濡れにくい人必見!ソープ嬢が教えるウエトラの使い方

2023年12月14日

Republica / Pixabay

風俗嬢の中でも特に膣の使用頻度が高いソープ嬢にとって、ウエットトラストはぜひとも使っておきたい品です。
たとえ濡れにくい女性であっても事前にウエトラを仕込んでおけば、ローションと違って愛液に近い感触の潤滑ゼリーでアソコを潤すことが出来ます。
無味無臭で使いやすいウエトラの販売場所はネット通販が主流となりますが、一部の薬局では取り扱っていることもあります。

ウエトラの特徴

リストウエトラとはウエットトラストの略称で、主に風俗嬢やソープ嬢がアソコを愛液で濡れ濡れにしたい時に使用する注射器型の潤滑ゼリーのことです。
風俗嬢の中にはオナクラのようなお客さんと一切接触する必要のない女性がいる一方で、ソープ嬢のように指入れから69、素股、さらには本番など非常にハードなプレイを求められることがある風俗嬢もいます。
ソフト系の風俗嬢と違い、ソープ嬢のような本番までやる女性の場合、アソコが乾いたままの状態でガシガシと強引に指入れされたり、さらには濡れてない状態で性器を挿入されると、非常に痛い思いをするばかりか、女性によっては膣内が傷つき、出血する恐れがあります。

しかし、ウエトラを使用して膣内に潤滑ゼリーを仕込むと、たとえ膣内から愛液が出ず、乾いていたとしても、まるで発情している女性のようにヌルヌルの状態を演出することが出来ます。
膣内が濡れいている状態であれば、激しい指入れや本番行為をしたとしても、ウエトラが潤滑剤の役割を果たしてくれるため、衝撃や苦痛を緩和してくれます。
なにより、ローションと違って無味無臭のウエトラは愛液に近い感触の潤滑ゼリーであるため、ウエトラを使用していることは滅多にバレません。
それどころか、男性客の責めやテクで感じるあまり愛液が漏れてしまっているかのように見せることも可能です。

よく指名されるソープ嬢というのは、まるで本当にお客さんのテクで感じているかのように嬌声を発したり、身体を振るわせたりなど、演技をするものです。
しかし、愛液の量までは、流石に自分の意思ではどうにもできません。
しかし、ウエトラを使用すれば、最初からアソコを濡れ濡れにすることが出来るため、女性をイカせたいと思っている男性ほど女性のアソコの濡れ具合を見て悦び、後日本指名してくれる確率が高まります。

ローションとウエトラの違い

単純にアソコを濡れ濡れにするだけなら、ローションでも可能です。
しかし、ローションは確かに塗った当初こそヌルヌルしていて潤滑剤の代わりになるのですが、時間が経過するともに乾燥してしまい、かえって使えなくなることがあります。
その点、ウエトラの潤滑ゼリーは乾きにくいため、プレイが長時間化しやすいソープ嬢にほど役立つ品となります。
それに加え、乾きやすいローションは行為の直前に塗らないと意味がありませんが、ウエトラならば接客前に塗っておいても濡れ濡れの状態をプレイ終了するまで維持できるだけに、男性にバレにくいというメリットがあります。

さらに、評判の高いメーカーが作っているウエトラは無味無臭で、たとえ69中にお客さんに舐められたとしても愛液と遜色がないだけに非常にバレにくいです。
それどころかウエトラを仕込んでおけば、大量に愛液を出すほどセックスの快感に溺れているエッチな女性を演じられるだけに、男性を悦ばせたい時ほど役立ちます。
女性は基本的に、知らない男性に責められたぐらいで濡れることは滅多にありません。
セックスが好きな女性でも、恋人が相手でないとそう簡単には濡れにくいです。

それだけにウエトラを使用する風俗嬢は多く、風俗店によってはコンドームと一緒にウエトラを支給してくれる風俗店もあります。
ただ、万が一に備え、自分でもコンドームとは別に、ウエトラを用意しておいた方が良いでしょう。

ウエトラの販売場所

注意 マーク確かにウエトラは風俗店でよく重宝されるものですが、日常生活においては特に必要となるものではありません。

それだけに、販売場所はかなり限定されます。
まず、普通の薬局ではまず見つからないでしょう。
一応、一部の薬局ではウエトラを扱っているようなのですが、数が少ないだけに、ウエトラを置いている薬局を見つけるのは大変です。
では、近くにウエトラを扱っている薬局がない場合、どうやって入手すれば良いのでしょう?

