マットヘルスでネット指名を獲るにはホームページの質も重要

2023年12月14日

Felix_Broennimann / Pixabay

マットヘルスで安定して稼ぐためにはネット指名を獲得することが大切です。
ネット指名を獲るために大切なことはホームページの質です。
ホームページの質の良いマットヘルスで働いてしっかりと稼ぎましょう。

ネット指名はとても大切

マットヘルスに限らず、ソープやデリヘルなど風俗嬢にとって稼ぐためにはネット指名はとても重要です。
ネット指名とはフリーのお客さんがお店に来てから写真指名をするのではなく、お店のサイトに掲載してある風俗嬢のプロフィールを見て予約をするというものです。
ネット指名を受けることができれば給料が上がりますし、あらかじめ指名が入っている状態なので効率よく稼ぐことができます。
また、ネット指名をしてくれたお客さんの中には次は本指名してくれるお客さんもいるかもしれません。

待遇はお店によって違う

ネット指名の待遇はお店によって違います。
お金大抵はフリーのお客さんよりも1000円から2000円程度お給料にプラスされることが多いですが、本指名よりは劣ることが多いです。
面接の時に質問してみましょう。
ネット指名であってもフリー客と同じお給料しかもらえないのならばモチベーションを保つことは難しいのであまりおすすめできません。

大金を払うお客さんほどホームページに注目をしている

傾向としてはソープやマットヘルスなどサービス料が高いお店に遊びにくるお客さんや、ロングコースで遊びたいお客さんほどお店のホームページを熱心に見ています。
高いお金を払うので最大限楽しい時間を提供してくれる風俗嬢を選びたいと考えているからです。
そのようなお客さんから選んでもらえることができ、さらには本指名に繋げることができれば安定して稼ぐことができるでしょう。

まずはホームページに注目

まだどのマットヘルスで働くか決めていない場合

まだマットヘルスで働いていない場合は気になるお店のホームページに片っ端からアクセスをしてみるようにしましょう。
待遇に注目するのと同じくらい、ホームページにも注目をしてみましょう。
見やすくて、見ていて面白いホームページだと感じるでしょうか?
風俗嬢のプロフィール写真が写メだけだったり、魅力的でなかったりしないでしょうか?

それともスタジオでプロが取ったかのように綺麗に撮られているでしょうか?
あなたが男性だったらこのプロフィールの中から大金をはたいて遊んでみたいと思う風俗嬢がゴロゴロいるようなお店がおすすめです。
さらに、風俗嬢を綺麗に撮ってくれるお店は風俗嬢を大切にしているお店とも言えます。

すでにマットヘルスで働いている場合

すでにマットヘルスで働いていて、今よりもネット指名を獲りたいけれど、移籍するほどではないと言う場合はネット指名をよくとっている風俗嬢のプロフィールや写メ日記に注目してみましょう。

プロフィールの写真のポーズや衣装、写メ日記の書き方や更新の頻度などを真似できるところから真似してみましょう。
自分に足りないモノ、あるいは余計なものは何なのかを考えてみましょう。

プロフィール写真には気合をいれて

プロフィール写真はネット指名を受ける上でとても重要です。
気合を入れましょう。

メイク

メイクはやや濃い目の方が写真写りは良くなります。
スタジオなどで強いライトを当てて撮影をすると肌は綺麗に映りますが、チークやアイメイク、リップなどの色が飛びやすくなってしまいます。
少し濃い目の色を使うことで華やかな顔立ちになります。
とはいえ、清楚さを失い、下品な印象にならないようにしましょう。

髪は黒髪ストレート

髪は黒髪ストレートがとにかく男性には受けが良いです。
明るい髪色や巻いてあると好みが別れやすくなってしまいます。

服はガーリーに清楚に

女性服は指定が無い場合はガーリーかつ清楚路線を目指しましょう。
肌の露出、ボディラインの分かることはもちろん大切です。

しかし、その中にも女の子らしさ、清楚さが現れるものが良いです。
正直、少しダサイかな?
少女趣味じゃない?
と思うようなものの方が受けは良いです。

派手なものはあまり受けません。

顔は出せばいいものではない

顔は余程の美人でない限りは一部を隠しましょう。
モザイクをかけたり、隠したりするのは身バレ防止だけではなく、そのほうが魅力的に見えたり、興味を持ってもらえたりしやすいからです。
マスク美人という言葉もあるとおり、顔の一部が見えていないとかえって想像力が膨らみ、自分好みの顔を思い描いて期待が膨らむものなのです。

目元か口元、自信のある方を出すのがおすすめです。

修正は場合によりけり

写真に修整を入れるかどうかは時と場合によりけりです。
あまり強い修正はネット指名をしてくれたお客さんをがっかりさせてしまい、本指名に繋がらなくなりがちです。
しかし、とくに本指名を返して欲しいわけではない、短期間だけ稼げればいいと考えているのならばある程度修正を入れて注目を集めましょう。

写真だけがプロフィールではない

写真だけがプロフィールではないですし、ネット指名の秘訣でもありません。
文字のプロフィール欄の記入も手を抜かないようにしましょう。
星座や血液型など直接指名とは関係なさそうな項目であっても空欄はおすすめしません。
何がきっかけで指名したいと思われたり、会話のきっかけになったりするかは分かりません。

もちろん、真実を書く必要はありませんが、設定はしっかりと覚えておきましょう。
好きなプレイや得意なプレイはそれを要求され続けても苦にならないものを書きましょう。

写メ日記はフル活用

プロフィールはそれほど頻繁に更新できませんが、写メ日記は自分で更新することができます。
ネット指名をするお客さんはかなり注目しているので手を抜かないようにしましょう。

できれば1日1回更新

可能ならば1日1回の更新を目指しましょう。
更新は多ければ多い程良いというわけではありません。
あまりにも薄い内容を頻繁に更新されても魅力はありません。

事務的にならずに

写メ日記の内容は出勤日を事務的に書いただけでは魅力がありません。

出勤日は大切な情報なので書く必要はありますが、それ以外にも少しだけプライベートや風俗嬢の人柄が分かるような内容も織り込みましょう。

お礼を忘れずに

マットヘルスに予約をしてくれたお客さんや遊びに来てくれたお客さんに対してお礼を述べたり、余韻が感じられたりするような内容を織り込みましょう。
そうすることで、また遊びに行こう、今度は本指名をしようと考えてもらえがちです。

自分を撮る場合は慎重に

写真 スマートフォン写メ日記の写真は食べ物やペットの写真だけでは飽きられてしまいます。

自撮りの写真はやはり魅力的です。
しかし、これには慎重さが求められます。
写メ日記はストーカーもチェックしていることが少なくありません。
僅かな情報で済んでいる場所や名前などを特定してくることがあります。

理想は写メ日記に使う服やスマホカバーを完全にプライベートと分けることです。
特徴的なスマホカバーの場合は注意が必要です。
また、野外の場合は背景で特定されてしまうこともあります。
送信する前に余計なものが写り込んでいないかしっかりと見直しましょう。

ホームページが魅力的だとネット指名を獲りやすい

マットヘルスをはじめとする風俗嬢にとってネット指名はとても大切なツールです。
お店のホームページの質が良いところで働きたいものです。
とはいえ、お店任せにするだけでなく、自分で工夫や努力をすることも大切です。

写メ日記は毎日の更新を目指しましょう。
魅力ある内容の配信が大切である一方、ストーカーへの警戒を怠ってはいけません。