マットヘルスで働いてもなかなか貯金ができない子の特徴

2023年12月14日

stux / Pixabay

はじめに

マットヘルスは稼ぎの良い風俗店です。
一般女性の給料に相当する金額を数日の出勤で稼ぐことも可能で、お金を貯めるにはもってこいの環境です。
しかし、稼ぎの良いマットヘルスで働いても貯金が上手くできない女性がいます。

無駄遣いが激しかったり、節約が下手で稼ぎの多くを散財してしまうと、いくらマットヘルスで稼いでも貯金は増えません。
ここでは、貯金が上手くできないマットヘルス嬢の特徴や、貯金してゆくために必要となる事について、紹介したいと思います。

貯金が苦手なマットヘルス嬢の特徴

貯金箱マットヘルスなどの風俗店で働いているのに、貯金が下手な女性には共通の特徴があります。
金銭感覚がズレて散財することが癖になっているのです。

また、計画性や目標を喪失して自堕落な生活を送っていると、お金を貯める動機が生まれないため、貯金できなくなってしまいます。

金銭感覚がズレている

マットヘルスのバックは高額です。
1日に2、3本の仕事を取って数日働くだけで、10万円単位のお金が稼げます。
月に100万円を超えるような給料を手にしている女性も珍しくなく、マットヘルスで働けば、それまで手にしたことのないような大金を手にできます。

大金が手に入ると、欲しい物が何でも買える状態になり、やりたいことが何でもできるようになります。
高級バッグを購入したり、高級レストランを食べ歩いたり、季節ごとに海外旅行に出かけることも可能になり、若い女性が簡単にはできないことをマットヘルス嬢はできるようになるのです。
ソープ嬢など風俗嬢全般に共通することですが、マットヘルス嬢も使えるお金をたくさん手にすることで、散財しがちになります。
その結果、金銭感覚がズレてしまうのです。

金銭感覚がおかしくなると必要のないものを購入するようになります。
たとえば、バッグを購入する際に1つあれば十分なのに、すべての色やサイズについて大量購入するようになり、無駄な買い物が多くなってしまいます。
お金がなければ無駄な買い物はしたくてもできませんが、マットヘルスで働けばいくらでもお金が手に入る状態になるので、散財してしまいます。
その結果、思うように貯金ができなくなってしまうのです。

買い物依存症になっている

マットヘルスなどの風俗で働く女性の中には買い物依存症になっている場合があります。
買い物依存症とは、ストレスや不安などを買い物によって晴らそうとするもので、アルコール依存症のように買い物中毒な状態になることです。
マットヘルス嬢の中には、仕事でストレスを抱える女性がいます。
本来、ストレスは睡眠やスポーツ、おしゃべりなどで解消すべきものですが、男性とは異なり、女性の中には買い物でストレスを解消するタイプの人が含まれており、ストレスに晒されると買い物依存症になりやすくなるのです。

特に、マットヘルスでは高い報酬を受け取れるので、買い物依存症になりやすい環境となります。
買い物依存症になると、買い物そのものが目的となってしまいます。
何か欲しい物があって買い物するのではなく、ストレスを晴らすために買い物するようになるので、貯金ができなくなってしまうのです。

計画性や目標を喪失している

ジグザグ風俗嬢は2つのタイプに分類できます。

具体的な目標を持って働いている女性と、目標を持たずに漫然とその日暮らしで働いている女性に分けられるのです。
ここで、具体的な目標がある風俗嬢は貯金が上手です。
たとえば、大学に進学する、海外留学する、あるいはマンションを現金一括で購入する、というような具体的な目標を持っていれば、その目標を達成するために努力できるようになります。
いくら高い稼ぎを手にしても、節約に励んで倹約した生活を送って、貯金できるように頑張れるのです。

しかし、目標がないのであれば、貯金する動機が生まれません。
動機がなければ稼ぎの多くを無計画に散財してしまういます。
風俗嬢で、貯金できる女性と、貯金できない女性の大きな違いはここにあります。
将来に対する目標や展望がないと、自堕落した生活を過ごすようになって、貯金額が増えないのです。

