ソープの生フェラは性病に感染するリスクってどの程度ですか?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

数ある風俗業種の中でもソープは唯一本番行為が許可されているジャンルですが、実際の挿入行為がある分性病のリスクもそれだけ高くなります。
生フェラに関してはソープだけのサービスではなくフェラチオサービスを提供する全ての風俗ジャンルで性病リスクがあります。
今回は風俗で避けては通れない性病に関しての話題、ソープで性病に感染するリスクを検証していきます。

生フェラって何?

ソープの生フェラは性病に感染するリスクってどの程度ですか?そもそも生フェラとは何なのかからおさらいしていきましょう。
生フェラとは生で、スキンをつけずに女性が男性のペニスを口を使って愛撫する方法です。
女性が生フェラサービスを提供するのはソープ店だけでなく、ファッションヘルス・デリヘル・ピンサロのほか、ほとんどの風俗店でお客から要求があれば女性はフェラチオをします。

スキンをつけない生フェラかどうかに関してはお店によります。
お店によってフェラチオでもスキン着用を奨励している店もあれば、全く感知しないお店など様ざまです。

フェラチオで感染する性病って?

最初に述べたように風俗と性病は切っても切れないものがありますが、性病でも直接の性行為で感染するものとフェラチオなどの粘膜感染するケースに分かれます。

フェラチオのように男性性器を口に含む女性の粘膜との接触から感染する性病の種類と症状をあげてみましょう。
*クラミジア:正式にはクラミジア感染症といって日本では一番感染者が多い性病です。
男性の場合性器や尿道に違和感があったり、排尿時にチクっとした痛みを感じたりします。
女性の場合も性器や下腹部に違和感があり、臭いのするおりものが増えます。

*咽頭クラミジア:男女ともオーラルセックスで移ることがほとんどで、喉の痛みや咳など風邪と同様の症状があるのが特徴です。
クラミジアも咽頭クラミジアもどちらも適切な治療で完治します。
*ヘルペス:ヘルペスウイルスの感染によっておこります。
6~7割の人が無症状で症状がある場合は性器周辺にできる水ぶくれや太もものリンパ節の痛みなどがあります。

現状では完治は不可能な性病といわれています。
*菌:クラミジアに次いで感染者の多い性病です。
男性の場合症状は尿道の違和感、排尿時の激しい痛み、黄色のどろどろした膿が出ます。
女性の場合症状がでるのは1~2割程度でほとんどは自覚症状がありません。

症状としては性交時の痛みやおりものなどがあります。
クラミジアと同時にW感染のケースも数多く報告されています。
耐性菌が多く治療は困難ですが、筋肉注射や点滴による治療が有効とされています。
*咽頭淋菌:淋菌が咽喉にいった場合咽頭クラミジアとほぼ同様の症状が出て厳密には検査をしないとどちらかわかりません。

オーラルセックスで移ることがほとんどです。
*梅毒:血液中び梅毒トレポネーマ菌によって感染します。
感染力はいたって強くキスだけで感染することもあります。
感染すると4段階にわたって症状が現れますが、初期症状では感染箇所に赤いしこりができるくらいなので気づかない場合も多いです。

その後中期(感染から3ヶ月以降)から後期(感染から3年~10年)末期(感染から10年~25年)の4期に至るまで身体全体に様ざまな症状が出て重症化していきます。
適切な治療が行われれば現代では完治する病気なので早期発見・早期治療が重要です。

いろいろな風俗での感染形態は?

Howここでは様ざまな風俗業種での性病の感染ルートを見てみましょう。

いずれにしても生フェラをするケースではどのジャンルの風俗でも上記性病にかかるリスクがあるといえます。
ご紹介した性病の感染経路は主にオーラルセックスによります。
男女とも口を使った性的プレイ全般でフェラチオ・クンニリングス・アナル舐め・ディープキスなどで感染します。
単なるフレンチキスの場合感染確率はそれほど高くありませんが、唾液を侵入させるディープキスだと感染の可能性が高くなります。

咽喉クラミジアや咽頭淋菌の場合は何もしなければその菌が性器へ移動するということはありません。
咽頭感染者がフェラチオやクンニリングスをして相手の性器に感染します。
その後咽頭感染者との性行為によって性器に逆感染というルートを辿るのが一般的です。

ソープの生フェラの実態は?

ソープの現場での生フェラの実態はどうなっているのでしょう?
生フェラで感染する場合は風俗嬢が咽喉クラミジア等に感染していて、それをフェラチオをした男性に移すケースと逆に男性が淋菌やヘルペスなどに感染していてその男性のペニスを咥えた女性が移されてしまうケースなどがあります。
どちらのケースも自覚症状がない間に相手に移して、移された方は症状が出てそれで病気が判明します。
何より風俗業では女性は不特定多数の男性と性交渉なり性的プレイを実施しますから、自覚症状がないまま、相手に移してそこから感染がどんどん広がっていくケースがあります。

風俗での性病の感染率は?

国立感染症研究所感染情報センターIDSCの調査による統計で出ている大まかな感染率をご紹介します。

性行為による性病感染率

*女性が感染しているケースで男性(挿入側)の感染率:HIV/0.05%、梅毒/1%、クラミジア/30~50%、淋菌/20%
*男性が感染しているケースで女性(挿入される側)の感染率:HIV/0.1%、梅毒/1%、クラミジア/30~50%、淋菌/47%

オーラルセックスによる性病感染率

*感染している女性が男性にフェラチオする場合も、感染している男性に女性がフェラチオする場合も:HIV/0.01%、梅毒/1%、咽頭クラミジア/咽頭淋菌とも/25~30%

風俗嬢と性病に実態とリスクを抑える方法は?

コンドーム全体的に正確で詳しい統計をとったところもないのが現状ですが、大まかな数字では50人風俗嬢がいるとすると、性病にかかっている女性は2人~4人くらいだそうです。
また風俗勤務でジャンルに関係なく過去や現在で何らかの性病にかかったことのある風俗嬢は全体の半分以上にのぼります。
それでは性病にかかるリスクを抑える方法にはどんなものがあるのでしょうか。
*疑いがあるなしに関わらず風俗に勤務する女性は定期的に性病検査をすべきです。

その場合感染が多い咽頭クラミジアと咽頭淋菌についても一緒に検査した方がいいでしょう。
何といっても早期発見と早期治療に勝るものはありません。
*オーラルセックスも含めてプレイ時も挿入時もスキン着用を徹底させることです。
特に生フェラで感染するケースが非常に多いので、できれば生フェラはしないでフェラの場合は必ずスキン着用を徹底させるようにした方がベターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
男性にとって生フェラは何より気持ちがいいので、お客もそれを要求しソープ嬢も後々の指名に繋ぎたいので、生ですることも少なからずあるのが現実です。
でも男性も折角楽しくプレイしたくても性病になってしまっては元も子もありません。

また女性にとってももし性病になってしまったら風俗では仕事ができなくなって、何日も収入が途絶えてしまいます。
自分の身は自分で守るということを基本に、自分から定期的に性病検査を受けましょう。
そしてできるだけ生フェラはしないようにして、フェラの場合はスキンを着用すること、です。
だからといって100%安全というわけではありませんが、それでもずいぶんと風俗で働く上で性病リスクが減ることは間違いありません。