デリヘルで働いている時に生理がきたら休みもらえる?

2023年12月14日

MAKY_OREL / Pixabay

デリヘル嬢は生理の時、大事を取って休むことが一般的です。
しかし、OLのように生理休暇が認められているわけではありませんので、休んでいる間は給料は発生せず、稼げません。

生理だけれど、どうしても働きたい、そんな時にオススメなのが海綿です。
海綿を使用することで、たとえ生理中であったとしても出勤し、デリヘル嬢として働けます。

デリヘルと生理休暇

風俗といえば女性ならではのお仕事です。

たとえ職歴や資格のない女性であっても、デリヘル嬢になってお店に出勤し、一生懸命に働くことで大金を稼ぐことも可能でしょう。
しかし、デリヘル嬢も女性である以上、時に生理に悩まされることもあります。
生理中の女性は精神が不安定になりやすく、そして身体も不調気味になります。
しかし、それ以上に風俗嬢を悩ます問題があります。

それは出血です。
生理中の風俗嬢は膣内より血が出てしまいます。
それだけに、生理中にサービスを提供すると、お客さんに血を見せてしまうことになり、下手すればクレームに発展することでしょう。
メガホン一部の特殊な性癖の男性を除き、女性の血を見て良い気分になれる人はいません。

それどころか、不快な気分になる人もいるでしょう。
このように、生理中の風俗嬢は体調不良であることに加え、サービスを提供するには不向きな状態です。
それだけに、風俗嬢がお店に生理を理由に仕事を休ませて欲しいとお願いすると、案外簡単に生理休暇を取らせてくれます。
付け加えるなら、労働基準法第68条に生理中の女性が休日を申請した場合、お店は休ませないといけないといった旨が規定されています。

生理休暇は女性ならではの権利なので、たとえ相手がデリヘル店であっても、申請すれば休みは貰えます。
ただ、すべてのデリヘル店が生理中の女性に優しく接してくれるわけではありません。
そのため、生理中の休暇の扱いはどうなっているのかについては、面接中にしっかり質問して確認しましょう。
たとえ生理中でも働く予定だったとしても、せめて面接ではシャワーの有無ぐらいは確認しておいた方が良いでしょう。

というのも、生理中の女性は免疫機能が低下してしまうため、たとえ出血の量を抑えられたとしても、シャワーを浴びずにサービスを提供すると、性病に感染する恐れがあります。
それだけに、生理中でも働きたいという女性は、十全に対策を施す必要があります。

生理中に働く方法

生理中の風俗嬢は休むことが多いです。

体調不良に加え、出血の問題がある限り、満足なサービスは提供できないでしょう。
ただし、特に体調に問題がない女性であれば、やり方次第では生理中であっても出勤できます。
生理中だけれど身体は元気だという女性の場合、出血対策として海綿を使ってみましょう。
天然由来のコラーゲンで出来た海綿スポンジは身体に優しい素材のため、たとえ膣内に入れたとしても無害で安全な代物です。

この海綿スポンジを膣内に入れておくと、膣から出た血を海綿スポンジが吸収し、漏れを防いでくれます。
デリヘル店によっては生理中の女性のためにわざわざ海綿スポンジを用意してくれるケースもあります。
もしも無かったとしても、薬局で購入することができるでしょう。
海綿スポンジを使用することで、生理中の出血の問題をカバーすることが可能です。

ただし、海綿スポンジは身体の体調不良を改善する類のモノではありません。
生理中の体調不良が酷く、サービスを提供するには不向きな状態であれば、やはり休みを取った方が良いでしょう。

海綿の使い方

海綿たとえ生理中であったとしても出血を気にせずに働ける海綿スポンジですが、一体どのように使えば良いのでしょう。

海綿スポンジを使用するにあたり、まずは自分の膣のサイズに合わせてハサミで切ってしまいましょう。
だいたいピンポン玉程度の大きさにしておけば、無理なく海綿スポンジを膣内に入れることが可能です。
ただし、膣に比べて海綿が小さすぎると、出血を吸収しきれずに漏れる恐れがあります。
そのため、少し大きめにすると良いかもしれません。

