ソープ店のパネル用に自腹で写真撮影する子いますか?

2023年12月14日

Fauno / Pixabay

通常風俗のどのお店にも公式のホームページがあって、一般的にお店はそのホームページを通して宣伝し集客します。
ホームページに掲載されている在籍女性の写真は重要な意味があります。
なぜならお客はそれらの写真を見て指名したりお店に行ったりするからです。

今回は「ソープ店のパネル用に自腹で写真撮影する子いますか?」という質問をもとに風俗店と女性のパネル写真についていろいろ検証していきます。

パネマジって何?

ソープ店のパネル用に自腹で写真撮影する子いますか?ネットでお客のコメント等見ていると風俗用語で「パネマジ」という言葉がよく出てきます。

「パナマジ」とは一体どんな意味なのかご説明します。
「パネマジ」とはパネルマジックの略語で、風俗業界では店舗に在籍する女性のプロフィール写真のことを「パネル」といいますが、その写真に何らかの加工を施して実物よりも良く見せる技術を「マジック」とよんでできた言葉です。
「パナマジ」または「パネル修正」ともいいます。
よく使われる修正方法としては体型の補正やタトゥーや傷跡隠し、一重まぶたを目元パッチリにメイクとCG修正したりなどがあります。

風俗店でパネル写真は誰が撮るの?

一般的に風俗店での女性の宣伝用のパネル写真は誰がどのようにして撮るのか見てみましょう。
お店のホームページに掲載する女性のパネル写真はお客がその嬢を選んで来店する決め手になるものなので、どの風俗店でも一番と言ってもいいほど力を入れています。
女性を募集して面接に来た女性の採用が決まるとそのままパネル写真撮影をするケースもあります。

実際のパネル撮影のケースですが、お店が専属の写真スタジオと契約していてプロのカメラマンが撮る場合もあれば、お店独自でスタッフが撮影するケースもあります。
パネル撮影にどれくらいの経費をかけているかはお店によって異なります。
お店によっては女性自身に撮らせるケースとか、その場合の費用負担は女性が自腹を切る場合とお店が立て替える場合とあくまでもお店次第ですので、お店に確認する以外ありません。

在籍女性のプロフィールって?

お店のホームページに掲載されている在籍女性リストのプロフィールには何が載っているのか見てみましょう。
プロフィールは一目見て大体のその女性の情報がわからなければなりません。
なぜならば初めての場合はそのプロフィールを見てお客が女性を決めるからです。
何と言っても一番大切なのは女性の顔とスタイルですね。

その写真にプラスしてその人の個人情報を載せます。
一般的には名前(源氏名のことが多い)・年齢(実齢より見た目年齢で載せることが多い)・身長・体重(ぽっちゃりを売る以外は多少少なめの数字で)・3サイズ(きっちり計っていないことの方が多い)などの基本情報です。
そのほかにオプションとして血液型・生まれた星座・趣味・性格・可能プレイなどを載せる場合もあります。

お客が店や嬢を選ぶ基準は?

それでは風俗店を訪れるときにお客が店や風俗嬢を選ぶ基準は何なのかを見てみましょう。
インターネットがこれだけ発達した現代ではお店を訪れる前に入念にネットでチェックしてから行くのが定番です。
初めて行く場合、お客はまずお店のホームページを見て大まかな情報を得ます。
次に在籍リストでどんな女性が接客をしているかを見ます。

文書各店でお店ごとの傾向がありますから、初めからコンセプトを謳っているお店だったら、例えばぽっちゃり系・人妻・熟女系など在籍女性リストを見ればそれも確認できます。
何と言っても最初に決めるのは写真でというお客が多いようです。
自分の好きなタイプを写真で選んでから、実際に期待してお店に行きますから、写真と違う嬢が出てきたらお客もクレームするわけです。
ソープの人気嬢を指名したお客に選んだ基準を聞くとパネルの表情やポーズが良かったからと写真で選んだお客が大勢いました。

あとはお店のホームページと一緒にに見るのが口コミ情報です。
ほとんどの口コミサイトは実際にそのお店を利用してそのお店の女性としたプレイ体験口コミが掲載されています。
サクラの掲載があってもごく稀ですから、中には風俗嬢の名前まで載っているケースもありで、口コミ体験談は概ね信用できるので大いに参考になるはずです。
そして細かい情報を見て最終的に指名したり、あるいは最初はフリーにしろとにかく行く店を決めます。

パネマジの実態は?

過去から今までにおけるパネマジの実態はどんなものなのか掲示板から拾ってみました。
*ホテルでプロフ通りの嬢が来るかどうか待っているときのドキドキ感がたまらない!
*デリの場合はリスク覚悟でキャンセルかチェンジか我慢するしかないけどね

*ソープ店員だけどうちの店はパネマジ凄い実物はかなり酷いよスリムに負けまいと必死で修正してるし
*今は写真があるだけいい昭和のトルコなんて店がお客に女の子つけてお客に拒否権はなしロシアンルーレットだね
*うちもパネマジしまくりだけどどういうわけかお客からのクレームはほとんどなし
*お店によってはじかに顔見せで選べるソープもある

*飛田新地(大阪市西成区に大正時代にできた日本最大級の遊郭で現在もちょんの間があることで有名)は大勢が並んで座ってるから見られてるのは客の側の気分になる
*15万位の超高級ソープなら何人か見て選べる
*接客内容や態度の良し悪しはプレイしなければわからないパネマジだって接客が良ければいいんじゃない
*パネマジOK!エロい身体でプレイがスケベだったら顔は問わない

*たとえパネマジでも接してみると愛嬌良くて可愛いなと思える子っているよね
*プロフィールの内容は店の意向で年齢・スリーサイズ等変更出来なかったりする
*ソープ嬢だけどパネマジは反対別人が出てきたってがっかりさせたくない自分が客だったら好みの女指名したはずなのに違うの出てきたら悲しくなるでも写メ日記やってればその辺のギャップは埋められると思う

パネマジの実態は?

風俗嬢・キャバ嬢・ホストなどの写真撮影を数多く手がけてきたぷろプロカメラマンに聞いた現場からの声です。
*アングル的には上から撮って女性が見上げる感じにするといい(小顔に見えるし偉そうに見えない)
*斜めに座ったポーズが多いのは身体が細く見えるようにするため
*上半身は横から撮ってバストがあるように大きく見えるようにする

撮影後に写真を見ながらパソコンで必要だと思われる箇所を修正するそうです。
額縁*一番修正希望が多いのが目と小顔、修正するときは目は大きく黒目をもっと黒くして、小顔に見せるにはエラの部分を削るのだそうです。
その他毛穴を消したり肌の色を白くしたりの美肌修正を行います。
*顔だけでなく身体も要望があれば修正します。

身体の部分痩せをしたり、あるいは全体を細くしたりもするそうです。

まとめ

いかがでしたか?
写真修正に関しては修正用アプリも驚くほど進歩してますので、色々な修正が難なくできるようになりました。

たとえ修正しても修正がわからないほどの出来映えになります。
風俗のパネルに関しては修正が当たり前の世界ともいえます。
確かに写真修正によっては原形をとどめないケースもあるとのことです。
でもあまりに違えば当の本人も気分がいいはずがありません。

何はともあれ偽モノやカバーでなくどんなことでも本物で勝負するのが一番だと思いませんか?