一度飛んでしまったデリヘルに出戻りすることは可能ですか?

2023年12月14日

矢印 ターン

出戻りできるかは「お店次第・嬢次第」のため一概に「できる」とも「できない」とも言い切れません。
嬢の出戻り前のお店での素行は、お店側からすると出戻りを許すかどうかの判断材料になりますし、飛んだ理由も重要視します。
飛んだ理由が「面倒になったから」であっても、そのまま伝えてはいけません「伝え方の切り口」を変えるとお店に好印象を与えることもできます。

出戻りするさいはお店に好印象を与えるような理由を考え、メリット・デメリットをしっかりと把握しましょう。

飛んでしまったデリヘルに出戻ることは可能?

yes no出勤予定だったにも関わらず、風俗店へ連絡もせずにお店を辞めてしまうこと、「飛ぶ」という行為をしたことがある方も、もちろんいるでしょう。
デリヘルという職を飛んでしまう方は、昼職の会社を飛ぶ方よりも何倍もいますよね。

それはデリヘルがなかなか人に言うことが難しい職業であり、職務内容も精神的にも体力的にもしんどいことが多いことが理由に挙げられます。
また、デリヘルを本職として働いているわけではなく「副業」として働いていることも飛ぶ人が多い理由の1つでしょう。
他にも「出稼ぎで少し遠くのお店に行ったらそっちのお店の方が、給料が良かったから飛んだ」という人もいるでしょう。
飛ぶ人はデリヘル嬢だけではなく、風俗嬢全体にいます。

では、飛んだお店に出戻りすることは可能でしょうか、答えはイエスともノーとも言い切れず「お店次第・嬢次第」となります。

また戻れるかは「それまでの素行」にもよる

出戻りできるかどうかは「お店次第・嬢次第」と言いましたが、まずは「嬢次第」の部分に触れていきましょう。
まずは、入店してから飛ぶ直前の素行を振り返ってみてください。

遅刻・欠勤・連絡ミス、規約違反を重ねておこなっていたことがる場合、お店側の印象は悪いでしょう。
しかし、逆に飛ぶ前は無遅刻・無欠勤で店長のみならずスタッフやドライベーへの愛想も良く、後輩の面倒も良く見て先輩とのコミュニケーションも円滑におこなっていた場合、お店側はとても好印象を抱きます。
前者が「出戻りしたい」といってもお店側は「どうせまた、飛ばれる」と考えます。
しかし、後者の風俗嬢が同じように「出戻りしたい」というと「前回は事情があったに違いない。出戻ってもらおう」と考えます。
お客様へだけではなく、お店の店長やスタッフにも、いかなる場合に備えて愛想良く接することは大切です。

「飛んだ理由」を説明しよう

「出勤が面倒になったから飛んだ」「だるいから飛んだ」「もっと給与の良いところあって、金欠だったから移った」という、自分勝手な理由をお店に伝えてはいけません。
例え真実であったとしても、自分勝手な理由をお店が受け入れる可能性はかなり低いといえるでしょう。
しかし、出戻りするときにお店に嘘を言うこともよくありません。
では、どのようにしてお店側に辞めた理由を伝えるのか。

それは「伝え方の切り口」を変えるのです。
例えば、「出勤が面倒になったから飛んだ」という理由を言い換えると「精神的に参ってしまい、急に出勤できないほど気分が落ち込んでしまいました」と伝えましょう。
お店側は、精神的なことを自分勝手な理由と感じることはありません。
取り繕わず、そのまま伝えてもお店側に悪い印象を与えない場合もあります。

「彼氏が出来て、今すぐ辞めろと、言われた」といった「身バレ」に関して飛ぶことはお店側も理解を示します。

出戻りを許す店側の事情

Whyお店側も嬢に1人飛ばれただけで、1人分の稼ぎが無くなります。
飛んだ嬢が1日6万円売上げお店と折半するとします。

1日6万円の半分3万円がお店の利益になり週5日働いているとすると、月60万円以上は嬢が飛ぶことによりいきなり失うことになるのです。
そこに、嬢が出戻りとして帰ってくると、また同じように働いてくれた場合月60万円の利益をお店は得ることができると計画立てることができます。
日数をあけずに出戻ってきた嬢には宣材写真を撮る手間や、研修をおこなう時間もいりません。
お店の雰囲気や店長・スタッフのこと、お客様の層も把握しているため、即戦力にもなります。

