ソープで体入荒らしする女性って多いですか?

2023年12月14日

smeeshane / Pixabay

風俗やキャバクラには、「体験入店」することで、お給料が多く貰えたり、新人ということで指名を多く貰えたりするような、特典があります。
体験入店とは、いわゆる職業体験のようなもので、風俗店で働くのが初めてといった初心者向けにある制度です。
この体験入店の期間は、お店の人は優しく接してくれますし、お客さんも「新人」ということで喜んでくれます。
これを悪用して、いろんなお店に体験入店しては、体験入店の時期が過ぎたら、別のお店に移って、体験入店の特典を受け取るといったいわゆる「体入荒らし」をする女性が、じつはとても多いのです。

ソープで体入荒らしする女性って多いですか?実際に「体験入店」の制度を導入している業種はたくさんあります。
・ソープランド
・箱ヘル
・デリヘル
・キャバクラ
・セクキャバ
・ガールズバー
・ピンサロ
など、さまざまな業種で、体験入店が可能になっています。
では、体入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?
また、どうして体入を繰り返すような女性が存在するのでしょうか?

今回の記事では、そのような疑問にお応えします。

どのような業種でも、体入荒らしを繰り返す女性は多い

なぜ風俗店で働くのかと言えば、「短期間でたくさんのお金を稼げるから」ですよね?
簡単でラクな方法を取ったほうが、働く側としてはとても助かります。

そんな考えを持っていれば、もちろん稼げる手段を使いますよね。
体験入店とは、風俗や水商売などの業種で、ほとんどの場合が導入している制度です。
期間や出勤回数で制度を決めていて、長ければ2週間ほど期限で恩恵を受けることが出来ます。
例えば、キャバクラやガールズバーなどの水商売の場合だと、新人として扱われますので、ホールで接客しなくて済むというメリットがあります。

カウンターで接客することが大半ですので、お客さんとの距離が近くありません。
お客さんとの距離を近くない状態を保つことで、面倒なボディタッチを受けることがありませんし、こちらからボディタッチなどのサービスを行う必要もありません。
通常勤務している女の子とは一線を引いていて、同じくらいの収入が得られるのなら、ラクなほうが良いですよね?
新人ではない通常勤務の女の子よりもラクな仕事内容で、収入が得られるだけでも大きな恩恵となりますよね。

また、お店によっては、アルバイト感覚で、何をどうすれば良いかを見せるだけの「カンパイ系」のようなことを新人の女の子にさせていることもあります。
実際には接客はさせずに、ひたすら仕事内容を見せるということです。
見てるだけで給料が発生するなんて、これもまた簡単でラクですよね。
風俗店の場合だと、新人割引があるため、お客さんが指名しやすい傾向にあります。

およそ1000円~3000円くらいの割引料金になりますので、競争率が高いのが特徴です。
新人指名で入ってくれたお客さんが、その子を気に入れば、本入店時にも指名してくれる可能性もあるのです。
先ほど書いた通り、新人として扱いを受けられる期間は決まっていますが、本入店した後、いきなりベテランになるかといえば、そうではないです。
ですので、男性から見れば「この子は俺が育てる」といった、ちょっとした独占欲や、調教したいといった欲が出るのです。

つまり、入店後の本指名を受けやすくなるといったメリットもあります。
当然、バックは通常勤務の女の子より安くなってしまいますが、指名がなくても、給料の最低額は保証してくれますし、入店祝いなども受け取れますので、実質的には通常勤務しているよりは高収入を得られるということになります。
得られる恩恵は、給料の部分だけではありません。
新人というだけで、プレイが行き届いていなくても、許されることが多いです。

男性がうまくイケなくて、射精に導けなくても、「まあ新人だし仕方ない」といって必要以上に責められることがない場合が多いのです。
精神的にも肉体的にもラクな仕事内容になりますので、ラクで簡単に稼ぎたい、なおかつ手段を択ばない女性の場合だと、体験入店を利用して、いろんなお店を渡り歩くのです。
しかし、そんな「体入荒らし」も長くは続けることが出来ないのです。

体入荒らしを繰り返すことで、グループ店だとブラックリスト入りする

選ぶその地域で有名なお店って、実はグループ店であることが多いのです。
グループ店の場合、入店した女の子のリストはきちんと管理されていて、いつその女の子が働いたのか、または退職したのかも分かるのです。
つまり、体験入店をグループ店で繰り返してしまうと、その女の子は、グループ店への出入りが禁止されてしまうことになります。
もちろん、面接でも即不採用を言い渡されます。

これをブラックリスト入りと言います。
もちろん、グループ店ではないお店には、女の子の情報が出回ることはないので、グループ外のお店なら、出入り禁止になることはありません。
しかし、グループで経営している風俗店は数多く存在しますので、体験入店を繰り返すための選択しが狭まってしまいます。
また、体験入店を繰り返すことを途中で止めたとしても、出入り禁止になってしまったお店からは信用がありませんので、そのグループ店では、一切働くことが出来なくなってしまいます。

この体入荒らしで、ブラックリスト入りすることを知っている女の子は、それなりの対策を行っている場合もあります。
短期間での入店、退店を繰り返すのではなく、そのお店がグループ店かどうかを下調べしたうえで、体入荒らしを行う、常習犯も存在します。
お店以外の人に害を与えることはないにしても、体入荒らしをする風俗嬢って、真面目に風俗嬢をやっている人から見れば、ちょっと神経を疑ってしまうかもしれませんよね。

体入荒らしと勘違いされないように、お店選びは慎重に

竜巻一般企業で働くOLも同じですが、労働環境が気に入らないことってありますよね?
例えば、お店のスタッフと気が合わないとか、お店の中が汚いとか、そういったちょっとした理由でも、退職の決め手になることがあります。
ですから、もちろん面接のときにお店の中って見れますので、清潔さやお店の雰囲気を見ることが出来ます。
また、面接官として当たる人が、どのような人物なのか、しっかりと見て、入店するかどうかを決めましょう。

それでも、やっぱり入店した後になって、そのお店を気に入らない場合はいくらでもあります。
もしそうなってしまって、辞めると決めた場合は、体験入店が終わった後ではなく、終わる前に辞めましょう。
体入ですべての恩恵を得た後と、その前では、疑いがまったく違います。

まとめ

ソープだけではなく、風俗店や水商売などでも、体入荒らしをする女の子は居ます。
体入荒らしと判断された時点で、グループ店への出入りは不可能になりますし、長く風俗で働きたいと思っているのであれば、体験入店の制度を悪用するのは止めておきましょう。
また、どうしても体験入店中に、そのお店が気に入らない理由があれば、それをハッキリとお店に伝えて、体験入店が終わる前に、退職しましょう。
体入荒らしと判断されないためにも、対策はしっかりと行い、お店から信用される風俗嬢になりましょう。