マットヘルスは写真指名が重要ですが実物と差があり過ぎると危険

2023年12月14日

OpenIcons / Pixabay

マットヘルスで稼ぐ上で写真指名はとても大切です。
写真指名をできるだけたくさん受けるためには綺麗な写真を用意するべきですが、あまりにも写真と実物に差があると良くありません。
写真指名をとることと同じくらい、本指名に繋げることは重要です。

写真指名とは

写真指名は風俗で遊ぶ上で3つある指名方法のうちの1つです。
写真指名は予約指名をしてきたわけではない、フリーのお客さんが受付で写真を見て風俗嬢を選ぶシステムです。
予約指名の場合はあらかじめお客さんはネットなどで評判やプロフィール、写メ日記などを徹底的に比較検討して選びますが、写真指名の場合はその場で選ぶので見た目がとにかくモノを言います。
写真 インスタント出勤する際には本指名や予約指名で埋まっていることが理想ですが、そうでない時には写真指名でフリー客から選ばれる努力が必要です。

そして、写真指名を受けることができたら、次は本指名に繋げることが稼ぐ秘訣です。

写真指名に手抜きは絶対にダメ

写真指名を甘く見ている風俗嬢もいるかもしれませんが、マットヘルスで働くうえで写真の手抜きは御法度です。
どんなに凄いテクニックを持っていても、人柄が良くでも、実物が美しくても、フリーのお客さんにそんなことは伝わりません。
写真を見てぜひ実物に合ってみたい、サービスをして欲しいと思えるようなものを用意しましょう。

マットヘルスは実力さえあれば稼げるというものではありません。
その実力を発揮する機会が無ければいつまでたっても稼げません。

パネマジはほどほどに

写真指名をとるためには写真を綺麗に撮る必要があります。
実物が美しければ何も問題がありませんが、そうでない場合であってもそれなりにみせるテクニックがあります。

ポーズを工夫したり、写真に加工を施したりします。
しかし、実物とかけ離れた仕上がりになってしまった場合、皮肉を込めて、パネルマジック、略してパネマジと呼ばれます。

パネマジのデメリット

マットヘルスの写真で実物との乖離が激しいパネマジは何が問題なのかというと、何よりもお客さんに嫌がられます。
写真で見たよりも年齢が上だったり、ブスだったり、ウエストが太かったりしていると期待していた分、落胆も大きいです。

そのイライラを風俗嬢にぶつけることもあります。
そうなると雰囲気を作りにくくなってしまい、気まずい時間を送ることになってしまいます。
最初の印象が悪いのでかなり頑張ってサービスをしない限り、そのごリピートしてくれたり本指名になってくれたりしにくくなってしまいます。
また、風俗で遊び慣れているお客さんは写真を見ただけでパネマジが大きいかどうかが分かってしまいます。

そうすると選ぶ候補にすら入れてもらえなくなってしまいます。

短期で荒稼ぎと割り切るならばアリ

安定してマットヘルスで働きたいと考えているのならばパネマジはほどほどにするべきですが、短期間で荒稼ぎしたい、リピートなど返ってこなくても構わないと考えているのならば割り切ってパネマジに徹するのもアリと言えばアリです。
額縁思いっきり綺麗な写真を作り、写真指名をじゃんじゃん取りましょう。
とはいえ、実物を見てがっかりしたお客さんを相手にするのはとても気疲れします。

毎回毎回初対面のフリー客の相手というのも緊張が続き大変なものがあります。
本指名客の方が指名料は大きくなりますし、ある程度気心も知れているので緊張せずに接客をすることもできます。

ポイントは雰囲気を感じさせること

マットヘルスで写真指名をとり、さらには本指名に繋げたいと考えているのならば、雰囲気を感じさせつつ、実物よりは少しだけスペックが良く見える写真を作るようにしましょう。

モザイクで美人になる

顔にかけるモザイクは身バレ防止のためだけではありません。

うまく利用することでお客さんの想像力や興味を煽ることができます。
マスク美人やサングラス美人の例があるように、顔の一部が隠れていると人は勝手に自分好みに想像します。
目元か口元、自分に自信があるほうを出すようにしましょう。
おすすめは目元です。

口元はどうしても年齢が出やすいからです。
反対に顎のラインが美しい、ほうれい線や笑いジワなどが一切ないなどという場合は口元を出すととても有利です。

修正は最低限に

写真に修整を入れることが悪いわけではありませんが、最低限にとどめておきましょう。
特徴的なほくろやタトゥーは消した方が無難です。

このようなものは身バレに繋がる恐れがあるからです。
身体のラインは修整よりもポーズを工夫したほうが印象は良いでしょう。

ポーズ次第で大きく変わる

写真のポーズは下手の修整よりも写真の良し悪しに影響を与えます。
まず顔は顎を少し引き、上目遣いの目線がおすすめです。

初心者は恥ずかしかったり、どんな表情をしたらいいのか分からなかったり、身バレを恐れて俯いてしまいがちですが、そうすると暗い印象になってしまったり、実際の年齢よりも上の印象を与えてしまうことが多いのでおすすめしません。
全身を撮られるときはとにかく背筋を伸ばすことを意識しましょう。
心持肩甲骨を内側に寄せるようにすると胸元が強調され若々しい印象になります。
さらに、腰を捻るとウエストが細く見え、スタイルアップの効果を得ることができます。

とはいえ、腰を捻るポーズは良し悪しで、遊び慣れているお客さんの中には腰をひねっている風俗嬢はウエストに自信が無いからだ、太いからだと判断して選択肢から外す場合もあります。

面接の行くときはそのまま写真を撮られるつもりで

マットヘルスに面接の行く場合、採用が決まればそのまま写真撮影が行われるという心づもりで行きましょう。
お店によっては後日正式にスタジオで撮る場合もありますが、面接の後そのまま体験入店という流れならば写真が必要になるので、その場で撮ることになります。
清楚さを意識して少し気合の入ったデートに行くつもりの服装やメイク、髪型で面接に臨みましょう。

その方が写真写りだけでなく、面接の合格にもつながりやすいです。

写真だけでなく、スリーサイズも見られている

メジャーマットヘルスに来るフリーのお客さんは遊ぶ風俗嬢を決める時、写真だけでなく、スリーサイズにも注目をしていることがあります。
写真を修整するよりもむしろ、このスリーサイズのサバを読んだ方が写真指名に繋がることもあります。
マットヘルスに来るお客さんの中でも、あまり女性に慣れていない人はスリーサイズに夢を見過ぎていることがあります。

ウエストは60cmを超えるとデブだと信じて疑わない人もいます。
なので、それほど太くないならば50cm代を申告しておくのも手です。
マットヘルスでは胸が大きい方が気持ち良いので人気が出ますが、とびぬけて大きなカップの場合は逆にデブかもしれないと思われてしまうこともあるので、お店の雰囲気によっては逆サバが必要になってくることもあるかもしれません。

写真指名は大切。でも、その後に繋げることも大切

マットヘルスで働くうえで、写真指名を受けることはとても大切です。
ふらりと入ってきたお客さんがぜひこの風俗嬢と遊びたいと一目ぼれしてしまうような写真を用意しましょう。
とはいえ、修正や加工などをしすぎてあまりにも実物とかけ離れ過ぎてしまうのはおすすめできません。

写真指名をとることは大切です。
しかし、それで終わりではありません。
写真のあなたではなく、あなた自身を気に入ってもらい、次はもっとバックのよい本指名に繋げることを目指しましょう。