風俗求人に新しい嬢を探すための求人をだす必要も、面接する手間も不要になります。
お店側としても出戻りは、よっぽど嬢の素行が悪くない限り嬉しいものとなるのです。

飛んだ店に戻るメリット・デメリット

風俗店を離れて、再び出戻りする人は金欠でお金が必要である場合が多いでしょう。

また、他店で働いていて出戻ってくる場合は、以前のお店の方があらゆる面を総合的に考えての「出戻り」という結果ですよね。
出戻りをし、また以前のように働こうと考えている嬢にお伝えしたいことがあります。
「出戻りをする」という行為をした時点でもう、あなたは「以前のあなた」ではありません。
店長・スタッフは「あなたは飛ぶ風俗嬢」ということで信頼していない場合や、「後輩の育成や研修の担当にはまわせない」と考えていることが多いです。

また、出戻りして帰ってきたときに、出戻り前も一緒に働いていた嬢には「責任感の無い人」「信用できない人」というレッテルを張られています。
出戻りをお店側から許可されたとしても、あなたにとってのメリット・デメリットがあることをしっかりと把握しておきましょう。

出戻りするメリット・デメリットを知っておこう!

リスト出戻りするメリットからお教えします。

出戻り最大のメリットは「馴染んだ店という安心感」でしょう。
風俗店の中には女性を商品としてしか扱わず、乱暴に接してくることもあります。
しかし、1度働いているお店の場合、そういった心配なく勤めはじめることができます。
嬢からすると、嬢の扱いも乱暴ではなく優しく丁寧で給与もしっかり支払ってくれる、されには店長やスタッフの性格もわかるから気を遣うこともない、という職場環境を働く前からイメージできるため安心感を得られます。

また、出戻りすると、必ずお店側はホームページで告知してくれます。
すると、以前きていたお客様をまた呼び戻すことができます。
他店で新しく働き始めると、お客様が立地や料金、「馴染みの店以外は嫌だ」という理由からついてこないこともあるのです。
しかし、出戻りにはメリットばかりではありません。

出戻りにもデメリットがあります。
それは「信頼」を得にくいということです。
店長やスタッフだけではなく、嬢からの信頼も得ることはできません。
さらに、お客様からも「また、いつ飛ぶかわからない」と思われている可能性もあります。

人間同士、大切なことは「信頼関係」を築けるかどうかです。
信頼を再び得ることができれば、嬢からはお金を持っているお客様の情報を教えてもらえ、店長・スタッフからはフリーのお客様をまわしてもらえるようになり、お客様には常連になってもらうことができますよ。

まとめ

風俗店であろうと基本的に「飛ぶ」ことは許されません。

急にどうしても、お店に出勤することが難しくなった場合は電話1本、メール1通でもするようにしましょう。
飛んでしまって出戻りすることは「お店次第・嬢次第」です。
出戻りする前の嬢の素行はお店側が嬢の出戻りを許すかどうかの貴重な判断材料になります。
出戻りする前の嬢の素行が悪ければ、お店側は他の嬢への悪影響や示しがつかないことを考え、出戻りを許さない場合が多いでしょう。

逆に、出戻り前の嬢の素行が良ければ、お店側も「この嬢なら、今度はまじめに精一杯、働いてくれる」と考え出戻りを許します。
いつ、何時、どのようなことがあるかわからず、飛ぶ予定がなくてもいきなり飛ぶことになり、出戻りすることがあったときのために、お客様だけではなく店長やスタッフの前でも愛想良く接しておくことをオススメします。
出戻りしたときに、以前飛んでしまった理由を聞かれることがありますが、真実をそのまま伝えるのではなくお店側からの印象が良いように「伝え方」をよく考えましょう。
伝え方1つで出戻りできるかどうかが変わってしまうこともあります。

出戻りへのメリットだけではなく、デメリットもしっかりと考え、出戻りするかどうかを考えてみてください。