店員とのトラブルでデリヘルの移籍をした人はどんな事した?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

風俗業界に移籍は付き物と言われていますね。
一般的には新人という冠が外れてしまい、なかなかフリーの客がつかなくなってしまった。
あらかた常連さんにリピートしてもらった。
気分転換をしたい、環境を変えたい。

デリヘルからソープにステップアップしたいなどなど。
移籍の理由はさまざまありますが中にはネガティブな理由で移籍している嬢も存在しているのです。
ここでは店員とのトラブルで移籍した嬢はどんなことをしてしまったのかについて紹介します。

恋愛関係のもつれ

ハートステップアップや給料のアップといった風俗嬢としてステップアップをしたいからというポジティブなものもありますが、中には店員とのトラブルで移籍を余儀なくされてしまったというケースも当たり前にあり得ます。
その代表格といえば、男性の店員と恋愛関係に陥ってしまいまともに働くことが出来なくなったという理由です。
基本的にデリヘルのみならず多くの風俗店では男性店員と女性キャストとの恋愛は禁止事項になっています。
風俗店の男性スタッフにとってみると、いくらお金のためなどの諸事情はあるにしても、目の前に簡単に股を開く女の子達が山のように存在しているわけです。

いくらでもやり方によっては肉体関係を築くことができる美味しい穴場スポットでもあります。
もしも自由恋愛を認めてしまった場合、店舗中の女の子に手を出されてしまい、人間関係がめちゃくちゃになってしまいかねません。
一人の店員を巡ってキャストの女の子同士が争い、足を引っ張り合ったりなど、派閥などが形成されたりして、場合によっては嫌がらせやいじめなどに発展してしまうケースもなくはないのです。
こういった状況になってしまえば、営業どころではなくなってしまいますね。

その上で新しく面接をした女性キャストにも人間関係の悪さが伝わることになってしまい、結果としてなかなか在籍してくれず女性不足になってしまいます。
それにも関わらず、店員との間に恋愛関係や肉体関係を持ってしまい取り合いなどに発展してしまったという女性の場合には、移籍を余儀なくされることになります。

贔屓がひどくフリー客が回ってこない

天秤他にもデリヘル嬢と店員の間で頻繁に起こっているトラブルで移籍のきかっけになってしまっているのは、店員が特定の贔屓の嬢がいてフリー客などを優先的に回してしまっている場合です。

これも前述の恋愛と似ていますが、この場合には「個人的な好き嫌い」ですから厄介ですね。
肉体関係を迫られたのに拒否をした。
他にもあまり心よく思っていないので愛想などを振りまいていないなどの理由で内勤の店員から快く思われない場合もあります。
仕事として割り切ってくれればいいですが、そこは人間ですからやはり好き嫌いなどの感情を優先してしまう方は多いもの。

結果として自分にとって都合が良い対応をしてくれたり愛想の良い女の子を優先してフリー客を回すといったアクションを起こす。
こういったことを不満に思って指摘をしケンカなどに発展してトラブルが起こり、居づらくなってしまって移籍をしてしまったなんてケースも普通にありえる話なのです。
社長や店長、マネージャーといった権力を持っている人間が恋愛関係禁止のはずの女性キャストに手を出してしまうこともあり得ます。
こういった場合には、他に在籍しているキャストからすればいい気分にはなりませんよね。

当然雇われの身である男性店員も上の人間がお気に入りの嬢を優遇する傾向にありますから、さまざまな不満をそれ以外の嬢は感じるわけです。
お気に入りの嬢が休憩時間であるにも関わらず、待機している嬢を差し置いて指名でもないのにわざわざフリー客を回すなんて露骨なことをする店員もいます。
こういった現場を目の当たりにすれば、いつまでも自分は優遇されないということがわかりますから、移籍を考えるのは当然ですよね。
店員は嬢を下にみて、嬢は店員を下にみてといった傾向がありますら、トラブルに発展して後に引けなくなってしまうのはある意味で仕方ないことです。

仕事が出来ないことを指摘してケンカトラブルに

更にあまりに仕事が出来ない内勤の店員に対して不備を指摘した結果、ケンカに発展してトラブルになり移籍をしたというようなケースも普通に存在しています。
例えば即日払いが基本なのに給料が支給されない。
他にも働いた分の報酬額の計算が全く合っていない。

ついたお客さんから電話担当などの内勤の店員に対してのクレームを行先ごとに聞かされ続け、それを指摘してケンカに発展した。
自分に対してパワハラや暴力を受けたなんてパターンも移籍をした理由になります。
この仕事に関しての店員への不満はデリヘルのみならず、どんなジャンルの風俗店でも存在している状況です。
店員の態度が悪く利用客が減っているのに店長などの責任者は気が付かず、それぞれの嬢の責任だなどと説教を始める。

休みの日であるにも関わらず、ホームページをチェックすると待機していることになっている。
デリヘルであるにも関わらず物理的に無理なスケジュールを組まれ、肉体的にも精神的にも追い込まれる。
他にも車内でずっと愚痴を言ったり、これから切り替えて仕事をしなければいけない嬢に対して、ネガティブ発言を連発するような空気が読めない店員なども、風俗嬢が利用する掲示板を中心として非常に沢山叩かれています。
最初の内こそ我慢ができるものの、それが数ヶ月となるとさすがに厳しくなり、それらを指摘してケンカなどに発展してトラブル化するなんてことはよくある話です。

風俗店は女性キャストありきで売上が上がっているにも関わらず、何気に多くの店舗が内勤の店員をかばったりするケースが多く、こういったことがあるとそれをきっかけにお店を見限り、他店へと移籍を決める風俗嬢が多いわけです。

金銭トラブル

お金 トラブル次に金銭トラブルです。
風俗の世界はもちろん本人の頑張り次第ですが、しっかりと営業努力をし報酬を貰っている女の子は一般職では考えられないほどの高額な報酬を受け取っています。

これは当然に同じお店に在籍している内勤の店員も周知の事実です。
そういったことを良いことに金銭の貸借を願い出るケースも少なくありません。
結果として返していないなどの水掛け論に発展し、大きなトラブルになってしまうことにもなるでしょう。
お金のために風俗に入って稼ごうと思っていたのに、ちょっとばかり優しさを見せて金銭をかしてあげたら返ってこなかった。

中には長い目で見ようと待ってくれるような女性もいるかもしれん。
しかしながらなかなか貸したお金が長い期間返ってくることはなく、いつまでも先延ばしにされ支払わないのであれば移籍を考えるのも当然とはいえないでしょうか。

普通にある移籍を考えるほどのトラブル

こうやってみていくと男女関係を中心として、さまざまな種類のトラブルが店員と女の子の間で起こっていることが分かりました。
恋愛禁止や金銭の貸し借りは駄目といったもの。
他にも女の子の違いによる差別的なアクションやお気に入りだからといってういちいち差をつける。
こういったことがあるからこそ、不満を溜めて結局は他店へと移籍を余儀なくされてしまうというデリヘル嬢は沢山に存在します。

コロコロと何かあるたびに所蔵チームを変える転々虫になれと言っているわけではありませんが、無理をしてストレスを溜めたり変化が期待できないときには、すっぱりとそのお店で働くことをしっかりと昇華していくべきでしょう。