デリヘル嬢はどのタイミングでウエトラを仕込んでる?

2023年12月14日

rkarkowski / Pixabay

濡れにくいデリヘル嬢も、ウエットトラストを使用すれば瞬く間にアソコを濡れ濡れの状態にすることができます。
お客さんの中には激しい指入れをし、女性の膣を傷つける人もいます。

事前にウエトラを仕込んでおくことで、膣を濡らし、傷つかないようにガードすることが出来ます。

ウエトラの特徴

ウエトラとは、ウエットトラストの略称で、注射器型の潤滑ゼリーのことを指します。
このウエトラを事前に膣内に仕込んでおくと、女性のアソコを濡らした状態でデリヘル嬢は接客することができます。

女性 太もも恋人や愛人と違ってデリヘル嬢はお金を対価にエッチなサービスを提供しています。
そのため、接客をする相手は特に親しくない男性ばかりとなります。
いくら感じやすい女性であっても、知らない男性を前にすぐに発情することなんてまずないです。
感じ難い体質の女性ならば尚更アソコを自分の意思で濡らすことなんて無理でしょう。

しかし、デリヘルの仕事上、アソコを濡れ濡れの状態にしておかないと、激しい指入れをされると肌が擦れ、痛くなってしまいます。
それどころか、激しさが増すと出血する恐れすらあります。
アソコのようなデリケートな箇所が出血した状態でエッチなサービスを提供すると、素股などをしている最中に雑菌が侵入し、性病になるリスクがあります。
それに加え、デリヘル嬢のアソコが濡れず、乾いたままですと、男性のお客さんからの評価が下がり、今後指名してもらえないかもしれません。

たとえ相手がデリヘル嬢とはいえ、男性は自分のテクで女性が感じ、アソコが濡れ濡れになるほど気持ち良くなる姿を見ると興奮を覚えるものです。
自分のテクでデリヘル嬢が感じるとわかれば、嬉しい気分になることでしょう。
デリヘル嬢の中にはそのような男性心理を利用して接客中はわざと感じている演技をする女性もいるのですが、アソコの濡れ具合だけは演技ではどうしようも出来ません。
しかし、ウエットトラストを事前に仕込み、ローションでアソコを濡れ濡れの状態にしておけば、まるで接客している最中に発情し、エッチな気分になっているかのように演出することが出来ます。

お客さんを悦ばし、さらには激しいプレイの衝撃を緩和するウエトラは、デリヘル嬢にとってまさに必需品と呼べる代物です。
ウエトラの潤滑ゼリーはローションのような液体で、人体に使っても害はありません。
臭いに関しても無臭になりますので、よほど嗅覚が敏感な男性でもない限りバレることはないでしょう。

ウエトラの仕込むタイミング

ウエトラは一旦使い方を覚えてしまえば、それほど時間をかけずに膣内に潤滑ゼリーを仕込むことが出来ます。
そのため、仕込むタイミングに関して言えば、接客する直前でも十分に間に合います。
むしろ、仕込むタイミングが早すぎると、挿入した潤滑ゼリーが外に出て来てしまうため、接客をする直前まで仕込まない方が良いでしょう。
デリヘル嬢の場合、ホテルに行くのであれば女子トイレなどで仕込んでおけば問題ないでしょう。

お客さんの自宅に訪問する際には、接客をする前にトイレを借り、そこで仕込んでおけば問題なく接客することが出来ます。
デリヘル嬢に限らず、様々な業種の風俗嬢がウエトラを使用しています。
無店舗型のデリヘルと違い、店舗型の風俗店で働いている風俗嬢の場合、個室待機所や集団待機所でウエトラを仕込み、そのまま接客をすることもあります。
ウエトラを仕込むベストなタイミングは在籍している風俗店によってそれぞれ異なりますので、接客の仕方に応じ、しかるべきタイミングで仕込んでおきましょう。

ウエトラの使い方

Howデリヘル嬢がウエトラを使用するにあたって、特別な手順や知識は不要です。
誰でも簡単に利用できるでしょう。
ウエトラの使い方を習得するにあたり、まずウエトラを用意します。

ウエトラの形状は注射器のようなデザインをしており、使用する前にまず先端についている蓋を外します。
次に、ウエトラの先端部を膣内に挿入し、ピストンを押します。
すると、先端部から潤滑ゼリーが膣内へと注入され、アソコを濡れ濡れの状態にします。
最後に、ウエトラを引き抜くのですが、その際に膣内を傷つけないようにゆっくりと抜きましょう。