海綿スポンジを挟みで小さくしたら、次に水に濡らし、よく洗浄してください。
特にハサミを使用した後は雑菌が付着している恐れがありますので、洗って清潔にしましょう。
水で洗ってよく絞ったら、いよいよ膣内に入れる段階です。
この時、なかなか入らないというのであれば、ローションを使用してみましょう。

海綿スポンジが膣内に挿入されたら、作業は終了です。
海綿スポンジが血を吸い取ってくれるので、生理中であっても血を気にせずに働けます。

海綿スポンジの使用上注意点

海綿スポンジを膣内に入れることで、風俗嬢はたとえ生理中であっても出勤し、給料を稼ぐことができます。

ただし、使用する際には注意すべきことがあります。
まず、海綿スポンジを使用すると、時々サービス終了後に取れなくなることがあります。
たとえ取れなくなったとしても、慌てず、無理やり取らないようにしましょう。
無理に指を入れて取ろうとすると、爪で膣内を引っ掻き、怪我をする恐れがあります。

そのため、海綿スポンジが取れなくなったら、一度シャワーをアソコにあて、海綿スポンジを濡らしてみましょう。
海綿スポンジを濡らすことで、水分を吸収させると、海綿スポンジが取りやすくなります。
この方法でもダメな場合、産婦人科に相談しましょう。
病院に行けば適切な方法で海綿スポンジを取ってくれるので安心です。

サービス後に取れなくなるといった注意点に加えてもう一点、使用上の注意点があります。
それは海綿スポンジの再使用です。
海綿スポンジは接客する毎に、新しい海綿スポンジを使用しましょう。
サービスが終了したらすぐに取り外し、別の海綿スポンジを用意してください。

というのも、使用済みの海綿スポンジは出血以外にも、様々な雑菌を付着しているものです。
連続して使用し続けると雑菌が繁殖し、性病を引き起こす可能性があります。
海綿スポンジの長時間の使用は避け、サービスごとに新品に入れ替えることで、体調を労わりながらデリヘル嬢として働けます。

お客さんへの対応

海綿スポンジは膣内に入っているため、お客さんにサービスを提供している最中にバレることはまずありません。
デリヘルは基本的に本番は禁じられているので、海綿スポンジを使っていることはお客さんにバレないでしょう。
海綿スポンジは特に臭いのするものではありませんので、嗅覚が敏感な男性であっても気づき難いです。
ただし、指入れなどのプレイをすると流石にバレてしまうこともあります。

そういった時は、正直に今日は生理中なので、海綿スポンジを入れていると告げましょう。
下手に嘘をついても良いことはありません。
きちんと謝罪すれば、わりと許してもらえるものです。
ただ、わざわざ教えてあげる必要もありませんので、サービスをする際には事前に店長やスタッフに申告し、指入れなどのプレイはNGにしてもらいましょう。

ソフトサービス系の風俗店

風俗店といってもデリヘルが全てというわけではありません。
中には接客中は脱がず、舐められず、触りもしないといったソフトサービス系の風俗店もあります。
生理休暇中、どうしてもデリヘルの仕事ができないという女性であっても、ソフトサービス系の仕事であれば無理せず出勤し、給料を稼ぐことが可能です。

特にオナクラの風俗店にいたっては、お客さんに見られるだけが仕事となります。
そのため、体調不良中の女性であっても難なく働くことが出来るでしょう。
海綿スポンジを使用せずとも、オナクラやエステのようなソフトサービス系の風俗店に出勤することで、生理中の女性でマッサージも継続して稼ぐことが可能です。
生理中で身体がツライといっても、必ずしも働けないわけではありません。

様々な手を講じることで風俗店に出勤することが出来ます。
ただ、特にお金を稼ぐ必要に迫られていないのであれば、無理してデリヘル嬢として出勤することもないです。
風俗店側も生理中の女性には休みを取らせてくれるでしょうから、体調が思わしくないのであれば、しっかり休んで養生した方が良いでしょう。