熟女ブームにより50代の熟女でもデリヘルで稼げる!

2023年12月14日

benzahodnar / Pixabay

30代や40代ならばまだしも、50代になってしまった自分は風俗業界などでは働くことが出来ないだろうと考えている女性は多いものではないでしょうか。
しかしながら現在では50代の女性でもバリバリと風俗業界で活躍している時代です。
その理由は熟女デリヘルが大人気だから。
ここでは50代女性の風俗事情について紹介していきましょう。

50代でも活躍している現在の風俗業界

人妻デリヘルを筆頭にアラサーやアラフォーの女性が風俗業界でもバリバリと活躍している時代になりました。
しかしながら50代ともなればさすがに無理だろうと思っている女性も多いかもしれません。
確かに一般的なデリヘル店や人妻デリヘルでも「若妻」などをコンセプトにしているデリヘルでは需要がないといえます。

妻ただし、近年では人妻ブーム以上に「熟女ブーム」でもあります。
有名芸能人などが続々と熟女好きを公表し、熟女の魅力を語ったことからも世間一般にその魅力が知られるようになり、熟女と接点を持ちたいという男性が急増したわけです。
風俗業界はこういったブームに敏感に反応するものですから、全国各地に熟女デリヘルが誕生したわけです。
女性の場合アラサーに近づき、30歳を越えた時点で周囲の女性に劣等感を持つと言われています。

しかし風俗業界では30代という女性は一番といってもいいほどに売れ頃な年代なのです。
どうしてかといえば、風俗を利用する男性客の年齢層が高くなっているから。
近年の若い10代や20代の男性の多くは風俗にお金を使うことを馬鹿らしいとさえ考えています。
草食化によって性的な欲求の解消にお金を掛けることが馬鹿らしいとさえ思っています。

一方で40代以上の男性は性欲旺盛。
風俗で普段は出会えない若い女の子とエッチなことをしたい。
でも実際に若い子とのプレイでは話も価値観も合わないし満足が出来ない。
こういったことから30代や40代、そして50代のデリヘル嬢へとベクトルを向けているわけです。

熟女デリヘルの特徴は?

50代の熟女でもバリバリと風俗業界で活躍していることが分かりましたね。
しかしながら、やはり若い年代の女の子と同じような待遇では迎えられないというのが現状ではあります。
若い子が中心の一般的なデリヘルよりも給料面はさすがに安くなっており、格安にしてあるというのが熟女専門デリヘルの特徴になります。

やはり容姿の面では若い女の子には劣ってしまうもの。
こういったディスアドバンテージをカバーするために利用料金を安く設定してお客さんにお得感を与えているのが熟女専門のデリヘル店の営業戦略になります。
バック率は安くなるものの、利用するお客さんも最初からルックスレベルの高さや若さといったものは求めていないので劣等感を感じることはありません。
熟女ブームのきっかけになった某テレビ番組の熟女大好き芸人企画でも出ていましたが、近年の若い女の子にはない「恥じらい」や特有のお笑いのセンスや明るさ。

親しみやすさや包み込むような優しさや母性といったものを求めてやってくる男性が多いものです。
性的な対象でもありますが、プラスαの癒やしを求めてくることが多いですから、ルックスやプロポーションといったものは関係なく、ヘルスサービスのテクニックも高いものは求められません。
これはどういうことなのかというと、入店のハードルが低いことを意味します。
簡単に採用してくれる可能性が高いことからも、代わりといっては何ですが報酬は安くなっているというのが風俗の仕事の法則になります。

コンセプトにもよりますが、基本的には素人っぽいご近所にいそうなおばさんといった女性こそが熟女イメージが強いですから、ハードルの低さは想像しやすいでしょう。

熟女専門だけじゃない選択肢

コエンザイムやプラセンタ。
サプリメント他にもアンチエイジングが期待できる食生活やエクササイズなどの発見によって、近年ではとても50代には見えない女性が多く存在していますよね。

いわゆる「美魔女」と呼ばれるようなステータスの女性ですが、ここまでいかなくても一般的な50代に見えないような容姿の持ち主なら、わざわざ単価の低い熟女専門デリヘルに行く必要はありません。
風俗の世界は「真実」よりも「見た目」などでそれらしく見えるかどうかが肝心です。
実際に若い子が中心のデリへルなどでも5歳前後の年齢詐称は当たり前のように行われています。
人によってはさすがに厳しいだろう?とツッコミを入れたくなるような容姿レベルの女性もいますが、きっぱりと言い切ってしまえばそれが真実になるのです。
ですから見た目のレベルがある程度に低い年齢に見えるのであれば、思い切って人妻や若妻系のデリヘル。
場合によってはお姉さん系のデリヘルに面接を受けに行くことをおすすめします。
ここでもしも採用されるようなことになれば、一人のお客さんを相手にした時の客単価は熟女専門デリヘルで働いている時よりもぐっと上がることになります。

基本的に提供するサービスはヘルスサービスで共通していますから、どうせならば効率良く稼ぐことができるお店を選択するようにしましょう。
風俗業界のみならず、ナイトワークの世界では20代後半なら20代前半。
30代なら20代後半。
40代なら30代中盤といったようなサバ読みは当たり前のように行われています。

ですから見た目に耐えられるのであれば、なるべく稼げるデリヘル店へとチェレンジし、それで駄目なら本来の熟女専門デリヘルへと在籍した方が良いということです。
優先順位としては若い子でも難しい超高級店。
美貌などがあれば採用される高級店。
人妻系の高級店。

通常のデリヘル、人妻デリヘル、熟女デリヘルの順番です。
もちろんそれぞれのデリヘルの待遇面を見て、熟女専門などでも待遇面が良い場合には、そちらを優先して面接を受けることをおすすめします。
何を言いたいのかといえば、同じ風俗業界のデリヘル店に在籍するなら、より高く評価をしてくれるデリヘル店に在籍するのが効率が良いということなんです。
年齢というちっぽけな枠組みにとらわれ、勝手に自分の価値を低く見積もり、わざわざ苦労を強いられる道を選ぶ必要はありません。

風俗業界に入ってしまえば、多額の報酬を稼ぐために苦労をするのは同じなわけですから、なるべく効率良い方法をチョイスするようにしましょう。

お店選びは慎重に

虫眼鏡こういった事情を知らない50代女性は、いざ面接などに行くとおどおどとしてしまうことから、悪質店に捕まった場合にはいいように買い叩かれてしまうものです。
バック率を低く見積もられたり、お店側の都合の良いような契約にされてしまうケースも少なくありません。

こういったことがないように50代であっても、自分に自信を持ち、需要が高いということを胸に面接などに望み、交渉をしていきましょう。
デリヘルのみならず風俗業界で稼げるかどうかはお店選びが何よりも大事と言われていますから、慎重に決めていくべきですね。

50代でも需要はかなり高い

50代であっても一昔前とは違い風俗業界で働くことが可能です。

可能というよりもむしろ需要が高く熟女専門店などではバリバリと活躍することが可能です。
ただし年齢という枠にあまりとらわれるのは損をするだけ。
美魔女と呼ばれるようなルックスや、そこまで行かなくても50代には見えないほどの容姿レベルであれば、人妻店や高級店にまずはチャレンジしより効率よく稼げる道を見つけるべきです。