デリヘルで体験入店なしでいきなり本入店になるお店もあるの?

2023年12月14日

CreativeMerlin / Pixabay

今まで一度も風俗バイトをしたことがない女性には、お試しで仕事を体験できる体験入店の制度がある風俗店がオススメです。
ただし、デリヘルの中には体験入店がなく、いきなり本入店させられるお店もありますので、求人に応募する際には体入の有無はもちろん、講習はあるのかなど、本入店をする前にしっかり質問し、不安を解消しましょう。

デリヘルの体験入店

コンビニやカフェのような普通のバイトと違い、風俗のバイトは大金が稼げるという魅力がある一方で、どんなことをさせられるのかわらかないなど、不安に感じる部分が多く存在します。
特に今まで一度もデリヘルの仕事をしたことがないような、風俗未経験の女性ほど不安を感じることでしょう。
そういった女性は本入店をする前に一度、体験入店をしましょう。

体験入店とは本入店をする前に一度、実際に風俗嬢として働いてみる制度のことです。
体入といっても仕事内容は他の風俗嬢と代わらず、デリヘルのお店ならばキスや手コキ、素股などのエッチなサービスを提供することになります。
ただし、体入中の風俗嬢は他の風俗嬢よりも多めにフリーのお客さんをまわしてくれるなど、非常に稼ぎやすく、さらにお店によっては日給を保証してくれることもあります。
例えば、体験入店の期間中、1日5万円保証してくれる風俗店に体入し、10日間出勤した場合、本入店をせずとも最低でも50万円もの給料を稼ぐことが可能です。

お金体入保証で稼げるなどのメリットに加え、体入中は新人として優しく扱ってもらえるので、未経験の初心者であっても安心してデリヘルとして働けます。
さらに、体入中は基本的に日払いで給料を払ってくれることがほとんどですので、今すぐお金が欲しい女性ほど体験入店はメリットのある制度となります。
このように、未経験の女性ほどオススメとなる体験入店ですが、すべてのデリヘル店が体験入店の機会を用意してくれるわけではありません。
中には体験入店の制度がなく、面接後にすぐ本入店することになる風俗店もあります。

それだけに、今まで一度も風俗バイトをしたことがない未経験者や初心者の女性は、給料の額や待遇も重要なのですが、それ以外にも体入の有無などについてもしっかり調べておきましょう。

本入店までの流れ

もしも女性がデリヘルの求人に応募した場合、どのような流れで本入店に至るのでしょう?
まず風俗店が女性を採用するにあたり、応募者と面接をすることになります。

デリヘルの面接で服装を指定されることはあまりないのですが、服装が汚らしかったり、臭いがキツイと評価が落ちてしまうので、できるだけ清潔感のある服装で面接に挑みましょう。
面接の際に、質問するべきことは全てしておきましょう。
体験入店の有無や、働くとどのくらい稼げるのか、自由出勤は出来るのかなど、可能な限り質問して不安を残さないようにしましょう。
さらに、仮に体入があるとして、体入の期間はどのくらいになるのかもしっかりチェックした方が良いです。

というのも、デリヘルのお店によっては体入の期間は1日だけといったケースも存在します。
さらに、お店によっては体入で接客をする相手は1人までと、接客する人数をあらかじめ決めることが出来る場合もあります。
面接で疑問点や不安な箇所を解消したら、いよいよ採用となります。
採用の場合はそのまま体験入店、もしくは本入店することになります。

不採用の場合はそのまま帰宅することになります。
本入店をするにしろ、体験入店をするにしろ、面接の次は講習に参加することになります。
高級店のような質の高いサービスが求められるお店の場合、講習は実技を交えた実践的なものになることが多いです。
その一方で、大衆店や格安店のようなランクの低いデリヘルとなると、DVDを鑑賞したり、マニュアルを渡されたり、ひいては口頭で説明されて終わることもあります。

どこのデリヘルであっても講習はあるのですが、お店によっては実技がない場合もあります。
仮に実技があったとしても、大手や優良店の場合、女性の講師が教えることが多いのですが、お店によっては店長や男性スタッフが講習に参加し、実演することもあります。
風俗という仕事上、どうしてもエッチなサービスを覚えないといけません。
しかし、悪質な風俗店の中には相手が無知なのを良いことに、講習中にセクハラや本番を強要することもあります。

