少なくなるでしょう。
それだけに、求人を探してみたものの、どうしても個室待機ができるソープが見つからないようであれば、諦めて集団待機所のあるソープの求人を見つけた方が良いかもしれません。

出勤調整されるリスク

いくら個室待機ができるなど、待遇の良いソープの求人が見つかったとして、必ずしも稼げるとは限りません。
というのも、待遇の良いソープランドというのは当然ですが、求人の人気が高く、多くのソープ嬢がキャストとして在籍している可能性が極めて高いからです。
これがもしも、デリヘルのような、無店舗型の業種であれば、どれほどキャストの数が多かろうと、問題になることはないでしょう。

しかし、ソープのような店舗型の業種の場合、働ける人数に上限があります。
無店舗型の風俗店と違い、ソープランドは部屋数に応じて働ける人数の上限が決まってしまうだけに、常に出勤調整されるリスクがあります。
例えば、月曜日に出勤したいソープ嬢が10人いたとして、ソープランドの部屋数が5部屋だった場合、10人中5人までしか働けないため、残り5人は出勤調整される、つまり出勤を断られる可能性があります。
もちろん、ソープランドの中には遅刻や当欠のリスクを鑑み、2人か3人ぐらい多めに出勤させてくれることもあるのでしょうが、出勤したところで部屋数に限りがあることに違いはありません。

もしもその日、指名されることがなければ、一円も稼げずに帰宅することになるでしょう。
折角ソープ嬢になったとしても、出勤調整を受けると稼げないだけに、本末転倒です。
確かに個室待機できるソープランドは待遇的に見て良いお店なのかもしれませんが、キャストの数が明らかに多すぎるソープランドならば、出勤調整を受ける可能性が高いだけに、避けた方が良いかもしれません。

出勤調整されるソープ嬢

チェックいくら風俗嬢は歩合制で働けるとはいえ、わざわざ稼げないソープ嬢を出勤させたところで無駄に部屋を占領されてしまうだけです。
それだけに、ソープランドは部屋数に合わせて出勤調整をすることがあるのですが、どういったタイプの女性が出勤調整されるのでしょう?
まず、稼げないソープ嬢は出勤調整されやすいです。
さらに、稼げないとまではいきませんが、人気が普通程度のソープ嬢も、やはり出勤調整されやすいです。

他にも遅刻や当欠が多いなど、評価が低いソープ嬢は出勤調整されやすく、思うように稼げないでしょう。
反対に、指名率の高い女性や、他のソープ嬢が出勤したがらない曜日に出勤できる女性は出勤調整の影響を受けにくいため、稼ぎやすいです。
このように、ソープ嬢が稼ごうと思うのであれば、出勤調整されないように、自分は稼げるソープ嬢であると証明する必要があります。
それだけに、たとえ体験入店といえど、本気で稼ぐつもりならば、最初からリピーターを増やすつもりで真面目に仕事に取り組む必要があります。

体験入店中にリピーターを増やす方法

いくらソープ嬢は出勤調整されやすいといっても、流石に体験入店したばかりの新人まで出勤調整されることはないです。
むしろ、新人ソープ嬢の場合、本人に自信をつけさせるためにも多めに出勤させるばかりか、フリー客を他のソープ嬢より多めにつけるなど、優遇措置を講じてくれます。
たとえ体験入店中で、まだ経験やスキルが不足していたとしても、ちょっとした工夫次第ではリピーターを増やすことができます。

体験入店中はフリー客が付きやすいだけに、本指名を返すのが上手になると、すぐに多くのリピーターを作れます。
ソープ嬢がリピーターを増やそうと思うのなら、接客中は出来るだけ多めにアイコンタクトをしてみましょう。
お客さんと見つめ合ったり、時には笑顔を浮かべて恥ずかしそうな態度を取ると、お客さんにこのソープ嬢は自分に惚れているのかもしれないと、勘違いさせることができます。
アイコンタクト以外にも、接客中はできるだけボディタッチをするように心がけてみましょう。

特にプレイが終了し、時間が余った時などは、お客さんと会話をしつつ、さりげなく背中や腕などをボディタッチしましょう。
他にも別れ際に軽くキスをするなど、一工夫することでお客さんにとって記憶に残りやすいソープ嬢になることができます。

集団待機のメリットとデメリット

確かに個室待機できるソープの方が待遇が良く、待機中はプライバシーを守れるといったメリットこそありますが、ソープランドの個室は基本的に窓がなく、薄暗く、じめじめしているだけに、長時間にわたって個室待機をしていると鬱になりやすいなどのデメリットがあります。

部屋その点、集団待機は確かにプライバシーが守れず、他の風俗嬢と顔合わせをするため、人間関係が面倒くさいなどのデメリットもあります。
しかし、最近のソープランドの中には集団待機所の環境を改善するべく、気持ち良く使えるようにルールを設けていることがあります。
例えば、ホストの話しはしない、風俗嬢同士で借金はしないなど、ルールを設定することで、気持ち良く集団待機所を使えることもあります。
ソープ嬢は確かに風俗店の中では稼げる業種ですが、誰もいない空間で一人で待機していると気が滅入ってしまうこともあるでしょう。

何より高級店のような待遇の良いお店の求人は少なく、個室待機できるソープランドの求人に応募したからといって絶対に採用されるとは限りません。
それならばいっそ、個室待機などの待遇は諦め、居心地の良さそうな集団待機所を探してみた方が良いかもしれません。
ソープランドによっては快適に待機できる集団待機所を用意しているお店もあります。
体験入店をしてみて、そこのお店の待機所が良い場所だとわかったら、そのまま本入店しても問題ないでしょう。