マットヘルスでのウザい客・キモイ客の特徴と風俗嬢の本音

2023年12月14日

cabashito / Pixabay

ウザい客やキモイ客が1人もいなければ楽ですけど、現実というのはそう都合よくいきません。
マットヘルスで働いていれば絶対にその様なお客さんを相手にせざるを得なくなります。
こういった風俗客の特徴とはどの様な物なのでしょうか?

それに関しての情報に加えて、風俗嬢の本音をご紹介します。
あるある話という意味でも楽しむ事ができますし、また今後の対策という意味でも興味深くご覧になっていただきたいです。
接客がツラくて仕方がないと嘆いている女の子なら絶対に見ておきましょう。

見た目が気持ち悪い客が嫌

リストこれはもう本能的な物と言わざるを得ないでしょう。
皆さんとしてもどうしても嫌な男性のルックスというのがあるはずです。
相手に悪気が無いのは頭では分かっていますが、体そのものが拒絶反応を示してしまう訳です。

ただ、お客さんがキモ客であるという事自体は仕方がありません。
そもそも、女性から好かれるようなルックスであれば風俗店を利用したりはしないからです。
モテないからこそお店にやって来るという事は理解していただきたいです。
生まれもっての顔つきはどうにもならないにしても、ファッションセンスくらいまともになって欲しいといった所でしょう。

しかし、彼らの立場で考えてみれば、そんなものに関心を持たないというのも当然です。
不細工がいくら着飾った所で、不細工であることに変わりは無いからです。
多少マシになるかどうかという程度でしょう。
皆さんとしてはその多少の部分が許容できないかも知れませんが、そういうものだと思って接客する様にしてください。

大切なのは接客中に嫌な顔をしてはいけないという事です。
ここはプロフェッショナル精神が求められる所でしょう。
無償奉仕しているのなら相手に対してクレームを言うという事もできますが、お金を支払っているのはどちらなのかを再認識していただきたいです。
ここを勘違いしている女の子は非常に多いです。

援助交際の様な物ではなくて仕事ですから、最低限の事はしなくてはいけません。
それが嫌だというのならお店を辞めざるを得ないでしょう。
お客さんとしても好きでその様なルックスになった訳ではないですから、多少は同情してあげなくてはいけません。
人間というのは自分の価値観を基準にして物事を判断してしまうので、この様な嫌悪感を抱いてしまいがちです。

彼らからすればそれが当たり前の姿な訳ですから、余りイライラしない様にしてください。
そういう事が出来る様になれば接客も楽にできる様になるでしょう。

本番行為を求める客がウザい

見た目に関しては通常の範囲内であるものの、過激なサービスを要求してくる客というのも困った存在です。
こちらはキモイというよりもウザいという表現の方が適切でしょう。
マットヘルスでは本番行為が基本的に行われていません。
その事は店舗サイトの方にも表記されているのですけど、この表向きの規則を破ってどうにかして本番したいとお願いしてくるお客さんが一定数います。

これもまた風俗あるあるの1つになるでしょう。
彼らがしつこくお願いするのには訳があります。
それはそうする事によって相手側が要求を受け入れてくれる可能性が高くなるからです。
何人かの女の子にお願いをすれば、そのうち1人くらいは期待通りのことをしてくれるはずです。

ここで皆さんが要求に応じるかどうかというのは微妙な所でしょう。
断った方が良いという考えもありますけど、そうする事によってお客さんが離れていってしまいますから収入減に繋がってしまいます。
それでも仕方が無いという風に考える事ができれば、そうしておけばいいでしょう。
しかし、ここはお金を優先したいと考えるなら本番行為をするのも仕方が無い所です。

ただ、無条件でというのはあまり感心しません。
どうせ本番をするのなら何らかの条件を示すようにしてください。
安全対策という意味も込めてコンドームを着けてもらうのはオススメです。
多少感度が鈍ることになりますが、安全性が格段に高まるので安心する事が出来るでしょう。

これ以外に本番行為ではないものの、過激なプレイを要求してくるというお客さんもいます。
これも先程と同じような感覚で対応して頂ければ問題ありません。
心の中でいくら嫌だなと感じたとしても、表向きは平静を装うようにしてください。
露骨に嫌な態度を示してしまうと、お客さんが怒り出してしまうという事も考えられます。

店舗型ならともかくとして、デリヘルで騒がれると一大事ですので、そうならない様に注意しておきましょう。

風俗嬢は本音でどう思っているのか?

天秤この様なお客さんの相手をしている風俗嬢は、本音ではどの様に感じているのでしょうか?

これは言うまでもなく不快で仕方が無いという事になります。
しんどいどころの話ではないでしょう。
沢山のお給料を頂けるから仕方なくやっているというのが実態です。
そう考えてしまう気持ち自体は仕方が無いですけど、その様な考え方は正直オススメする事ができません。

結果として自分自身を追い詰めてしまう事になって得にならないからです。
ここではあえて、お客さんの視点で物事を見る事をオススメしたいです。
不細工な客を接客している私だったり、本番強要に耐える私という視点で物事を見ているでしょうけど、ここで相手側になったつもりで考えてみてください。
そうするとまた見方というのが違ってきます。

不細工な男の人のプライベートを想像してみてください。
女性とは全く無縁の生活をしていて、どうしてもという理由で風俗店を利用しているケースが少なくありません。
少なくない金額を握り締めてお店にまでやってきたというのに、その様な態度を取られたとしたらどれだけ傷つくでしょうか?
そうやって考えてみると見た目が悪かったからといって雑に扱ってはいけないと考える事が出来るはずです。

また、これに比べるとやや許容しづらいですが、本番強要をしてくるお客さんというのも同じような見方をする事ができます。
プライベートが充実していれば、そもそもお店でそんな事を要求する必要は無いからです。
同情した方が良いとまでは言えませんが、多少は相手の気持ちというのを理解する必要があります。
そうする事によって皆さん的にもイライラしなくて済むようになるので、メリットはかなり大きいです。

自分の心を上手くコントロールできていない女の子が多いですが、ほんの少し見る角度を変えるだけで物事の見え方というのは変わってきます。
今現在マットヘルスの接客で苦しんでいるというのでしたら、こちらに書かれている事を参考にしてもらいたいです。

本能ではなくて理性を働かせる

拒絶キモイとかウザいという感情は本能的な物です。
心の奥底から自然に湧き上がってくるものという表現が適切になるでしょう。
ただ、この感情に身を任せていると、イライラしてマイナス面が大きくなってしまいます。
ここで大切になってくるのが人間に備わっている理性になります。

つまり、考える力をフルに使ってくださいという事です。
相手の立場で物事を見てみれば、そこまで不快な気持ちになる必要はなかったと冷静になる事が出来るはずです。
嫌な気持ちになったら、まずは冷静になるようにしてください。
そうすれば好ましい接客の仕方も頭に浮かんでくる事でしょう。

一流の風俗嬢になれるか三流のままかというのは、この辺りの意識の持ちようがかなり大きいです。