優良マットヘルス店の探し方を教えて!バックの相場や口コミも知りたい

2023年12月14日

PaliGraficas / Pixabay

どうせ風俗嬢としてマットヘルスでバイトをするのならばできるだけ優良なお店で働きたいものです。
ではどのようなお店が優良なのでしょうか?
そして、どうやって探せばいいのでしょうか?

選ぶポイントを紹介します。
自分に一番あった形で働ける場所を探しましょう。

風俗求人を活用!

探し方はなんといっても風俗の求人誌、求人サイト、スカウトサイトの活用です。
サイト系は複数活用するのがおすすめです。

タイミングが良ければ入店祝いを手にすることができるかもしれません。
お金くれぐれも街中のスカウトマンなどについて行ってはいけません。
スカウトマンを使うメリットは全くありません。
マットヘルスは風俗の中でも店舗数自体があまり多くないので、通勤圏内にないかもしれません。

多少遠距離であったとしてもここぞと思うお店があるのならば思い切って出稼ぎにチャレンジしてみるのもおすすめです。

気になるお店はネットで確認

風俗求人で気になるマットヘルスのお店を見つけたのならば、まずはネットでチェックをするようにしましょう。
風俗求人にも詳細な情報が掲載されていますが、それはあくまで風俗店側が求人のために載せている情報です。
嘘ばかりが書いてあるとは言いませんが、都合の良いことしか書いていない場合は少なくありません。

女性のための風俗嬢募集のサイトだけではなく、お客さんに向けたサイトもチェックしましょう。
風俗嬢向けには「ソフトプレイで高収入」とアピールしている一方で、お客さんに向けては「格安で濃厚プレイを楽しめる」と謳っていることも珍しくありません。

口コミは参考程度に

有名店や風俗街にあるマットヘルスならば、掲示板で口コミ情報が乗っていることもあります。
遊んだ男性側、実際に働いている女性側どちらの情報もあります。

宣伝用ではない生の声があります。
こっそり店外や本番をしたといった書き込みがあるかもしれません。
とはいえ、あくまで個人的な体験、感想なので参考程度に捉えましょう。

風俗店のサイトで見るべきポイント

マットヘルスの探し方でネットを活用するとはいえ、お店のサイトの何処を見ればいいのでしょうか?

なんとなく眺めて、漠然と働きやすそうなどと思って応募しはいけません。

在籍風俗嬢の写真

まずは在籍風俗嬢の写真を見ましょう。
年齢層や体型、容姿レベル、雰囲気が自分とあっているかを判断しましょう。
自分の雰囲気に合っていて、スペックが同レベルか少し上くらいのお店があなたにとっての優良店です。

在籍風俗嬢のスペックが低いお店に入れば人気が出るのではないかと思いがちですが、そのようなお店はお客さん自体が少なかったり、バックが安かったりする傾向があります。
また、写真の修整具合についてもチェックをしましょう。
みんな同じ顔をして、スタイルが良すぎるのならばかなり修整が入っています。
修正が多い所謂パネマジはお客さんに嫌がられるので程々にとどめておくのがおすすめです。

しかし、修正には頼らずに風俗嬢を美しく撮っているのならばそれは優良店です。
自分も綺麗に撮ってもらって指名を得ましょう。

出勤状況

カレンダーマットヘルスに在籍している風俗嬢の出勤状況についてもチェックをします。
たくさんの風俗嬢が出勤している風俗店ほど優良風俗店と言っても過言ではありません。

風俗嬢の出勤が多いというのはそれだけ客入りが良い、流行っていると言えます。
もちろん、それだけ競争が激しいこともありますが、勝ち抜く気概が無ければどのお店でも稼げません。
あまり出勤している風俗嬢が多くないお店は客入りがイマイチかダミーの風俗嬢であることがあります。

プレイ内容

マットヘルスのプレイ内容についても確認しましょう。

マットプレイには基本の流れがありますが、詳細はお店によって違ってきます。
対価としてお金を得ることができるとはいえ、限界というものがあります。
フェラや須股がないマットヘルスはありませんが、アナル舐めやバイブなどの扱いは一概には言えません。
基本プレイに組み込まれていたり、無料オプション扱いだったりすると断りづらいですが、オプションならば断わることもできますし、報酬をアップさせることもできます。

マットヘルスの相場は?

マットヘルスでバイトをした場合の相場はどれくらいなのでしょうか?
お店にもよりますが、大体1本12000円~14000円です。
日給は35000円~50000円くらいが一般的です。
本番ありのソープと同じくらい稼げるのがマットヘルスの魅力です。

バック率は6割以上が相場です。
マットヘルスによっては実績によってバックが上がっているシステムを採用しているところもあります。
頑張り次第で報酬が増えるのならばモチベーションがあがるでしょう。

引かれ物にも注目

風俗店の中には雑費や税金などの名目で引かれ物を徴収するところもあります。

バックが高くても引かれ物も多ければ意味がありません。

保証が付くかにも注目

保証を設定しているお店は客入りに自信があるお店です。
とはいえ、保証は付いていればいいというものではありません。
保証を得るためには条件があるというお店が大半です。

顔出しをしたり、かなりの鬼出勤をしたりしないと保証がつかないというのならばあまり良いお店とはいえません。
保証は日給だけではなく、時給保証にも柔軟に対応してくれるお店は短時間しか勤務できない風俗嬢にも親切だと言えます。
保証は大抵の場合、新人の期間、1カ月から3カ月程度です。
保証があるからいいやではなく、保証があるうちにお客さんに覚えてもらい、指名を得られるようにしましょう。

講習を親身行ってくれるか

マットヘルスのプレイ内容はローションとマットを使う特殊なものです。
なので、講習は必須です。
昔は趣味講習やセクハラ講習がまかり通っていましたが、今はその点に関してはそれほど警戒をし過ぎることはありません。
女性の講習員がいることがほとんどです。

気になるのならば風俗求人を見るか、応募の時に問い合わせてみましょう。
講習員からはマットプレイのテクニックはもちろんのこと、マナー、ローションで滑って事故を起こさないコツ、嫌なことや本番を要求されたときにどうかわしたらいいかなども教えてもらえるようなお店が良いお店です。
とくに、素股については正しいやり方を教えてもらうようにしましょう。
間違ったやり方だと、お客さんを満足させることができないばかりか、性病に感染するリスクも上がってしまいます。

体験入店で見極めよう

一見は百聞に如かずともいいます。
もちろん、ホームページを熟読し、応募や面接の時に気になることを質問することも大切です。
しかし、実際に働いてみないことには分からないこともあります。
面接が通ったのならば取りあえず体験入店をしてみましょう。

自分に合うかどうかだけでなく、客入りについてもみましょう。

優良のマットヘルスの選び方は情報収集が大切

情報収集マットヘルスでバイトをする場合、選び方のコツは情報取集をする労力を惜しまないことです。
複数の風俗求人のサイトやスカウトサイトに登録すると効率よく探すことができます。

気になるお店はホームページを隈なくチェックをしましょう。
求人のためのページだけでなく、お客さんが見るページのチェックも大切です。
矛盾があるようなお店は他でも嘘をついたり、ごまかしていたりする可能性があります。
バックの相場は12000円から14000円程度です。

バック率が6割以下のお店はお勧めできません。
最終的には体験入店をして客入りや雰囲気を肌で知り、どうするか決めましょう。