ウエトラを確実に入手するには、ネット通販を使いましょう。
ネット通販ならばクリック一つで注文できますし、何より他の利用者のレビューなどをチェックすることで、もっとも質の高いウエトラを選ぶことが出来ます。
どうせウエトラを選ぶのであれば、バレにくいウエトラを仕込んでおいた方が良いだけに、レビューやコメントなどを参考に質の良いウエットトラストを選択しましょう。

ウエトラの使い方

ウエットトラストの使い方はとても簡単で、一旦使い方を覚えてしまえば接客前の僅かな時間ですぐに潤滑ゼリーを膣内に仕込むことができます。
ウエトラは注射器型の潤滑ゼリーということもあって、その形状はまさに注射器そのものです。
使用するにあたって先端のキャップを外したら、膣内に向けて先端を入れ、潤滑ゼリーを押し出します。
すると、注射器の中に入っていた潤滑ゼリーが膣内へと追いやられ、まるで愛液が分泌されているかのような、濡れ濡れの状態を作り出すことができます。

タンポンを使い慣れている女性ならば、すぐに使い方を習得できるでしょう。
高級ソープのようなランクの高いソープランドの中には即即と呼ばれるような、出会った瞬間に即ベッドプレイをするお店もあります。
即即のあるソープランドで働く場合であっても、ウエトラを接客前に仕込んでおけば、一瞬でアソコを濡れ濡れにするばかりか、痛い思いをすることなく即座に本番をすることができます。

ウエトラの使用上の注意点

いくらウエトラが愛液のような質感の潤滑ゼリーとはいえ、プレイが終了したら出来るだけ早めに洗い流しましょう。
放置をすると、性病に感染するリスクが高くなるため、プレイ以外の場では極力使用せず、使用した際には洗い残しがないように入念に洗いましょう。
ただし、洗い過ぎも厳禁で、膣内にシャワーをあてたり、トイレのビデ機能の使い過ぎには気を付けましょう。
特にビデは、トイレの洗浄状況次第では雑菌が溜まりやすく、使用し過ぎるとそれがかえって性病の感染を招く恐れがあります。

ウエトラを使用する女性の中にはカンジダと呼ばれる性病に感染する人もいます。
もしもウエトラを使用するようになってから、膣や陰部にかゆみが生じたり、おりものが大量に発生するようになったら、カンジダに感染している可能性があります。
そのため、早急に病院で診断を受けましょう。
性病といってもカンジダはクロトリマゾールと呼ばれる抗真菌薬を使用することで治療することができます。

ただ、発見が遅れると、それだけ病は進行します。
それだけに、体に異常が見つかったら、早めに病院に行きましょう。

ウエトラがバレる可能性

リストウエットトラストはローションなどと比べると、バレるリスクの低い潤滑ゼリーです。

しかし、絶対にバレないとは限りません。
基本的にウエトラは無味無臭なのですが、一部のメーカーの中には質の悪いウエトラを作っている業者もあります。
他にも、風俗店が用意しているようなウエトラの中には経年劣化しているモノがある可能性もあるため、やはり念には念を入れて自分でも用意しておいた方が良いでしょう。
もしもウエトラを使っていることがバレると、今までの風俗嬢の態度は全て演技で、感じているフリをしていたことがバレてしまいます。

そうなると、雰囲気は台無しになりますし、お客さんによってはクレームを入れることもあるかもしれません。
もちろん、ウエトラを使ったくらいのことで返金するようなことは無いでしょうが、今後そのお客さんからのリピートはなくなるかもしれません。
それだけに、ウエトラを使用する際には出来るだけ質の良いものを選びましょう。
バレさえしなければ、ウエトラは膣を傷つけることなく本番ができるなど、ソープ嬢にとって非常に利便性の高いアイテムです。

なにより感じていなくても愛液が出ているような状態を演出できるだけにお客さんに喜ばれやすく、仕込んでおくと指名率の高い人気ソープ嬢になれるかもしれません。