デリヘルでも嬢によってはNSで本番してるの?危険じゃない?

2023年12月14日

危険 マーク

デリヘルといえば、非本番の風俗ジャンルの中でも一番人気の高いジャンルの一つです。
しかしながらデリヘルでも嬢によっては本番をしている方もいらっしゃいます。
しかもNSで本番サービスを提供している嬢もいるという噂も多いものです。
しかしながらNSでの本番行為はリスクが高いものではないでしょうか。

ここではデリヘルで行うNS本番のリスクについて紹介します。

かなり多い本番許容嬢

女性 シルエット日本の法律上、ソープ以外の風俗ジャンルで本番行為を行うことは禁止になっています。
これを違反してしまうと、本番行為をしてしまった女性キャストにはお咎めはないものの、在籍させているお店側が摘発されてしまいます。

お店に多大な迷惑を掛けるわけですから、絶対に本番などをしないようにホームページや予約の際などに禁止事項として伝えたり、罰金を要求するといった半ば脅し文句のようなものを使ってまで注意喚起するわけです。
しかし現実はといえば、非本番の風俗ジャンルの女性キャストの約80パーセント前後が本番行為を行っているという事実があります。
どうして法律でもお店からも禁止されている本番行為を行っているのでしょうか。

どうして本番をする嬢が多いのか

本番を禁止されているにも関わらず、本番行為をしかもNSというゴムなしという状況でも行っているデリヘル嬢は意外と多いものです。
どうしてこんなことをしているのでしょうか。

お客が本番をお客が求めてくるから

キャバクラ嬢でも何度も指名し、通い続けている男性客と一晩を過ごす「枕営業」をする嬢は存在しますよね。

デリヘルの場合には、既に裸同士の状態でプレイを楽しんでいるわけです。
何度も指名され、肌と肌を重ね合わせ、その内に扱い方も上手になってきて肉体的な快楽を感じてしまう。
その上、何度も本番に誘われるとなれば、いい加減に断れないと思ってしまい体を許してしまうなんてことは当たり前に考えられます。
風俗嬢も普通の人間ですから、情などにほだされてしまっても不思議ではありませんね。

しかも中にはプレイ料金とは別にお金を支払うというような交渉をしてくる男性客も存在します。
風俗の世界は完全歩合制。
しかも嬢とお店とで折半や多くて6:4となり、自分が頑張ってサービスしても半分や40パーセントは利用料から差し引かれてしまいます。
40パーセントそこで少しでも自分の報酬を上げたいがため、お店には内緒で別途お小遣いが貰える本番行為を認めてしまうのです。

ちなみにこういったお店に内緒で別途料金を支払い本番する行為を円盤と呼んでいます。

通常のヘルスサービスよりも楽だから

他にもヘルスサービスよりも楽だからという理由でNSでの本番をさせるデリヘル嬢もいらっしゃいます。
ヘルスサービスは、本番がない代わりにさまざまなことを求められることが多いです。

体のどこをどのようにしてくれだとか、どこをどういう風になめろだとか、逆に雑にあそこをかき回されたりなどなど。
女性の扱い方が分からないような男性客も当たり前にやってきます。
こういった男性客の相手を何人もしていると正直しんどいと思ってしまうのも分からなくはありませんよね。
そういった場合、相手の要求にいちいち応えるよりも生挿入をさせて勝手にピストンしてくれて発射してもらった方が体力的に楽と思ってしまう嬢も存在しているのです。

本番するリスクは?

デリヘルで本番をするリスクは当然に存在します。
お店に内緒とはいえ、掲示板などに書き込まれたり、体験談などで公表されたり、自分とは違う同店舗の女の子とプレイをした際に情報が漏れてしまったりといろいろです。
それがお店側に発覚してしまった場合には、罰金を徴収されたりクビになるリスクだって存在します。

前述でも少し触れましたが本番行為をしてしまった場合でも、たまたまラブホに入った二人が気分が高ぶり本番行為をしてしまったというソープのような言い訳は通用します。
もしも警察に捕まったとしても、お互いに合意の上ですといい、恋人同時でお小遣いを渡しただけといえば、売春行為とは立件することは難しいんですね。
しかしお店側はといえば、売春斡旋になったり、管理売春の罪に問われることになりますから、多大な迷惑を被ることになるのです。
お店側だけにリスクがある行為ですから、発覚した際にはお店から相応の処分が下ることは覚悟しておきましょう。

場合によってはお店側がそういった事実を悪用して慰謝料を請求したり恐喝したり、妊娠をでっちあげて詐欺行為を働いたりといったケースもあります。
この場合、お客が警察に訴え出てしまうと立派な共犯者にされてしまう可能性も高くなります。
ですからなるべくデリヘルでは認められていない本番行為は拒否することがおすすめなのです。

NNされ妊娠する

相場ではゴムあり挿入とゴム無し挿入のNS。
更に生中出しのNNなどによって料金を変える嬢が多いものです。
こういった嬢の多くは、通常の接客では思ったように売上が上がっていない売れない嬢が多いもの。
だからこそこういった行為を行っているわけですがお金ばかりに気を取られ、他のリスクに全く気がついていません。

NSでしたがる男性客は無許可でNNなどを平気でしたりします。
NNされれば当然のように妊娠のリスクがあります。
ピルやアフターピルで対処しているから大丈夫と思われるかもしれませんが、きっちりとその後に洗浄したりしないと異臭を放ってしまったりしてしまいます。
こうなればデリヘル嬢としての生命は終ったも同然でしょう。

どんどんと指名客を失うことになりかねません。
他にも性感染症や場合によってはエイズを感染してしまう可能性も高いです。
生挿入でしかも中出しをされるということは、多大なリスクを負う行為であるということは絶対に理解しておくべきでしょう。
吉原などの高給ソープではNSサービスが基本のところやNNサービスをすれば高額な報酬を稼げるところも存在します。

お金基本本番が禁止であり処罰を受けたり、トラブルに巻き込まれるリスクの高さなどを考えた場合、何もデリヘルにこだわりそこで違反行為をわざわざするよりも、ソープで働くことを考えた方が断然に報酬が良いとはいえないでしょうか。
このようにとにかくお金という観点でしか物が考えられなくなってしまっている嬢は、デリヘルで多くのお金を稼ぐためには?
という非常に狭い了見でしか判断が出来なくなってしまっているのです。
同じプレイ時間であれば、断然に高級ソープで働くことの方が断然に稼げるという事実も見失っているわけです。

お店にバックを取られるから本番させて報酬単価を上げようと思う前に、どうせ本番をするならと考えるべきでしょう。

NS本番はやはりリスクが高い行為

残念ながら非本番のデリヘルにおいて本番行為を認めている嬢が多いという事実が存在します。
中にはちょっとしたお小遣い欲しさにNSでしたり、NNなんてことも許可しているような嬢もいるのが現状になります。

しかしながら基本的にはデリヘルは本番禁止。
お店に迷惑が掛かることからそれなりの処分がくだされたり、中には詐欺行為の片棒を担がされ犯罪の共犯者にされるリスクもあります。
その上で性感染症のリスクや妊娠のリスクも当然に抱えることになってしまいます。
別途のお金だけと引き換えにさまざまにリスクを抱えるとなれば、どちらが得なのかは簡単に決断できるはずです。

NSでの本番行為がOKならば、高級ソープという選択肢も十分にありえるのですから。