40代の熟女でも稼げるオススメのデリヘルはありますか?

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

風俗は若い年代でしか出来ない仕事という時代はもうとっくに終わっています。
現在では人妻コンセプトや熟女コンセプトのデリヘルなどが多く誕生し、求められているのはリアルさだったりするからです。
ここでは40代の熟女でも稼げるデリヘルについて紹介します。

40代で風俗業界で働く女性の割合は

10代後半や20代前半までしか風俗業界では働けない。
確かに一昔前にはこのような法則が成り立っていたものでした。
しかしながら、現在では人妻ブームや熟女ブーム。
NTRと呼ばれる「ネトラセ」「ネトラレ」なんてジャンルが確立し、30代はおろか40代の熟女や人妻が人気の時代です。

こういったことを言うとメディアが勝手にブームを作り上げていると勘ぐる方がいますが、需要が非常に高いものです。
40代の女性が風俗業界で働いている割合は、全国で17万人から20万人も存在しているととある調査で証明されています。
円グラフ実はこの数字、驚くべきことに風俗業界で働いているという女性人口の半数以上にも登っているのです。
つまりどういうことなのかというと、10代や20代の若い年代の風俗嬢よりも30代や40代のいわゆる人妻風俗嬢や熟女風俗嬢の数が多いということです。

何が言いたいのかといえば、風俗嬢になるのに年齢はほぼ関係なく、むしろ30代や40代という年齢や人生経験、ステータスを利用して性風俗の業界で十分に活躍できる時代になっているということなんです。

どうして40代が風俗業界に入るのか?

どうして40代の家庭を持ち、お子さんもいて安定したような女性が風俗業界で急増しているのか気になりませんか?
特に贅沢をしているわけでもないのに、世の中が不景気でなかなか旦那さんの給料が上がらない。

将来を見据えて貯蓄をするとあと数万円という生活費が足りなくなる。
また好景気を経験している世代であるため、生活水準を下げることに抵抗があり、どうしてもお金が足りなくなってしまう。
こういったちょっとした足りない生活費を稼ごうと風俗異業界に足を踏み入れているのです。
以前までは消費者金融などでいくらでも都合をつけることが出来たものの「総量規制」という新しい制度が生まれました。

このため借金は年収の3分の1が上限になってしまったという背景があります。
こういったことから借りたくても審査の時点で専業主婦というステータスは落とされてしまい、自由に借りれるお金がない。
そこで風俗で稼ごうという選択に至るわけです。
他にも40代で育児などに手がかからなくなり、時間的な余裕も出来た。

何か始めたいし、自由な時間を満喫したいけれど、それにはお金がいる。
だけれど先立つものがない。
だから風俗でその資金を稼ごうという選択をするわけです。
どちらの場合に関しても「空いた時間」を有効活用できること。

短期間であっても頑張れば高額な報酬を手に入れられる仕事であること。
こういった理由で40代の主婦などがこぞって人妻デリヘルなどの風俗店で働き始めるようになったのです。

人妻・熟女デリヘルがおすすめ

40代の熟女が風俗業界で稼ぎたいと思っているなら、人妻デリヘルや熟女デリヘルがおすすめです。

なぜデリヘルがおすすめなのかというと、門戸が非常に広く選択肢が広がっているからです。
Gate, Open風俗で一番稼げるのはソープじゃないの?
と思われるかもしれません。
確かにお客さん一人を相手にした場合の単価はソープの方が高いと言えるでしょう。

しかしながら、ソープは日本全国に検索範囲を広げても、選べるエリアは大体特定されています。
その上で人妻や熟女のコンセプトで営業をしているところとなると選択肢は随分と狭まってしまいます。
まさか出稼ぎ嬢として地方エリアや都会エリアへと何週間も働きに出るとなれば家族に負担が掛かりますし、怪しまれることになります。
もしも近場に人妻・熟女系のソープが存在していたとしても、店舗型の風俗店であり歓楽街に立地していることから、身元バレしてしまう可能性は随分と高まります。

家族にオープンにして風俗業界で働く許可を貰えているという40代女性ならいいでしょうが、それ以外は絶対に隠しておきたい秘密でしょう。
こういった理由からも日本全国に豊富に存在しており、採用のハードルも低くアリバイ工作などもしっかりと行ってくれている傾向が高い人妻・熟女デリヘルで働くことがおすすめなのです。
一般的なパートやアルバイトも選択肢としては有りかもしれませんが、同じ時間を働くのであれば、断然に風俗業界の方がギャラが良いです。
また40代などではセックスレス状態になっている夫婦が多く、性的欲求の解消にも繋がります。

デリヘルの場合には本番行為は禁止ですから、ある意味で「一線を越えていない」ということから罪悪感や背徳感も薄れることになり、ソープで働くよりもおすすめです。

おすすめの人妻・熟女デリヘルは?

どうせ風俗業界でアルバイトをするなら高額な報酬を手に入れたいところですよね。
同じ時間働き、その上で同じようなサービスをしているなら、やはり少しでも高い報酬を貰えるところで働く方がベターです。

風俗は40代の熟女や人妻のみならず、若い年代の女の子でもお店選びによってその後の人生が左右するというのは有名な話です。
40代からの風俗勤めでもそれは同様であり、お店選びに失敗すると、同じ勤務時間、サービス内容であっても報酬が雲泥の差となって後悔することになります。
また40代からの風俗の仕事の注意点として、「何を一番重要視するのか?」という点でデリヘル店選びをした方が無難でしょう。

3人家族旦那さんがいて子供もいる。
こういった立場の方で家庭を第一優先にし、風俗のアルバイトは「ちょっとした生活費の足しになれば…」という思いや「自分が自由にできるお小遣いが欲しい」という程度の考えなら、「身元バレしない待遇をしてくれるデリヘル」を選ぶべきでしょう。
老後の生活費が心配である程度に長期間になっても多額の報酬を稼ぎたいというのであれば、高級店などのランク上位のデリヘルであったり、デートコースなどの半日程度拘束されても多額な報酬を稼ぐことができるシステムがある人妻・熟女デリヘルを選択するのがおすすめです。

このように一概に何がオススメなのか?と言われてもその人にとって、何を第一優先にするかで選ぶべきお店の特徴というのは変わってきますから、結論は一つではありません。
40代にもなれば働ける風俗店はこちらが選ぶような立場にはないと思いがちです。
しかしながら、前述にもあるとおり現代の風俗嬢の割合は10代や20代の女の子よりも、30代や40代の人妻や熟女の割合が多くなっているのです。
これは裏を返せばそれだけこれらの年代の女性の需要が高いということでもあります。

このためこの手のジャンルの風俗店が急増中であり、猫の手も欲しいという売り手市場な傾向が見られますから、焦らずにじっくりと在籍するデリヘル店を決め、自分の第一優先を崩さないように働いていきましょう。

40代だからこそ風俗業界で働こう

以前までの40代と現代の40代とでは、女性の質というものがまるで違います。
風俗を利用する男性客の年齢層が上がったことからも、話が合い一緒にいると安らぎを覚える40代女性は風俗業界では需要が高い状況です。

こういった売り手市場になっているアドバンテージを活かし、老後のための貯蓄やちょっとした生活費の足しに稼ぎたい方にはデリヘルがおすすめなのです。