デリヘルで絶対に身バレしたくなければ地方に出稼ぎに行くしかない?

2023年12月14日

Free-Photos / Pixabay

友達・恋人・仕事仲間・家族に、風俗嬢として働いていることがバレてしまうことを「身バレ」といい、身バレすると高確率で風俗嬢としての生命危機に陥ります。
身バレしないように、まずは地元で風俗嬢をすることは辞めましょう。
お店の宣材写真では顔出ししないよう、モザイクを入れてもらってください。

また、ブログに使う写真は必ずプライベートとは切り離したものを使いましょう。
風俗店で働いている時間に「何をしているのか」聞かれた場合、すぐに答えられるよう「アリバイ」を考えておくことも身バレしない上で重要です。

「風俗嬢」地元・地方・都会どこで働くか

風俗嬢が風俗店を辞めてしまう、理由で1番多いものが「身バレ」です。
身バレとは「嬢の友達・仕事仲間・家族・恋人等の知り合いに自身が風俗嬢として働いていることがバレてしまう」ことを指します。
南京錠身バレしてしまうとどうして、働き続けることが困難かは簡単に想像できますよね。
例えば、友達にバレた場合は「家族や恋人に報告される」可能性があります。

ひどいときは、「風俗嬢として働いていることをバラされたくなかったら言うことをきけ」と脅されることもありますよ。
家族にバレた場合は高確率で、辞めさせられるでしょう。
恋人にバレてしまったらどれだけ交際歴が長くとも破局することが予想されます。
風俗嬢として長く働くためには身バレしないように細心の注意を払う必要があります。

地元・地方・都会のどこが1番身バレしやすいかを考えると、「地元」が最も身バレする可能性があります。
地元の風俗店は、その場所に頻繁に訪れていることや出入りすることがバレるとすぐに「あの子、風俗嬢なんじゃないの」と噂が立ちます。
その噂が真実であるか、確かめにくる人もいるでしょう。
親や親戚の耳にも入るため、地元の風俗店で働くことは風俗嬢として長く安定的に働きたい場合はオススメしません。

どこで働いてもバレるときはバレる

地元以外の場所で風俗嬢として働くとき、地方か都会どちらの方が良いか悩みますよね。
「地元で風俗嬢をすると必ずと言っていいほどバレる!」ということは断言できますが、逆に「絶対にバレないエリア」は存在しません。
地元から郊外や他府県に行き地方で働いていてもふとしたきっかけで身バレすることがであります。

例えば「彼氏の同僚が地方出張の際に使ったデリヘルに在籍していて、宣材写真からバレた」ということも起こる可能性があります。
可能性がゼロではない限り、身バレする可能性はあるため、地方で働いても都会で働いていてもバレるときはバレます。
風俗店が多彩にある都会で働けば、風俗嬢の1人として埋もれてバレないと考える方も居ますが、都会であればあるほど、様々な人が風俗店を利用するため、ホームページの宣材写真から「このデリヘルに在籍している子、同じ部署の子に似ているから会いに行ってみよう」と、なることがあります。
身バレするときは、思わぬところからです。

地元・地方・都会、どこで働くとしても、気を付けることは同じです。
自分自身が身バレしないよう、風俗嬢として働いていない時、プライベートの時間から風俗嬢として身バレしないように心掛けることが重要です。

身バレは風俗生命の危機!

危機友達・恋人・仕事仲間・家族・近所の人、誰に身バレしてもほぼ100%の確率で風俗嬢を辞めなければならない状況になります。

風俗店を吟味し、面接を受け、合格し宣材写真を撮るという時間が全て水の泡です。
リピーターのお客様が付いていた場合、これから稼ぐことができたお金をリアルに想像でき、辞めるのはとても勿体ないです。
「風俗嬢として働いていようが、他人には関係ないんだからそっとしておいてほしい」と思いますよね。
ですが、大抵の人はそっと見守ることをしません。