マットヘルス嬢が貯金するためには必要なこと

風俗で働く女性は何かとバックに気にしがちです。
風俗店での面接でもバックについて尋ねることが多く、バックさえ高ければ貯金できると考えています。
しかし、それは誤りです。
いくらバックが高くても、無駄遣いしては貯金は増えません。

貯金するために必要なのは、女性の生活を改善することです。
無駄遣いできないように自らの生活習慣を改め、将来に対する目標を定めれば、自ずと貯金できるようになるはずです。

クレジットカードの限度額を下げる

マットヘルスなどで働く風俗嬢が無駄遣いしてしまうことの大きな原因の1つにクレジットカードの存在があります。
カード払いであれば、手持ち現金がなくても何でも買えてしまうので、余計な買い物をしてしまいます。

さらに、カード払いが問題なのは、買い物している感覚がなくなることです。
お金を出す必要がないので、出費しているという意識が希薄になり、制限なく買い物するようになってしまいます。
そこで、無駄遣いを抑えるためにはカードの使用を控えなければなりません。
まず、使用していないカードがあるのであれば解約すべきです。

そして、カードの限度額を引き下げるのです。
たとえば、限度額を10万円まで引き下げれば、カードによる買い物を月額10万円までに限定できるようになります。
そして、現金で買い物するように心がけるのです。
そうすれば、買い物の度に自分がいくら出費しているのか意識できるようになります。

カードばかり使っていると、どれだけ支出しているのか感覚的にわからなくなってしまいます。
カードを解約したり限度額を引き下げることで、カードによる買い物を減らさなければなりません。

銀行の自動積立を活用する

貯金するには自分でお金を銀行口座に入金し、定期預金などを組む必要がありますが、この手続きは面倒で煩わしいものです。
そこで、着実に貯金してゆくためには銀行の自動積立サービスを活用すると便利です。

自動積立サービスは大手銀行で実施しているもので、ネット銀行でも導入しているところがあります。
このサービスを利用すれば、毎月一定の金額を、自動的に定期預金に組み入れられるようになります。
たとえば、月に20万円設定しておけば、毎月、普通預金口座から20万円が定期預金に振り返られ、半永久的に貯金されるようになります。
もちろん、手数料は無料で利子も受け取れます。

この自動積立を利用すれば、嫌でも口座から貯金されるようになるのでどのような女性であっても貯金できるようになります。
貯金が苦手な女性は、この自動積立サービスの活用がおすすめです。

目標金額を設定し、風俗からの卒業を目指す

貯金が苦手な風俗嬢は目標を設定していない女性です。
進学や結婚、新生活を始めるなど、積極的な目標が設定されていれば、その目標や夢の実現のためにお金を貯められるようになります。

貯金するためには目標を設定することが有効なのです。
具体的な目標が無い場合には、貯金額を目標に設定するようにしましょう。ダーツ
たとえば、1億円を稼いだら風俗から卒業する、というような目標を設定すれば、積極的に貯金に励めるようになるはずです。
今、マットヘルスで働いて高い給料を得られていても、それがいつまでも継続できるわけではありません。

若い間は良くても、やがて若さは失われ、お客がとれない年齢に達してしまいます。
そうなってから後悔しないように、若いうちから目標金額を設定して、貯金に励むべきなのです。

まとめ

マットヘルスで働けば高いバックを受け取れるので、簡単に貯金できると思いがちです。
しかし、マットヘルス嬢でも貯金が苦手な女性がいます。

高いバックを手にすると、何でも買い物できるようになるので金銭感覚がおかしくなり、ストレス解消のためにも無駄遣いをしがちになってしまいます。
さらに、将来に対する目標を欠いて、その日暮らしの生活をしていると、お金を貯める動機が生まれないので、いつまで経っても貯金が増えません。
マットヘルス嬢が貯金をしてゆくためには、生活習慣を改善することが必要です。
クレジットカードを使用しないように心がけ、銀行の自動積立サービスを活用する事が有効です。

また、一定金額を稼いだら風俗を卒業する、というような目標を設定すれば貯金する動機が生まれるので、お金を貯められるようになるはずです。