デリヘルは本指名をリピートできて一人前!常連が付かない理由は?

2023年12月14日

Sambeet / Pixabay

デリヘルは風俗ジャンルの中で最も店舗数が多く、利用客も多いジャンルになります。
このためこれから風俗で働きたいと思っている女性の多くがデリヘルで働くケースが増えていますが、思ったように稼げないと悩んでいる女性もいらっしゃいます。
ここでは稼げない女の子に共通するリピーターがつかない理由について紹介します。

本指名が返せるようになって一人前

メダルデリヘルのみならず稼げる風俗嬢の最低条件としては、本指名を返せてリピーターを多く抱えてられるかが重要な条件になります。
デリヘルの場合には、フリー客とパネル指名(ネット指名)、そして本指名の3つの利用方法が存在します。
いつもフリーやパネル指名ではお客がつくものの、本指名を返せないというようでは、まだまだ風俗嬢として一人前とは認めてもらえませんし、人気嬢になって多くの報酬を稼ぐことは難しいといえます。
いつまでも本指名を返せず、移籍を繰り返しては稼ぎやすい「新人」の冠を使ってしか稼げない女性には共通点があるものなのです。

どうして常連さんを作ることが出来ないのでしょうか。

まずはパネル指名を上げる努力を

本指名を返す前にそもそも新規客が自分を指名してくれないと、本指名を貰うことも出来ません。
そこで重要になってくるのが、デリヘル店のホームページ上に用意されているプロフィール写真です。

やはり写真がないよりもあった方がパネル指名が上がりますし、1枚の写真よりもプロポーションなどが分かったり、顔が想像できますから指名が上がる可能性が高まります。
顔出しに抵抗がないのであれば、顔出しをするのも一つの手段と言えるでしょう。
顔出しNGなのであれば、男性の心をくすぐるようなポージングや下着などを着用してパネル写真を撮影すべきでしょう。
また近年のデリヘル店では写メ日記などのブログスペースを用意しているところがほとんどです。

こういったものをこまめに更新し、感謝の気持ちを示したりちょっとしたプライベートを晒すという方法もパネル指名に繋がっていきます。
またお客さんばかりではなく、受付担当などの周辺スタッフにも好感を抱かれれば、フリーなどを回してもらえる可能性が高いですから、気をつけるようにしましょう。
このように実際に接客をして満足してもらう以前にやるべきことがあり、それらをしっかりと行うことによってパネル指名を上げることが可能になるのです。

本指名を返す方法は?

よく人気嬢は容姿やスタイルなどのスペックが高くなければ駄目という勘違いをされている方が多いですが、実際に指名に繋がるのはサービスが80パーセント。
容姿は20パーセント程度でしか影響を受けません。
サービスや接客態度によって快楽を提供してあげることはもちろん、精神的な満足感を与えることによってリピーターが増えていくのです。
容姿というものはそれぞれによって好みが分かれますから「絶対」と呼べる武器にはなり得ません。

美人は3日で飽きるという言葉がある通り、容姿も見慣れてしまえば飽きられてしまうのがオチなのです。
実際にナンバーワンの風俗嬢を見てみたり、キャバクラやクラブ、ホストなどの業界でもナンバーワンになっている人間を見てみましょう。
そこまで驚くほどに容姿淡麗ではありませんよね。
なぜナンバーワンなのかといえば、最低ラインの容姿レベルを備え、サービスと接客がお店で一番優れているからなのです。

容姿を最低限に磨きつつも、やはり接客やサービス精神を磨くことが何よりも大事と言えるでしょう。
具体的に接客やサービスが満足されないのはどういったことをしているからなのでしょうか。
本番強要を受け入れなかったからなんて全くの勘違いをしている方が多いですからしっかりと覚えておくべきです。

お客とデリヘル嬢という壁がある

壁本指名を返すことが出来ない女性の共通点としては、やはりどこかにお客さんと風俗嬢という壁を感じさせる接客をしているということ。
できれば相手を恋人のように思い込み、ホテルや自宅などのプレイルームの中だけでも彼女役を演じるということが重要になります。
お客さんから満足されない風俗嬢はこの割り切って演技をするということが出来ていないことが多いのです。
実際に付き合う必要もありませんし、店外デートなどをする必要もありません。

あくまでもお店を利用しプレイ中だけでもいいので自分の愛おしい恋人とイチャイチャするようなサービスを提供してあげましょう。
こうするだけで勝手にお客さんが勘違いしてくれ、特別な存在としてあなたを認めてくれるはずです。
とにかくプレイ面で濃厚なサービスを受けられたら特別視されていると感じる男性もいますし、興味や関心を持ってくれて会話でのコミュニケーションを取ることが嬉しいと感じる男性もいます。
こればかりはお客さんによりけりですから、常に何をすれば喜んでもらえるかを考えて接客をしていきましょう。

フリー利用の客はチャンスと考えよう

パネル指名をしてくれなかったり、本指名をしてくれないフリーのお客をぞんざいに扱う女性はやはり本指名の数が少ないものです。
実はフリーの客こそ狙い目であり、本指名を返しやすいタイプといえます。
パネル指名の場合には、プロフィール写真などで一目惚れをしている可能性が高く、ルックスはもちろん性格や声といったものもそこから勝手に妄想してしまっていることが多いのです。

つまりその妄想と違っていればがっかりとされてしまうことになりかねません。
ハードルが高く設定されているというわけです。
一方でフリー客の場合には、どんな女の子が来るのかな?
というドキドキ感も楽しみたいという方やデリヘルのレベルがどんなものなのかということを確かめたいといった目的でフリーで利用されるケースが多いもの。

特にイメージや妄想を膨らませているケースは少なく、ハードルは低いわけですから、挨拶をする時に笑顔で明るく接することができれば、第一印象がよくなります。
そもそも指名料などが掛からないわけですから、そこで感じの良い子が濃厚なサービスをしてくれたとなれば、お得感が倍増するというものです。
結果として「またあの子に相手をして欲しいな」とリピーターになってくれる可能性が高いのです。

基本プレイは一通り行うこと

また本指名が返せない女性の共通点として、時間を盗んだり会話に終始したりといったこと。
キスやフェラチオを拒否するといったことなどが挙げられます。
拒否デリヘルで認められている基本プレイの内容は、抵抗感があろうとしっかりと手を抜かずに行うべきです。
生理的に合わないと思えるような容姿や、体型、毛深いお客さんの相手をすることもあるでしょう。

しかしお客さんによって差異をつけ、認められているサービスを行わないというのであれば、クレームにも繋がりかねません。
それが仕事なのですから、どんなお客さんであろうとしっかりとサービスを提供するようにしましょう。

本指名が返せないのには理由がある

いかがでしたか?

本指名を返せないとデリヘル嬢として満足できるような高い報酬を稼ぐことは出来ません。
パネル指名よりもフリー客の方がリピーターにさせやすく、プレイ中だけでも恋人のように相手を思って接することで常連客にすることが可能です。
お客と嬢という壁を感じさせず、基本プレイを疎かにしないことなど基本的なことを守って働いていれば、自然とリピーターはついてくるものなのです。