そのため、講習をするとした場合、誰が教えてくれるのかといった質問も、面接の時にしておいた方が良いでしょう。
講習が終了し、仕事のやり方を一通り覚えたらいよいよ実践となります。
体入中であろうと本入店した直後であろうと、仕事内容は他のデリヘル嬢と違いはありません。
指名され、呼ばれたら、お店に言われた通りにサービスを提供することになります。

体験入店と面接

面接女性がデリヘルのバイトに応募し、面接を受け、採用された場合、そのまま体験入店、もしくは本入店をすることになるのですが、必ずも即日体入しないといけないわけではありません。
風俗店によっては面接日と体験入店として働く日を別々に分けてくれることも可能です。
ただし、お店側にも都合がありますので、面接日と体験入店の日にちをそれぞれ分けたいのであれば、面接の予約を入れる際などに、事前に知らせておいた方が良いでしょう。

特に大手や優良店のようなしっかりしているデリヘル店の場合、講習のために女性講師を呼ぶなど今後の予定を組んでいるものです。
面接した後に体入の日は別の日にして欲しいと言うと、せっかく組んだ予定が台無しになってしまい、お店側の心証が悪くなってしまいます。
それだけに、面接を入れる際には採用された後のスケジュールなども確認し、どうしても即日体入が難しいと思うのであれば、その旨は事前に伝えておいた方が良いでしょう。

体験入店から本入店までの期間

体入という形式でデリヘル嬢となり、仕事をし、そして体入の期間が終了したら、いよいよ本入店をするかどうか決めることになります。
体験入店はあくまで体験入店であり、本入店ではありません。
つまり、この時点でまだお店の正式なメンバーではなく、いつでも辞められる状態です。
では、体入が終了したら、本入店するかどうか即決しないといけないのかというと、そのようなことはありません。

体験入店の期間が終了し、考えるまで時間が欲しいとお店側に言えば、本入店するまでの期間を設けてくれます。
ただし、いくら考える時間をくれるといっても、流石に1週間から1ヶ月と期間が延びると、お店側の都合もあり、迷惑がかかるので、1週間以内に結論を出した方が良いでしょう。
さらに、本入店になったからといってすぐに働く必要はありません。
特にデリヘルのような自由出勤がしやすい風俗店の場合、シフトの組み方次第では週一、さらには月一などのペースでも働けるものです。

デリヘルは普通のバイトと違い、かなり特殊な世界です。
不安を抱えたまま働くと、仕事に集中できませんし、ストレスも溜まるでしょう。
それならば、時間をかけてじっくり考え、不安を解消してから働いた方が良いかもしれません。

本入店前に確認すること

チェックリスト体験入店をすることでお店の雰囲気を知ることができるのですが、全てのデリヘルが体験入店させてくれるわけではありません。
お店によっては体験入店の制度がない場合や、たとえ体入の制度があっても1日だけなど、比較的短期間で終了することがあります。
体験入店のないデリヘルの場合、どのようなお店なのか本入店するまでわかりません。
それだけに、本入店前に、最低限のことを確認しておきましょう。

デリヘルとして働く際に確認するべき事として、まず給料があります。
デリヘルの給料は歩合制である事がほとんどです。
固定給のOLと違い、給料は働いた時間によってもらえる金額が異なります。
給料について確認するべき事として、まず1時間あたりのバックについて質問しましょう。

だいたいデリヘルのバック率は50パーセントから60パーセントであることがほとんどです。
ただ、人気のあるデリヘルだったり、待遇の良いお店だと70パーセントになることもあります。
さらに、指名バックやオプションバックはいくらになるのか、雑費はいくらになるのかなど、収入のみならず経費についても質問しましょう。
特に罰金の有無は重要です。

お店によっては遅刻しただけで高額の罰金を請求することもあるため、注意しましょう。
給料以外にも、仕事内容についてもしっかり確認しましょう。
同じデリヘルといってもノーマルなお店からハードプレイなお店まで色々あります。
未経験の女性はノーマルなお店から始めた方が賢明です。

さらに、そのお店の客層や、人気嬢の特徴、指名を獲るコツなど、稼げるヒントになりそうな情報はしっかり質問して把握しておきましょう。
体験入店をすることでお店の雰囲気を肌で感じることができます。
その一方で、給料や客層といった情報は、お店のスタッフに聞かないとわからないことです。
体入の有無に関係なく、面接では不安な箇所から人気嬢になるためのコツまで、全て質問しましょう。