コンドームやローションはソープ店が支給してくれるの?

2023年12月14日

qimono / Pixabay

風俗店では風俗嬢によってお客に性的サービスが提供されるところです。
その際風俗のジャンルによって使用される備品は多少違いますが、ソープやヘルスではコンドームやローションは必需品です。
では風俗嬢の商売道具でもあるコンドームやローションはお店で支給してくれるものなのでしょうか?

今回は風俗で仕事をするに当たっての基本的で素朴な疑問と、それに関連しての性病予防対策などを徹底検証していきます。

コンドームやローションの使用目的は?

コンドームやローションはソープ店が支給してくれるの?風俗店で使うコンドームやローションの使用目的とは何か見てみましょう。
まず最初にコンドームの使用目的はといえば、避妊と性病予防です。

コンドームを着用することによってかなりの確率で妊娠と性病のリスクが回避できるのですが、現状S着(風俗用語でコンドーム着用の略語)を拒否するお客が多いのは大きな問題といえます。
一方ローションはソープやヘルスで特にマットプレイを行うところで使います。
風俗でのローションプレイは様ざまなやり方があり、ローションを使って独自に開発したテクニックを持っている風俗嬢も大勢います。
そのほかでもローションは風俗嬢がお客にマッサージするときにも使います。

ソープ店でソープ嬢が使う備品リスト

ソープ嬢が接客で使う備品にはどんなものがあるのかリストアップしてみました。
*コンドーム:本番行為まであるソープでコンドームは必需品
*ボディソープ:お客のソープの香りが残らないように無香料のボディソープを使うソープ嬢が多いお店常備のケースがほとんど

*ボディローション:マットプレイの必需品身体につけずにローション風呂にするケースもあり
*うがい薬:風俗ではイソジンが定番
*リップクリーム:お客とキスしたりで唇が荒れやすいので保湿用リップで唇は常に潤いを保たせる
*歯ブラシ&口内洗浄液:客商売だから口臭ケアは万全に

*タイマー:プレイ時間の終了通知のお店からのコールがない場合は、タイマーを使う
*ウエットトラスト:ソープ嬢だけでなく風俗嬢全体のお助けグッズ、濡れにくい嬢にとっては自然に濡れた感じを出すのに風俗嬢の必需品でこれはほとんど自前

お店が支給してくれる備品は何がある?

吹き出しお店ごとによっていろいろ異なったルールを持っていますけれど、一般的にお店が支給している備品があるかどうか見てみましょう。

風俗における備品の扱いはお店によってまちまちです。
ソープに限って見てみると、ソープでの仕事に関しての必需品であるコンドームとローションはお店が完全に用意しているケースと、備品はお店が用意して雑費としてソープ嬢から備品代を徴収するケースなどいろいろです。
お店が用意していてもゴムの質が悪かったり、ローションも匂いや刺激が強かったりして気に入らない場合は自分で個別に用意するソープ嬢もいるのが現状です。

ソープでコンドームを着用しなかったら?

ここではソープでコンドームを着用しなかった場合のリスクを見てみましょう。
本番があるソープでコンドームを使わなかった場合に罹るリスクは妊娠と性病です。
ピルを服用しているソープ嬢は多いので妊娠に関してはピルでリスクを回避できますが、そのほかの可能性がある性感染症に関してはコンドームで予防する以外ありません。
一人の決まった人とでなく不特定多数の男性との性行為が仕事ですから、コンドームでの予防は必須です。

ソープ嬢もお客もそれぞれに自分だけは大丈夫と思ってコンドームを着用しないことが多いのですが、病気に感染してからでは後悔しても遅すぎます。

性病感染率は?

風俗店における接客にさいしての性病感染率はどれくらいなのでしょうか。
ここでは本番で男性器挿入のソープだけでなく、風俗店全般における性病の感染率を見ていきます。

厚生労働省の調査結果を参考にしたデータで、まず性行為による感染確率は男女ともでエイズ:0.05~0.1%・梅毒:1%・淋病:22~47%・クラミジア:30~50%で、オーラルセックス(口腔性交)による感染確率のフェラチオではエイズ:0.01%・梅毒:1%・咽頭淋菌または咽頭クラミジア:25~30%、クンニリングスでは梅毒:1%咽頭淋菌または咽頭クラミジア:5~15%となっています。
クラミジアや淋菌感染の割合で一般女性は11%なのに対し風俗嬢は32%、咽頭クラミジアや咽頭淋菌でも一般女性2.6%で風俗嬢は18%にもなっています。
膣性交や素股など性器接触があるプレイでは風俗嬢は一般の3倍以上、オーラルセックスでは6倍以上のリスクといわれています。

風俗備品に関しての現場の声

ここでは風俗勤務の女性が仕事で使う備品・消耗品・衣装・下着などどのようなものを使っているのか現場からの声を拾ってみました。
コンドーム*デリでの仕事下着は特にエロいの選んでつける、ソープはノーブラでTバックだけ
*ガーター好きなお客多いけど、格安店のお客は下着の扱い下手だから本指名や上客のときだけしかつけない
*お店の入浴剤は質悪いので自分でいいの買って用意してる

*ソープ高級店勤務だけど備品はほとんどお店で用意されてる高級店だから変な安物は置けないし結構気を使って選んでるみたい高級店は自分にかける費用が大変高級下着とか美容院代とか・・・
*乾燥肌にいいのはワセリンと保湿入浴剤にベビーローション
*コンドーム変えたらゴム擦れしなくなった業務用より普通の12個入りの方がやぱり質がいい
*格安店常備のコンドーム良くないゴム破けて中出しされたから妊娠と性病の恐怖に怯えてる

*ゴムはケチっちゃダメ必要経費だから高くてもいいものを使うこと
*絶対ゴムしたくないってお客に、してるのがわからないような完全透明の膣用スキンとかってないのかしら?誰か開発してほしい
*ソープ中級店勤務でほとんどの備品は店常備で店持ち私が払うのはお客のタバコと自分のドレスと検査代金くらいかな

*中級でも格安でも自費で用意したのはコンドーム・グリンス・イソジン・タバコ・衣装・サンダル
タバコは最低でも常に10種類くらいは用意してお客ごとに専用のタバコを用意しておく
*毎晩帰宅したらすりおろしニンニクを薄めた水でうがい残りはそのまま食べる殺菌効果もあって免疫力も高まる
*イソジンやグリンスなんて予防にならないただの気休め

*口臭予防用とイソジン使うけど日に何度もやってると殺菌する粘膜が弱くなるから超薄めてやるそれでもやらないよりはいい
*前はしょっちゅう風邪やヘルペスもらってたのにニンニクうがいやってから調子がいい

まとめ

コンドームはお店支給か自前かに関わらずどんな時でもお客に着用させるのを徹底させれば、大幅に性病感染のリスクを軽減できます。

また検査について一風俗嬢の体験として月2回強制で検査があったお店では7ヶ月のうち一度病気になっただけだけれど、検査がない店では2ヶ月に2回病気をもらったという例もありますので、検査も風俗で仕事をしていくうえでは欠かせないこととして自分でしっかりとしていく必要があります。
コンドームもローションもケチると、あとで自分の身体でツケを払わなければならないことにもなりかねません。
特にお風呂やシャワーを日に何度も使ってお肌への負担も大きいし、性病感染のリスクも高い風俗勤務では必要なところにはきちんとお金をかけて自分の身体は自分で守るようにしていきましょう。