ウエトラを使用し、膣内に潤滑ゼリーを仕込むことが出来れば、作業は終了となります。
ウエトラを使用する際には、事前によく手を洗い、余計な雑菌が入り込まないように注意しましょう。
ソープのようなローションを多めに使う風俗嬢ですと、ウエトラを使うまでもなくアソコを濡れ濡れにすることが出来ます。
しかし、デリヘルのような仕事をする風俗嬢の場合、ローションを使わないこともあるでしょう。

そういったローションをあまり使わない風俗嬢ほどウエトラは役立つ品です。

バレるケース

ウエトラはそれほど臭いを発さず、無臭であるため、デリヘル嬢が使用したところでバレることはまずありません。
濡れているアソコを見せることで、きっとお客さんに悦んでもらえるでしょう。

ただし、全てのお客さんが気づかないというと、そんなことはありません。
臭いに敏感なお客さんや、クンニをした時の味、愛液とは異なる質感などで、場合によってはバレることもあります。
基本的にデリヘル嬢がウエトラを使用したからといって、それだけで風俗店にクレームが入ることはありません。
ただ、今まで感じていると思っていたデリヘル嬢が実は演技で、感じているフリをしていただけだとバレてしまうと、お客さんとしては興醒めでしょう。

折角頑張ってサービスをしたところで、演技だとバレてしまうだけでお客さんからの評価が落ち、今後本指名されなくなる可能性があります。
ウエトラは濡れにくいデリヘル嬢でもアソコを自然な状態で濡らすことができるというメリットがある一方で、バレた時にお客さんからの評価が落ちるかもしれないというデメリットもありますので、接客の際にはバレないように注意して使いましょう。

性病に感染するリスク

ウエトラの使い方はとても簡単なため、一旦コツさえおさえてしまえば誰でも使用できます。

しかし、いくら簡単に使用できるからといって、手を洗わずに使用したり、不衛生な環境での使用は控えましょう。
石鹸というのも、ウエトラを使用するとカンジダなどの性病に感染する恐れがあるからです。
カンジダは風俗嬢が罹りやすい性病の一つです。
ウエトラだけがカンジダの原因というわけではありませんが、ウエトラが原因でこの性病に感染する危険性もあるだけに、使用する際にはよく手を洗うなどの予防対策が不可欠になります。

カンジダは風俗嬢以外の女性であっても感染する可能性のある性病です。
特に疲れている時や、ストレスを抱え込み、免疫力が落ちている女性ほど感染しやすい病気です。
そのため、風俗店に勤務し、疲れ切っている女性ほどカンジダに感染しやすい環境にあると言えます。
カンジダに感染すると、膣が痒くなる、おりものが発生する、発疹、排尿時の苦痛、性行為時の苦痛などの症状が現れます。

カンジダはカンジダ菌が引き起こす性病です。
そして、このカンジダ菌は暖かく、湿気の多い環境を好む性質があるため、デリヘルの仕事をする際には通気性の良い服装を心がけましょう。
ウエトラを使用して膣を濡れ濡れの状態にすると、カンジダ菌が繁殖しやすい環境が出来上がります。
そのため、ウエトラを使用するタイミングは接客する直前まで待ち、接客が終了したら急いでシャワーで洗い流しましょう。

ウエトラを仕込み、長時間放置すると、それだけでカンジダ菌が増殖する恐れがあるからです。
ウエトラの使用後、シャワーで洗い流したら、しっかりとアソコはタオルで拭いて乾燥させておきましょう。
適切な予防措置を講じることが、性病のリスクを下げるコツになります。
バレた時のリスクに加え、性病に感染しやすいなどのデメリットがあるウエトラですが、その一方でメリットも多いです。

特にデリヘル嬢のような、アソコを酷使する仕事に従事する風俗嬢にとって、ウエトラは欠かすことが出来ません。
デリヘルは本番こそありませんが、お客さんの中には勝手にアソコに指入れし、強引に膣内を掻き回す人もいます。
女性のアソコは非常にデリケートな箇所であり、強引に指入れをされるとかなりの苦痛を伴います。
そのようなハプニングが生じた際にも、ウエトラを事前に仕込んでおけば苦痛を緩和し、安心してデリヘルの仕事に邁進することが出来ます。