「身バレ」という風俗生命の危機である事態を避けるためも、自分自身ができる身バレ対策にくわえて、お店側にも身バレ対策に力を入れてもらうように頼みましょう。

身バレ防止のためにお店側に頼むこと

風俗店側にとって、嬢が辞めてしまうことほど困ることはありません。
嬢がいなければ、お店の売り上げも伸びませんし、嬢が少なければそもそも営業を続けることも難しくなります。

お店側も嬢に辞めてもらうわけにはいかないため、身バレ対策に関して協力的なお店がほとんどでしょう。
風俗店では自店のホームページで宣材写真を載せるとき、嬢が売れるためにも「顔出し」を推奨しているお店が多いですが「身バレしたくない」という理由をいえば、モザイクをかけて嬢の顔が全くわからないように配慮してくれます。
身バレをしないためには、必ず濃いモザイクをかけてもらいましょう。
モザイクがあっても、お客様はつきます。

1人ひとりのお客様を大切にしているとリピーターもつき、宣材写真がモザイクであっても人気嬢になることも、もちろんできますよ。

身バレ防止のために自分が気を付けること

身バレ防止のために自分自身が気を付けることは2つあります。
まず、ブログにあげる写真や内容は、プライベートとは全く関係ないことにしましょう。

ブログに写真として載せるとき、家の近所の写真や室内の写真、友達と遊んだ時に撮った写真は極力使わないようにしてください。
嬢のブログとして最適な写真は空や雲、お花、といった自然の写真やインターネット内にあるフリー写真、お客様から貰ったプレゼントの写真です。
嬢のブログに載っている写真から身バレすることも多々あるため、絶対にプライベートは公開しないように気を付けてくださいね。
次に気を付けるべきことはスケジュール管理です。

「昨日の夜は何してたの?」と聞かれた場合、正直に「デリヘルで働いていた」なんて答える嬢はいないでしょうが、しどろもどろになって挙動不審になってしまう嬢はいますよね。
いきなり、スケジュールを聞かれたとしてもすぐに答えられるように「アリバイ」を考えておきましょう。
家で1日寝ていた、ペットの世話をしていた、友達と遊んでいた、何でも構いません、言い訳がましくない不自然ではない、行動を言いましょう。

身バレしないために、地元の風俗店を避けて、お店の宣材写真はモザイクをかけて、ブログの写真やスケジュール管理を徹底管理していてもバレるときはあります。
モザイク完璧な身バレ対策をしていても「身バレ」する例を挙げましょう。
携帯を勝手にみられ風俗店の店長やスタッフからの予約のメールを発見される、ホテルからでてくる瞬間をたまたま見られる、新しく入ってきた新人のスタッフが友達の友達だった等が、身バレの理由になり得るのです。

まとめ

風俗嬢が風俗店を辞めてしまう理由として最も多いものが「身バレ」です。
地元の風俗店で働くと、そのお店の近所にいるところ、出入りするところを友達・家族・恋人・仕事仲間に見られるとすぐに「あの子風俗している」と、噂が立ちます。
そのため、地元は身バレする確率が高くなります。
風俗嬢として働く場合、必ず身バレしないように地元の風俗店は避けましょう。

身バレしないために、地元から離れ、地方や都会で働いても身バレするときはします。
身バレする可能性を低くするためには、風俗店側にも協力してもらうことが大切です。
風俗店側も嬢に辞められては、売上が下がります。
嬢が少なくなってしまっては営業していくこともできなくなるため、身バレ対策には協力的なお店がほとんどでしょう。

お店側に身バレ対策として宣材写真には必ず、モザイクをかけてもらい顔出ししないようにしてください。
顔がでていると、身バレの可能性が格段に上がります。
自分自身がおこなうべき、身バレ対策はブログの写真をプライベートとは全く関係ないものを使うことです。
また、スケジュール管理もしっかりとし、風俗嬢として働いている時間の「アリバイ」をあらかじめ作っておくと安心です。

身バレしないように、細心の注意を払い、風俗嬢としてお金を貯めていきましょう。