マットヘルスで働く女の子が支払わなくてはいけない税金

2023年12月14日

stevepb / Pixabay

マットヘルスは稼げます。
しかし稼いだら税金の支払が必要です。
ただ、確定申告を税務署に提出すると住民税の申告データに加工されます。

昼職の会社に風俗嬢の副業がバレる可能性があります。
お店の税理士さんにいい方法を相談するといいかもしれません。

確定申告は大切ですが…

毎年3月になると確定申告の話がテレビなどで放映されます。
これは1年分に稼いだお金を自分で計算して、税務署に申告するものです。

風俗嬢は毎日お店からお金をもらっているでしょうが、これは給料ではなく「事業」をしているとして取り扱われます。
自分で収入と支出を計算して、その差額が税金の対象となるのです。
そろばんこの金額は税務署に支払うだけではなく、住んでいる県や市の税金を計算する基礎になります。
ただ、この数字は場合によっては、自分が勤めている昼職の会社にデータが届くことがあります。

また、自分が旦那さんなどの扶養家族になっている場合は、旦那さんの会社で問題になることもあります。
不思議な話がいっぱいです。
どうすればいいのでしょうか。

どうしてバレルの?

風俗店などで副業をしていることは昼職の会社には内緒です。

しかし、バレることがあります。
もちろん何をしているのかは昼職の会社では把握できません。
しかし、会社で支払っている以上の金額で税金の徴収通知が来ていればおかしいと思うはずです。
こうして副業はバレます。

会社としては、副業を禁止している事もありますが、副業により自社のデータや技術が流出することを恐れています。
そのため、何をしていたのかは徹底的に調べられるのです。
風俗店であれば、会社に影響はありません。
しかし、確実にクビでしょう。

確定申告書にキーポイントがある

どうしてこんなことになるのでしょうか。
昼職で働いている方は、自分の給料明細を見てください。
住民税が引かれているはずです。
これは、会社が計算しているのではなく、自分が住んでいる市から通知が来るのです。

ただ、誤りがある可能性も否定できないため、会社では独自に税金の計算をしています。
副業を禁止しているため、基本的に給料分以上の税金が計算されるはずはありません。
多すぎれば、通知をした市に対して一応確認します。
しかし、間違っていないという回答が来るはずです。

確定申告をすることで、風俗嬢の収入と会社の給料を合算して住民税の計算をしているのです。
多いのは当然でしょう。

税理士さんに聞いてみよう

こんな問題にならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。
また、税金の計算もどうすればいいかよくわかりません。

できれば少ないほうがいいことは当然です。
こんな時は専門家に頼るのが一番です。
風俗店には税理士さんがいることが多いでしょう。
大手グループ店であれば、大きな税理士事務所に頼んでいるかもしれません。

紹介してもらうのも一つの方法です。

どんな税金があるの?

さて、税金にはどんなものがあるのでしょうか。
確定申告で所得税という税金があることはよく知られているでしょう。
しかし、それだけではなく、さきほど説明した住民税もあります。

更に消費税の申告が必要な場合も考えられるのです。
一体どうなっているのでしょうか。

所得税

お金確定申告は所得税の金額を自分で計算して、税務署に申告する制度です。
申告をして計算された税金は自分で銀行などから支払います。

昼職の給料だけであれば、会社がすべて計算してくれます。
しかし、風俗嬢の収入は近くのコンビニなどの店主さんと同様に「事業」をしていると振り分けられます。
そのため、税金の計算は自分でしなければいけません。
計算は昼職の給料と合計しますが、単純に合計するのではありません。

計算方法は面倒なので、税理士さんに頼んだほうがいいかもしれません。

住民税

住んでいる市などに支払う税金です。
この計算は確定申告ができていれば簡単にできます。
確定申告のデータをそのまま利用しているためです。

後日住民税の通知が市などから届きます。
昼職の会社に勤めていると、毎年6月ごろになると通知が来るはずです。
あまり意識していない人も多いでしょうが、これに基づいて給料から引かれます。

消費税

風俗嬢で消費税の申告をしている女性はほとんどいません。

しかし、消費税は2年前の収入が1千万円を超えると申告の必要があります。
高級ソープでは月収100万円プレーヤーが少なくありません。
年間1千万を超えることは珍しくありません。
マットヘルス嬢も収入が多いため、年間1千万円を超える可能性がゼロとは言えないでしょう。

月平均83万、月に20日勤務として1日4万だと、そのラインを超える可能性があります。
ナンバーランキングにいつも入っているランカー嬢は気を付ける必要があるでしょう。

安全に稼ぐための知恵

税金は思わぬところで問題を引き起こします。
自分が正直に申告をしていればOKという事ではないのです。

場合によっては家族に影響が及ぶことがあります。

昼職の職場にバレないように

先ほど述べましたが、確定申告をすることで昼職の会社に副業がバレることがあります。
これを防ぐためは確定申告で、給料以外の税金は自分で払うと申告することが必要です。
やり方は簡単です。

確定申告書の2ペーシ目にある「住民税に関する事項」というところにある「自分で申告」というところにマルを付けるのです。
これで、昼職の給料分の税金しか昼職の会社には請求されません。
ただ、住民税の請求書が自宅に届きます。
これについては、送付先を風俗店にしてもらうのも一つの手です。

ただ、それでは風俗店に勤めていることが市にばれます。
市役所に知り合いがいたりすると嫌でしょう。
風俗店が準備しているアリバイ会社などに送ってもらうという手を取るのも一法です。

家族にバレないように

旦那さんに内緒でマットヘルス嬢として働いている主婦の方は、旦那さんの扶養家族となっていることが多いです。

この場合、旦那さんの税金面で優遇を受けています。
しかし、奥さんの収入が多いとこの優遇を受けることができなくなります。
確定申告をすることでこんな問題が生じます。
また、旦那さんの健康保険には奥さんも入っているはずです。

ただ、これは奥さんが働いていないことが前提です。
風俗嬢として働いていたら、自分で国民保険に入る必要があります。
家族手当などをもらっていたらもっと悲惨なことになります。
こんなことになれば離婚される可能性が高いです。

下手に確定申告をしないほうがいいかもしれません。

大手グループ店は対策を取っている

このような問題があるため、大手グループでは対策を取っているはずです。
人妻系風俗店は、人妻を雇用する際には必ず旦那さんの職業を確認しています。
そして、税金関係で問題が起きるリスクを説明します。

書類これであきらめて帰る人妻も少なくないですが、後日のトラブルを避けるため大手グループ店では必ず実行しています。
確定申告をしなければこのような問題は起きません。
風俗店も申告を強制することはないのです
ただ、後から問題が生じるリスクがあります。

また、昼職があるOLについては、確定申告をする際に、先ほど説明した記載をするように指示をしているはずです。
税理士も交えて、昼職の会社にバレないように対処しています。

まとめ

風俗嬢として働いていると税金の支払が必要になります。

昼職の仕事がある人は給料をもらっていると勘違いするかもしれませんが、一種の事業です。
そのため、条件に合致すれば消費税の支払まで必要かもしれません。
税金の支払は自分だけでなく、家族の税金に反映することもあります。
税金の話は分からないことが多いです。

働いているお店には税理士さんがいるはずですから、紹介してもらうのも一つの方法ではないでしょうか。